神道における結婚式

スポンサードリンク






 

結婚とは男女が夫婦になることであり、

 

結婚式は結婚を確認するための儀式ともいえます。

 

 

しかし、最近では同性婚というものが現れ、

 

 

定義が難しくなってきました。

 

 

英語では、wedding(ウエディング)と訳され、

 

 

ウエディングドレスなど英語表記のものがよくありますので、

 

広く知れ渡っています。

 

結婚式の習慣は古くから世界各地に見られ、

 

その様式は地域や民族によって様々です。

 

これから日本固有の古来の宗教である

 

神道における結婚式を紹介していきます。

 

 

 

スポンサードリンク






日本における結婚式の歴史は、神話の時代から。神道の影響も。

 

 

 

日本における結婚式は、神道の影響を大きく受けています。

 

日本の神話にある

 

国生み・神生みの神である

 

伊邪那岐命(いなざぎのみこと)と

 

Advertisements

伊邪那美命(いざなみのみこと)が出会い、

 

 

結ばれたのが

 

日本における結婚式の起源ともいわれています。

 

 

 

 

 

現在の神道の結婚式である神前結婚式は、

 

 

Advertisements

明治33年に執り行われた

 

当時皇太子であった後の大正天皇の御婚儀に

 

きな影響を受け

 

全国各地に普及することになりました。

 

 

 

それまでの庶民の結婚式は、

 

 

家の床の間に伊邪那岐命と伊邪那美命の御神命の掛軸や

 

自ら信仰する御神命の掛軸を飾り、

 

 

その前に御饌御酒をお供えし、

 

この御酒を三三九度により戴くというものでした。

 

 

 

 

神道の結婚式である神前結婚式の結婚式場。神社に限らず。

 

 

 

神道の結婚式である神前結婚式の結婚式場は

 

神社や社殿に限らず、

 

 

Advertisements

ホテルや結婚式場においても

 

 

神社の出張先として

 

 

別室を設けて行われることも多くなりました。

 

 

 

 

 

また、神前結婚式は神道に関わる結婚式ですが、

 

 

信仰に関係なく行う人達もいます。

 

 

他の結婚式のタイプとしては、

 

 

仏に結婚を誓う

 

仏前結婚式やキリスト教式の結婚式があります。

 

 

 

 

神道の結婚式である神前結婚式の流れ

 

 

 

現在の神前結婚式は、大正天皇の御婚儀を基として、

 

それを改良して執り行われています。

 

 

結婚式の流れを順を追って示すと次の通りです。

 

 

 

  1. 修祓の儀(しゅうふつのぎ。斎主である神官が穢れを祓います。)
  2. 祝詞奏上(のりとそうじょう。斎主が神前で二人の結婚をその神社に鎮座する神と氏神、先祖神に報告する祝詞を奏上して神の加護を願います。)
  3. 三献の儀(誓杯の儀ともいいます。三三九度の杯を交わします。)
  4. 誓詞奏上(新郎新婦が神前で誓いの言葉を読み上げます。) 
  5. 巫女の舞(巫女が神楽舞を奉納します。)
  6. 玉串奉奠(新郎新婦が玉串を神前に捧げます。)
  7. 玉串奉奠(媒酌人、親族代表が玉串を神前に捧げます。)
  8. 親族杯の儀(両家が親族となった誓いを交わすため、両家の親族、新郎新婦、媒酌人が杯を戴きます。)
  9. 斎主が式を無事に執り納めたと神に報告します。
  10. 斎主の祝辞
  11. 披露宴

 

 

神道の結婚式である神前結婚式出席者のマナー

 

 

 

神道の結婚式である神前結婚式に出席する人には

 

 

守らなければならないマナーがあります。

 

 

喪中のときには出席を控えましょう。

 

 

結婚式などのお祝いの席への出席は控えた方が良いでしょう。

 

 

 

披露宴でも守らなければならないマナーがあります。

 

次に列挙します。

 

 

 

〇 会場には遅くとも15分前には到着すること

 

〇 会場に入場するときの

 

  • 受付では名を名乗り、お祝いの挨拶をする
  • 席次表で自分の席を確認する
  • 会場の入口で出迎える新郎新婦、媒酌人、両親への挨拶は手短にする

 

 

 

〇 遅刻をしない

 

 

 

やむを得ず遅刻したときの

 

 

  • 会場係に席を案内してもらうか、教えてもらう
  • 会場に入るときは、場内の雰囲気を乱さないように静かに席に着く
  • 隣席の人には、失礼しましたという心持で会釈をして席に着く

 

 

 

 

〇 祝辞は3分以内で行い、相手を傷つけるような話や嫌味な話は避ける

 

〇 祝辞を指名されたら、同席の人達に軽く会釈をしてから立ち上がる

 

〇 挨拶や祝辞、ウエディングケーキの入刀やお色直しの際には惜しみなく拍手をする

 

〇 退場する際に見送る新郎新婦、媒酌人、両親への挨拶は手短にする

 

 

 

 

まとめ

 

 

結婚式は葬儀の場合とは逆に、

 

 

神道による神前結婚式の方が

 

仏教での仏前結婚式よりも多く見受けられます。

 

 

これは、神道=「生産」、仏教=「死」という

 

宗教観によるものかどうか分かりませんが、

 

神道・仏教どちらにしても結婚式は喜びの儀式です。

 

二人の幸せを祈るばかりです。

 

 

テキストのコピーはできません。