生理きそうでこない、下腹部痛、知恵袋、こさせる、茶色、妊娠、体験談、ブログ、更年期、高校生、生理きそうで来ない、こさせるツボ、40代、陰性、ルトラール、生理来そうで来ない、生理が来そうで来ない、生理がきそうでこない時、ツボ、妊娠体験談、妊娠以外、ルトラール服用後、妊娠した、おりもの、着床痛、今にも生理がきそう、兆候、妊娠してた、生理がきそう、陰嚢湿疹、オロナイン、増える、腹痛

Advertisements
 





生理の問題は、女性であるなら誰でも経験するものです。

悩みの種類もそれぞれ違いますが、

 

その生理の悩みの中でも、

 

「今にも生理がきそう」

「生理がきそうでこない」

 

というものがあります。

 

ネットの知恵袋にも沢山の高校生が、

 

「生理が来そうで来ない時がある」

 

 

という事で、

 

様々な悩みを相談しています。

 

生理きそうで来ない。

 

生理が来ない=妊娠してた

 

という訳ではありません、

 

 

妊娠以外の原因もあります。

 

生理に関しての悩みは、

 

 

高校生から更年期に入る

 

40代、50代まで

 

続くものなのかもしれません。

 

 

ですが、

 

生理来そうで来ない。

 

生理が来ても良い頃なのに

 

一週間以上来ない・・、

 

今にも始まりそうな兆候があるのに来ない・・、

 

これってかなり不安になってしまいますよね。

 

生理が来そうで来ない。

 

この「生理が来そうで来ない」の原因って、

 

どんな事が考えられるのでしょうか。

 

その対処法はどうしたらいいのか、考えてみましょう。

 

 

Advertisements
 





きそうでこない、疲れやストレスが原因?

 

いつもならとっくに来ている生理がきそうでこない、

 

なかなか来ないと心配になりますね。

 

妊娠以外の原因では、

 

疲れやストレスが影響して、

 

 

生理が遅れるということがあります。

 

生理が少しずつ始まっているため、

 

茶色いおりものが出たり、

 

 

下腹部痛や腰痛・腹痛もあったりします。

 

少しでもストレスを軽減させて体を休め、

 

数日様子を見てもいいかもしれません。

 

ストレスが抜けて

 

体もリラックスしてくれば、

 

自然と生理が始まります。

 

ですが、

 

体を休めても

 

ずーっと生理が来ないなら、

 

 

病院へ行って診てもらった方がいいでしょう。

 

 

 

生理がきそうでこない、ひょっとして妊娠初期症状かも

 

生理がきそうでこないときは、

 

妊娠初期の症状と

 

生理前の症状はよく似ているため、

 

混同してしまうことがあります。

 

生理前にはよく下腹部痛がありますが、

 

妊娠初期にも

 

着床痛、

 

下腹部痛が起きることがあります。

 

これは子宮が少しずつ大きくなって行く過程で、

 

生理痛に似た痛みが起こるからなのです。

 

また、妊娠すると着床出血することがあり、

 

 

少量の血液がおりものに混ざるので、

 

茶色っぽいおりものになる事があります。

 

 

前述したように

 

生理前にもそのような色のおりものが出ることもあるので、

似ています。

 

また、生理の前には胸が張って痛くなりますが、

 

似たような痛みが

 

妊娠初期にも起きます。

 

精神的にも生理前は

 

イライラすることがありますが、

 

妊娠初期にもイライラしたり、

 

情緒不安定になることもありますので、

 

似ています。

 

生理がきそうでこない時、

 

これはただの生理前の症状なのか妊娠初期の症状なのか、

 

自分では決めかねるようなら

 

病院で診てもらった方がいいでしょう。

 

 

 

 

妊娠検査薬では陰性だったのに

 

 

いつもなら生理が来る時期なのに、

 

もう1週間以上来ない・・、

 

生理がきそうでこない。

 

検査薬で調べたら陰性だった、

 

ということがあります。

 

 

ならもう少し待てば生理が来るかもと思っていたのに、

 

その後もずっと来ないということなら、

 

病院で検査をする必要があります。

 

 

 

 

ストレス等で

 

ホルモンバランスが

 

崩れているだけなのかもしれませんが、

 

病気が潜んでいる事もあります。

 

また検査の結果

 

「もうすぐ生理が来そうな状態になっているから、

 

このまま経過観察しましょう」、

 

という場合もあります。

 

 

 

 

ですが年齢的にそれ程若くない場合は、

 

ホルモンを投与して、

 

生理をこさせる方法もあります。

 

また生理をこさせるツボを押すのもいいでしょう。

 

 

 

 

ピルで生理不順を治せる?

 

 

避妊のために使用すると思われている低用量ピルですが、

 

月経前症候群、

 

月経困難症や

 

子宮内膜症の

 

治療薬としても知られています。

 

 

 

 

誤解する人もいるようですが、

 

低用量ピルを服用しても

 

生理が止まるわけではありません。

 

 

排卵を抑制することにより、

 

子宮内膜が増殖しないので、

 

生理時の出血量を減らしたり、

 

生理痛の軽減、

 

生理がきそうでこない、生理不順、

 

子宮内膜症にも効果があります。

 

 

 

 

低用量ピルの中でも月経困難症等、

 

病気の治療に使われるものは

 

LEP製剤というもので、

 

これには保険が適用になるので

 

経済的にも安心です。

 

 

 

 

 

生理がきそうでこない、「ルトラール」で生理不順を治せる?

 

 

 

ルトラールというのは、生理がきそうでこない、

 

生理不順や不妊治療で処方されるお薬です。

 

ルトラールは合成黄体ホルモン剤の1つですが、

 

何かの原因で

 

黄体ホルモンが不足している場合に服用します。

 

黄体ホルモンを補充することにより

 

子宮内膜の厚さが維持されるので、

 

服用中は生理が来ませんが、

 

飲み切った後に数日すると生理が来ます。

 

 

 

 

これを続けていくうちに生理のサイクルが整い、

 

生理不順が改善されますし、

 

妊娠を望んでいる人は妊娠しやすい体になります。

 

ですが個人差もありルトラールを飲み切っても、

 

なかなか生理が来ないということがあります。

 

それはルトラールによって

 

生理のサイクルを整えているからなのです。

 

でもやはり心配だったら、

 

病院に連絡して聞いてみる方がいいかもしれません。

 

 

ルトラール服用後に妊娠したいう声も知恵袋にありますが

 

100%防げるわけではありません。

 

 

出産後、中々、生理がきそうでこないのはどうして?

 

 

出産後にすぐ生理がこない、

 

生理がきそうでこないのは、

 

母乳を作るホルモン

 

「プロラクチン」が

 

活発に分泌されるからです。

 

 

このプロラクチンには

 

排卵を抑制する作用があるので、

 

授乳期には生理が起こりにくくなるのです。

 

ですが個人差がかなりあり、

 

産後1ヶ月で生理が来る人もいれば、

 

1年後くらいに来る人もいます。

 

 

 

 

1年以上経っても生理が来ない場合は、

 

病院で診てもらう必要があるかもしれません。

 

 

なお、陰嚢湿疹にオロナインの使用はできません。

 

 

 

 

生理不順、40代なら、これ更年期?

 

 

一般的には40代になると、

 

ホルモンの関係で更年期に入ります。

 

 

ですが更年期と言っても

 

症状や程度に個人差があります。

 

生理がきそうでこないで悩む。

 

悩んでいる女性は多いようです。

 

 

妊娠体験談、ブログ等で更年期の体験談を読んだりすると、

 

自分だけではなかったのだと、

 

安心する人もいるかもしれません。

 

人それぞれ更年期の症状は色々なのですが、

 

殆どの更年期の人が感じるのが生理不順でしょう。

 

生理の周期が短くなったり長くなったり、

 

日数が減る、

 

逆に増える、

 

出血も減ったりする人もいれば

 

多くなったりする人もいます。

 

 

 

 

また、

 

発汗、のぼせ、不安感、動悸、めまい等も

 

よく見られる症状です。

 

更年期は女性ホルモンが不足してくることが原因ですから、

 

症状の軽減に大豆から作られる

 

豆乳を飲む事がすすめられています。

 

大豆には女性ホルモンに似た、

 

大豆イソフラボンが含まれているので、

 

症状の軽減に役立つと言われています。

 

 

 

更年期が大変な人は

 

豆乳を飲むと良いかもしれませんね。

 

テキストのコピーはできません。