生理中で尿検査に引っかからない方法、知恵袋、高校生、健康診断、当日生理がきてしまった

Advertisements
 





予定されていた健康診断の前日に生理がきちゃった、

なんてことになったら困りますよね。

 

引っかかると再検査にもなりかねません。

 

大丈夫だと思っていても

 

検診の当日に生理になったら生理中

 

何とか引っかからない方法で尿検査をクリアしたい、

 

 

と考えてしまいます。

 

知恵袋にも

 

「生理の時に尿検査って受けていいの?」

 

「タンポンを使用すれば問題ない?」

 

 

などのたくさんの相談が寄せられています。

 

 

 

では実際には生理中でも

 

引っかからない方法というのはあるのでしょか。

 

 

当日生理がきてしまった。

 

結論から言うと

 

無いというのが答えでしょう。

 

 

 

 

生理中の場合には

 

 

正しい判断が出来なくなります。

 

 

 

生理がきてしまったら医療機関へ伝え、

 

 

改めて再提出するのがいいでしょう。

 

 

 

Advertisements
 





尿検査の取り方。目的と隠れた病気

 

 

 

<検査の目的と取り方>

 

 

 

尿に含まれる糖やたんぱく質などの

 

成分を調べ、

 

腎臓、

 

尿管、

 

膀胱

 

などの

 

病気の兆候がないか

 

 

確認することが目的になります。

 

 

 

 

 

検査には

 

試験紙法と沈渣法があり、

 

 

試験紙法は尿中の成分を

 

色で見ます。

 

 

 

 

生理中では血液の色により

 

 

正しい色の変化を

 

 

確認することが出来ない場合があります。

 

 

 

 

 

一方、尿中の細胞を

 

顕微鏡で見る沈渣法では生理中、

 

赤血球などの細胞が増加するので

 

 

 

 

尿中のものか

 

生理中のものかの判断ができません。

 

 

 

 

膣の分泌物などや

 

 

おりものの出やすい女性の場合、

 

 

尿検査でおりものの成分が

 

検出されてしまうことがあるため、

 

 

出始めのすぐではなく、

 

 

中間尿を採取するようにしましょう。

 

 

 

引っかからない方法では

 

また生理中以外にも生理前、

 

 

生理後の3日間も避けた方がいいです。

 

 

 

尿検査と潜血

 

 

 

 

生理のわずかな血液が混ざっただけで

 

 

尿潜血反応や

 

尿の蛋白値に影響が出て

 

陽性になり、

 

 

異常判定になります。

 

 

 

 

血が混じるのは

 

腎臓や膀胱、

 

尿道の病気のサイン。

 

 

 

 

それが正しいと

 

判断が出来なくなるわけです。

 

 

 

 

もし尿検査で

 

 

蛋白や潜血などが

 

確認されれば

 

 

腎臓や泌尿科系の

 

 

病気が疑われることになります。

 

 

 

膀胱炎など尿糖が高い

 

 

 

<隠れた病気>

 

 

 

◎腎臓病

 

 

老廃物の排出や体内の水分量、

 

血圧のコントロールをする

 

腎臓機能が低下すると

 

貧血や疲労感が表れやすくなります。

 

 

 

◎膀胱炎

 

腎臓から絶えず流れてくる

 

尿をためる

 

役割の膀胱が

 

炎症を起こしてしまうと

 

強い痛みが出ることもあり、

 

 

腎臓にもダメージを

 

及ぼすことがあります。

 

 

 

 

 

◎結石

 

 

尿路や腎臓に結石ができると

 

 

痛みが出ることがあります。

 

 

小さい結石なら

 

尿と一緒に

 

自然排石することもありますが、

 

大きくなると尿管を塞いだり、

 

 

腎臓機能の障害を起こすこともあります。

 

 

 

他にも尿糖の値が高いと

 

糖尿病の可能性、

 

 

ホルモンバランスの乱れによる

 

 

病気やストレスなどの

 

精神的な病気の一部なども

 

 

尿の成分から

 

確認することができるのです。

 

 

 

 

またビタミンCが含まれる

 

サプリメント、

 

風邪薬、

 

ドリンク剤などは

 

検査にも

 

影響が出る可能性がります。

 

 

前日の摂取は控えた方が良いでしょう。

 

 

 

 

結果に影響が。生理中はダメ

 

 

 

 

<生理中はダメ・生理中にできない検査>

 

 

 

◎大腸がん検診

 

 

 

大腸からの出血か判断できない

 

可能性があるため

 

受診できない場合があります。

 

 

 

 

 

◎婦人科検診

 

 

子宮がん検診、

 

マンモグラフィ検査、

 

などは

 

正確な結果が

 

得られない可能性があります。

 

 

 

 

 

◎人間ドック

 

 

 

医療機関によって検尿、

 

検便検査以外の項目で

 

可能な場合がありますが、

 

予約変更をお勧めします。

 

 

 

 

 

<自宅で検診>

 

 

 

新しい検診のカタチとして、

 

空いた時間に

 

自宅でも受けられるようになった

 

 

郵送検診というものができました。

 

 

 

検査キットを購入して

 

 

自宅に届いたら、

 

 

少しの尿と数滴の血液を採取、

 

 

 

そして返信用封筒で

 

郵送するだけで終了です。

 

 

 

 

検査結果は

 

 

2、3週間で

 

自宅に届くという便利さなのです。

 

 

 

生活習慣病やがんの種類を

 

自分で確認することができるので、

 

 

仕事が忙しい人や

 

 

自分の病気のリスクを

 

手軽に知りたい方には

 

おすすめします。

 

 

ただ、リスクを確認するものなので

 

診断を行いません。

 

 

 

医療機関での

 

診断やがん検診の代替えとは

 

ならないのでご注意ください。

 

 

 

検査結果を持って

 

医療機関へ受診することも

 

必要になる可能性があります。

 

 

 

 

対処法と検尿の再提出

 

 

 

<対処法>

 

 

 

生理中の場合、

 

尿検査以外の項目は問題なく

 

受けることが出来ます。

 

 

 

しかし医療機関によっては

 

 

全てが後日検査となることもあり、

 

 

生理の終わりかけの場合には

 

 

全ての検査を後日へ

 

変更するのを

 

勧める医療機関もあります。

 

 

 

 

 

生理中であることを伝え、

 

尿検査以外の項目を済ませるか、

 

 

全ての項目を再検査にするのかは

 

医療機関と相談して決めればよいでしょう。

 

 

 

中学生や高校生の場合には

 

 

担任の先生が男性だったり、

 

男子の目が

 

気になるということもあるでしょう。

 

尿提出には

 

振替日が設けられていることもあるので、

 

 

 

生理中の場合や

 

当日に生理になってしまった場合には

 

恥ずかしがらず

 

 

学校へ相談してみましょう。

 

 

 

 

 

<検尿の再提出>

 

 

生理後は何日が経過していればいいのか

 

気になるところです。

 

生理終了後、

 

 

4日以降の採尿であれば

 

影響もなく

 

正しい判断ができるようになります。

 

 

 

 

自覚症状が出ない病気も

 

潜んでいることがあります。

 

正しい検査結果が出るように

 

 

生理中を避け、

 

 

 

健康診断で健診を受けるようにしていきましょう。

 

テキストのコピーはできません。