志村けんさんのお墓参り、梅岩寺、小平霊園、墓、お墓、戒名、東村山市、共同墓地、志村けんの墓、青山霊園、小林麻央

芸能界にとどまらず多くの功績を残し、

 

日本だけでなく

 

世界中の人に影響を与えた

 

志村けんさんが亡くなったのは

 

2020年3月29日のことでした。

Advertisements

 

 

多くの人に愛された

 

志村けんさんのお墓はどこにあるのか、

 

お墓参りをすることは可能なのか、

 

紹介していきます。

 

 

志村けんさん、

 

本名志村康徳(やすのり)さんは、

 

新型コロナウィルスが世界中に蔓延し、

 

日本でも大きく猛威を振るい始めた

 

2020年3月にコロナウィルス感染症に伴う肺炎のため、

 

多くの方に惜しまれつつ亡くなりました。

 

毎日流れるコロナウィルス関連のニュースを見て、

 

志村けんさんが亡くなったニュースを見た時は

 

かなり大きな衝撃を受けた方々も多いはずであります。

 

 

そんな志村けんさんのお墓の場所について、

 

当時様々な情報がツイッターやサイト等で流れていました。

 

志村けんさんのお墓の場所が分かっていますので、

 

Advertisements

志村けんの墓を紹介していきます。

 

 

 

東京都東村山市にある梅岩寺近くの小平霊園

 

 

 

志村けんさんのお墓があるのは東京都東村山市にある、

 

曹洞宗芳林山梅岩寺というお寺です。

 

梅岩寺という

 

 

名前のお寺は全国に数か所あり、

 

 

東京でも

 

青梅市と、

 

東村山市にあります。

 

志村けんさんが眠るお墓は

 

東村山市にある

 

梅岩寺近くの小平霊園という共同墓地です。

 

 

梅岩寺から車で15分ほどの距離です。

 

 

電車でのアクセスは、

 

西武新宿線小平駅から

 

青梅通りに沿って徒歩5分です。

 

 

小平霊園はとても広く、

 

多くのお墓が並んでいます。

 

 

 

この中から

 

 

志村けんさんのお墓を見つけるのは

 

難しいかもしれません。

 

 

墓石にはそれぞれ

 

「○○家の墓」

 

と書かれていますよね。

 

 

 

それを目印に探してみてください。

 

ただ、志村家の墓は

 

小平霊園内に複数あります。

 

 

この辺りには多い苗字なのですね。

 

そこで、志村けんさんの戒名である

 

「瑞心院喜山健徳居士」と、

 

 

その下に彫られている本名

 

「志村 康徳」

 

 

を目印にして探してみてください。

 

戒名と生前の名前は

 

墓石の側面に彫られています。

 

 

 

志村けんさんのお墓参りをするには

 

 

志村けんさんのお墓は

 

Advertisements

東京都東村山市にある小平霊園内にあります。

 

ここは公営の墓地ですので、

 

一般の方でもお墓参りすることが可能です。

 

 

ただし、必要以上に

 

霊園内を歩き回ったり、

 

お参りに来ている方に

 

 

「志村けんのお墓どこ?」

 

などと声をかけたりと

 

 

不快にさせるようなことのないよう、

 

マナーには気を付けてくださいね。

 

また、訪れる機会があれば

 

志村けんの木を見に行ってみましょう。

 

東村山駅東口駅前にある3本のケヤキです。

 

 

これは東村山市の名前を広めた

 

 

Advertisements

志村けんさんへ

 

市から感謝状を贈った際に、

 

記念に市が植樹したものだそうです。

 

 

看板には

 

志村けんさん直筆のサインと

 

「志村けんの木」

 

の名前が書かれています。

 

 

またその近くに

 

志村けんの銅像も建てられています。

 

 

 

この銅像は志村けんさんの死後に、

 

 

東村山市などが中心となって

 

多くの方からの支援を受けて

 

建てたものです。

 

 

 

ここを訪れれば

 

いつでも代表的なギャグである

 

 

「アイーン」

 

のポーズをした

 

志村けんに会えます。

 

 

 

このプロジェクトには

 

日本国内外から

 

多くの援助資金が集まりました。

 

 

志村けんさんは亡くなった後に

 

 

お兄さんの意向もあり

 

 

東村山市の名誉市民となりましたが、

 

 

生前ご本人は名誉市民となることは

 

断り続けていました。

 

 

東村山市に住んでいるわけではないから、

 

という理由でした。

 

 

 

志村けんさんの火葬についての事情

 

 

志村けんさんは日本を代表するコメディアンであり、

 

日本国内外の多くの方から愛されていました。

 

Advertisements

本来であれば多くの関係者や芸能人、

 

一般の参列者が葬儀に訪れ、

 

盛大な告別式を執り行われたはずです。

 

 

にもかかわらず、

 

ご遺族や親しい方が

 

最期の時を見送ることさえも出来ずに、

 

死後24時間以内に火葬されました。

 

 

これは感染症にかかった人の死後の措置について

 

定められた法律のためで、

 

 

感染症予防の観点によるもの対応でした。

 

 

火葬後に遺族が遺骨を拾うことも出来ませんでした。

 

 

 

実兄の知之さんは、

 

弟けんさん(本名康徳さん)の死に際して、

 

 

最後に顔をみることもできない、

 

骨を拾ってもやれない、

 

本来なら盛大に送ってあげたのに悔しい、

 

と話されていました。

 

 

 

 

志村けんさんが所属していた事務所は、

 

コロナ渦が終息した際には

 

改めてお別れ会をする、

 

と発表しています。

 

早くその日が来ることを願うばかりですね。

 

 

芸能人のお墓巡り

 

 

志村けんさんのお墓について紹介してきましたが、

 

同じように

 

公営の墓地に眠る

 

芸能人のお墓は

 

誰でもお参りに行くことが出来ます。

 

 

私の知人でも

 

色々な芸能人や著名人の

 

お墓巡りをしている人がいます。

 

 

最近はそういう人のことを

 

墓マイラーと言うらしいですね。

 

 

 

 

 

小平霊園(東京)

 

 

著名な作家、詩人の方が眠っています。

 

 

有吉佐和子(作家)、

 

伊藤整(文学者)、

 

小川未明(作家)、

 

壺井栄(作家) 、

 

壺井繁治(詩人)、

 

野口雨情(詩人)、

 

松島詩子(歌手)、

 

宮本百合子(作家)、

 

柳宗悦(作家)

 

 

 

 

青山霊園

 

 

政治家など、歴史に名が残る方が

 

多数眠っています。

 

 

池田勇人(政治家)、

 

市川団十郎(歌舞伎役者)、

 

犬養毅(政治家)、

 

大久保利通(政治家)、

 

尾崎紅葉(小説家)、

 

北里柴三郎(医学博士)、

 

国木田独歩(作家)、

 

後藤新平(政治家)、

 

小林麻央(タレント)、

 

西郷糸子(隆盛の妻)、

 

西郷寅太郎(隆盛の子)、

 

斎藤茂吉(歌人)、

 

相楽総三(幕末志士)、

 

志賀 直哉(小説家)、

 

星新一(作家)、

 

宮脇俊三(作家)、

 

 

 

 

 

谷中霊園

 

 

徳川御三卿の歴代の当主をはじめ、

 

 

横綱力士や政治家から芸能人まで、

 

日本の歴史に残る

 

 

多くの人物が眠る霊園です。

 

 

 

 

徳川慶喜(15代徳川将軍)、

 

清水家歴代当主(徳川御三卿)、

 

一橋家歴代当主(徳川御三卿)、

 

田安家歴代当主(徳川御三卿)、

 

天津乙女(宝塚歌劇団員)、

 

柏戸剛(横綱)、

 

出羽海秀光(横綱)、

 

栃木山守也(横綱)、

 

長谷川一夫(俳優)、

 

鳩山一郎(政治家)、

 

森繁久彌(俳優)、

 

横山大観(日本画家)、

 

 

 

 

 

多摩霊園

 

 

 

旧日本軍人や多くの作家、

 

小説家、

 

俳優や女優、

 

歌手

 

が眠る霊園です。

 

 

上原謙(俳優)、

 

江戸川乱歩(小説家)、

 

岡本太郎(芸術家)、

 

岸田今日子(女優)、

 

北原白秋(詩人)、

 

田中好子(女優・歌手)、

 

丹波哲郎(俳優)、

 

三島由紀夫(小説家)、

 

与謝野晶子(歌人)、

 

長谷川町子(漫画家)、

 

夏目雅子(歌手)、

 

東郷平八郎(軍人)、

 

山本五十六(軍人)、

 

吉川英治(小説家)

 

 

 

東京にあるこの三つの霊園は有名で、

 

ここに挙げた方以外にも

 

 

多くの著名人が眠っています。

 

 

 

志村けんさんのお墓参り

 

 

 

とても多くの方に愛され、

 

Advertisements

多くの功績を残した

 

志村けんさんのお墓について紹介してきました。

 

お兄さんの知之さんも

 

会見で涙ながらに言われていましたが、

 

平時であれば志村けんさんは

 

大変多くの方が見守る中で

 

盛大に見送られたはずです。

 

 

今は志村けんさんゆかりの地にある

 

東京東村山市にある小平霊園にお参りしたり、

 

 

東村山駅ロータリーにある志村けんの木、

 

 

志村けんの銅像を訪れたりして

 

故人を偲ぶことしかできませんが、

 

志村さんの事務所も発表していたように、

 

コロナ渦が一刻も早く終息し

 

志村けんさんとのお別れ会が

 

実施される日を待ち望んでいます。

 

テキストのコピーはできません。