三人目はいらなかった?障害児、後悔、40歳で3人目、高齢出産、確率、産まずに後悔、諦めた、出産、産まなきゃよかった、ダウン症、2人目、子供を産んで、高齢出産しなきゃよかった、産んで後悔、40歳で二人目、 子供三人、子供、障害、お金、中絶、後悔していない、後悔した人、3人目、多い、中絶してよかった、怖い、三人目妊娠、産まない、知恵袋、経済的、三人目が欲しい、高齢、42歳、子供を産んで後悔した人

Advertisements
 





三人目の子供は、いらなかったと後悔している方が多いようです。

 

中には年齢を重ね、後から産まずに後悔する方もいます。

 

その理由の一つとして

 

「幸福度が下がる」という

 

意見が多いようです。

 

「高齢出産しなきゃよかった。」

 

「産んで後悔。」

 

「中絶を後悔していない。」

 

 

なぜ三人目の子供が出来ると

子供を産んで後悔した人

幸福度が下がるのでしょうか。

 

 

Advertisements
 





三人目は諦めた。言われる理由

 

 

 

子供が23人と多いほど幸福度が

 

下がると言われています。

 

 

なぜ子供が多いほど不幸度が下がるのでしょうか。

 

 

ここでは、その理由について紹介します。

 

 

 

 

1.女性の幸せは子供の数によって変化

 

 

不幸と感じる要因は次の通りです。

 

 

・金銭的に苦しくなる

 

・子供に自分の時間がとられる

 

・子供が多いと教育費が多めにかかる

 

 

子供が増えると今日行く日や子供にとられる時間が、

 

人数が多いほどかかります。

 

 

この様な事で不幸と感じている方がいる様です。

 

 

 

 

 

 

2.子供の数が多いほど女性の満足度は低下する

 

 

子供の数が多いほど女性の満足度は

 

低下する傾向があります。

 

 

 

その傾向は

 

・女性の年齢

 

・世帯所得

 

・夫婦の学歴

 

・就業形態

 

 

といった要因の影響を

 

統計的に外しても

 

変化がありません。

 

 

 

「子供は2人はほしい」や「できれば3人欲しい」「三人目が欲しい」と

望む女性がいますが、

実際に出産してみると

生活全般の満足度が下がって

「いらない」という方もいる様です。

これが女性の直面する厳しい現実です。

 

 

 

 

世帯年収で諦めたなど

 

 

先程子供の数と共に満足度が低下する

 

理由について紹介しましたが、

 

その原因とは何でしょうか。

 

 

ここでは、その原因について紹介します。

 

 

 

 

1.お金の問題

 

 

子供が増えると、

 

食費や教育費などお金が掛かります。

 

 

そうなると生活を圧迫してしまいます。

 

 

給料が伸びない、下がる。

 

 

 

リストラ、退職になること。

 

 

職場のパワハラなどの

 

犯罪で辞めざるを得ない。

 

 

ブラック企業で夫が働けない体にされてしまった。

 

 

など厳しい現実があります。

 

 

子供の金銭的負担は

 

 

大きな課題となっています。

 

特に子供の数が多いと夫の年収が低かったり、

 

世帯年収が低いと

 

生活が厳しくなってきます。

 

 

 

 

 

2.夫婦関係の悪化

 

 

子供がいることで夫婦の時間は少なくなってきます。

 

 

お嫁さんは子供に時間が取られてしまうので

 

夫は一人となってしまいます。

 

そうなると夫婦の会話が

 

 

少なくなり、

 

 

夫婦関係が悪化してくるようです。

 

 

 

夫からしてみれば、

 

 

奥さんにしか言えない悩みや

 

相談事など、

 

 

奥さんが子育てをしていると

 

話すことが出来ません。

 

 

逆にお嫁さんからしてみれば、

 

 

子育てで多忙の中、

 

 

 

家事も行わなければいけないので

 

夫にかまっている

 

余裕はありません。

 

 

この様な事で夫婦関係が

 

悪化していると言われています。

 

 

また妻も仕事をしている場合も

 

 

夫婦のすれ違いが起こりやすくなります。

 

 

お互いに時間の調整をして

 

 

家族で過ごせるように

 

 

確保をする必要もあります。

 

 

それには会社選びも大きく関係があります。

 

 

転職も含めて

 

検討をする必要もでてきます。

 

 

これらの原因は、

 

夫婦によって違います。

 

 

子供が多くても

 

夫婦が仲良くしている所もあります。

 

お互いの気持ちを理解しあう事が

 

大切なのかもしれませんね。

 

 

 

三人目の補助金や保育料

 

 

 

三人目妊娠、三人目の子供がいるとメリットが沢山あります。

 

 

また補助金のお金なども優遇されます。

 

 

 

ここでは、メリットや

 

補助金や保育料について紹介します。

 

 

 

 

 

1.三人目のメリット

 

 

メリットは6つあります。

 

 

 

上の子が下の子の面倒を見る

 

 

三人目が生まれると、

 

 

上の子は下の子の面倒を見たり

 

お手伝いをしてくれる傾向があります。

 

 

年齢に差がある時には

 

特にみられる傾向です。

 

 

 

子供が2人より3人​の方が

 

楽だという母親も少なくありません。

 

 

 

 

 

上の子は自分で自分のことをする

 

 

 

子供が1人の場合は、

 

 

母親を独り占めしてしまいます。

 

 

しかし3人兄弟になると

 

 

母親は下の子に手が掛かり、

 

そうはいきません。

 

 

なので上の子は自分で

 

自分のことをすることが多くなり、

 

 

早い時期で自分のことが出来る様になります。

 

 

 

 

兄弟の仲で社会性が身に付く

 

 

 

兄妹や姉妹が3人いると付き合い方を

 

 

「けんか」や「遊び」などで

 

学んでいきます。

 

 

兄妹という社会の中で、

 

 

子供達は社会性や

 

 

協調性を身に付けて行きます。

 

 

 

 

ケンカが長引かない

 

 

 

2人兄弟の場合は、

 

 

親が仲裁に入らないといけませんが

 

 

3人兄弟の場合は、

 

 

2人がケンカしもう1人が

 

 

仲裁に入ってくれることがあります。

 

 

なのでケンカが長引くことが少ないです。

 

 

 

子供同士で仲直りしてくれると、

 

 

親も安心できます。

 

 

 

 

三人目はカワイイ

 

 

 

1人目と2人目は育児が手探りでこなす

 

母親が多いようです。

 

 

しかし3人目となると育児に慣れて

 

 

抜きどころが分かってきます。

 

三人目になると

 

育児に慣れてくるので

 

1人目と2人目に比べて

 

 

育児を楽しめる様です。

 

 

 

 

 

交友関係が広がる

 

 

 

子供が3人いれば、

 

 

それぞれの学年に友達が出来ます。

 

 

子供たちは自分の友達だけでなく

 

 

兄弟の友達と交流する

 

機会が増えるので

 

交友関係が広がります。

 

 

 

 

2.補助金について

 

 

 

児童手当が増える

 

 

 

児童手当の金額は次の通りです。

 

 

 

3歳未満:一律15,000

 

3歳以上小学校終了まで:10,000円(第一子と第二子)、15,000円(第三子以降)

 

・中学生:一律10,000

 

 

所得制限があるので、

 

所得の限度額が超える場合は、

 

特例給付として一律5,000円が支給されます。

 

 

 

 

 

自治体独自の出産祝い

 

 

国民健康保険加入者が出産した時、

 

 

出産一時金として

 

「一律42万円」支給されます。

 

これとは別に

 

出産祝い金が自治体が独自に行っています。

 

 

 

出産祝金は自治体で金額が異なり、

 

 

第三子は金額がアップするところもあります。

 

 

 

 

 

 

3.保育料について

 

 

第三子が無償化や免除されるケース

 

 

・通園バス代や給食費などは

 

保護者が負担しますが

 

「世帯年収360万円未満の世帯と

 

全世帯の第三子以降の

 

子供については

 

副食の費用が免除」となります。

 

 

副食とは、おかずやおやつのことです。

 

 

 

 

・最年長の子供を第1子として、

 

0歳から2歳までの第2子は半額、

 

3子以降は無料となります。

 

 

保育所を利用する子供が3人以上の場合です。

 

 

 

 

年収360万円未満の世帯では、

 

1子の年齢は問いません。

 

住民税非課税世帯であれば、

 

0歳~2歳の子供も利用料が無償化されます。

 

 

 

 

 

 

 

独自で助成している自治体がある

 

 

国の幼保無償化に加え、

 

 

自治体独自で

 

保育料を免除しているところもあります。

 

詳しくは各自治体で確認してください。

 

 

 

 

3人の子供がいる方や三人目を考えている方のエピソード

 

 

 

ここでは、三人目がいる方や

 

三人目を考えている方の

 

エピソードを紹介します。

 

 

 

 

 

<三人目がいる方>

 

 

 

・望んで第3子を産んだのですが、

 

受け入れることが出来ません。

 

妊娠した時は第3子は希望でしたが、

 

いざ三人目の育児をすると

 

 

朝から晩まで

 

育児に追われストレスが溜まる毎日です。

 

 

 

 

 

40歳で三人目を出産しました。

 

予定外の出産で育児に追われる毎日です。

 

 

上の2人が男の子で、

 

三人目が女の子です。

 

上の2人が男の子の為か

 

家のことを手伝ってくれません。

 

 

年齢的に体力もなく

 

育児も大変なので

 

三人目の出産は後悔しています。

 

 

 

 

<三人目を考えている方>

 

 

 

・子供が好きで三人目を考えています。

 

家庭が楽しくなりそうで

 

本気で三人目を考えています。

 

 

三人目を考えた時、

 

生活での金銭面で悩みます。

 

3人いると

 

中々仕事が出来ないので悩んでいます。

 

 

 

 

・結婚前から夫婦で3人子供が欲しいと計画していました。

 

現在は2人が生まれたばかりで

 

楽しい生活を送っています。

 

 

三人目が生まれたら

 

どうなるのだろうと

 

希望でいっぱいです。

 

 

 

・三人目を出産すると障害児が生まれるという事を

 

聞いたことがあるので、

 

三人目は悩んでいます。

 

 

などのエピソードがありました。

 

42歳の出産で三人目で後悔していない人もいます。

 

 

三人目がいる方の多くが

 

 

「産まなきゃよかった」

 

と後悔した人が多く感じました。

 

 

 

三人目は障害児が生まれるという噂で

 

悩んでいる方もいる様です。

 

 

 

「三人目を生まなきゃよかった」

 

と思うのは子供にとって、

 

かわいそうです。

 

 

せっかく生まれてきた可愛い

 

子供なので愛情をもって

 

育ててあげましょう。

 

 

 

高齢出産。年齢による障害児のリスク

 

 

 

一般的に40歳で出産する事を

 

高齢出産と言われています。

 

 

40歳で3人目の出産についても同様です。

 

 

高齢出産になると

 

 

障害児のリスクが固くなるとも言われます。

 

 

 

そして夫婦の健康状態も関わってきます。

 

 

不健康な夫婦、栄養不足、

 

栄養失調で発育不足となります。

 

 

精子のことも関わりがあります。

 

 

妻ではなく

 

夫のほうに問題がある場合もあります。

 

 

 

ここでは、その理由について紹介します。

 

 

 

1.理由

 

 

流産や早産が増える

 

 

高齢になるほど

 

染色体の異常が見つかることが多く、

 

流産の原因になることがあります。

 

 

 

 

障害児の可能性が高くなる

 

 

高齢出産では、ダウン症などの

 

障害の可能性が高くなります。

 

 

 

ダウン症の人は

 

 

卵子の分裂異常の原因が多いと

 

言われています。

 

母体の加齢で分裂異常が起こることも多い為、

 

 

高齢出産は胎児が

 

障害者となるリスクが高まります。

 

 

 

 

 

2.障害児出産の確率

 

 

 

障害児の出生確率は、次の通りです。

 

 

 

40歳で出産:ダウン症に限って言えば1%(100人に一人)

 

30歳で出産:ダウン症に限って言えば0.1%(1,000人に一人)

 

 

と言われています。

 

 

 

 

ダウン症だけでなく

 

 

先天性の異常などを

 

含めると

 

全体平均は

 

3%の障害児が

 

出生すると言われます。

 

 

 

この数値は、

 

 

妊婦の年齢は40歳に限らず、

 

全体の妊婦の平均値です。

 

 

 

 

違いは?いらなかった。後悔した人

 

 

 

今回は、三人目がいらなかった理由

 

三人目に関するエピソードについて紹介しました。

 

 

三人目を産んでから

 

 

「三人目はいらなかった」

 

と後悔する人が多いようです。

 

 

その主な理由として先程紹介したように

 

「育児の問題」や「金銭的問題」や「障害児の出生」

 

などが有ります。

 

 

同じ理由で

40歳で二人目で後悔の方たちもおります。

経済的な理由で子供三人は難しい方々も多いです。

 

知恵袋でも三人目についてあります。

 

三人目を考えている方は、

 

 

「障害が怖いので諦めた」や、

 

 

三人目を妊娠していても

 

 

「中絶してよかった」という

 

方が多かったです。

 

 

この様に三人目がいらない、

産まない、

 

欲しくないという方は

 

女性の年齢が

 

高齢になるほど増えている様です。

 

 

三人目の子供は夫婦で

 

相談し計画的に

 

作ることをオススメします。

 

 

三人目を考えている方は

 

今回に記事を是非参考にしてみて下さい。

 

 

 

三人目の子供がいることで、

 

女の子​、男の子と

 

良い事や楽しいことが沢山あるはずです。

 

愛情をもって育ててあげて下さいね。

 

 

テキストのコピーはできません。