採血であざ、内出血、下手、痛い、知恵袋、違う場所、採血後、曲げると痛い

Advertisements
 





採血後に内出血を見てあざみたいになり、

いつまで経っても「消えない」「治らない」

と下手なのかと不安になる人は少なくないのです。

最初は針をさすので、

痛いので青黒いあざができるのですが

少しずつ黄色くなりましたら問題ないです。

 

痣(あざ)には、

赤や青・黒・茶色いあざなどがあります。

原因は皮下出血だと

2週間ほどで治ります。

血管が細い人は違う場所に打ちます。

腕を曲げると

痛いと思う人もいるかと思いますが、

押さえるのもいい結果があります。

腫れて跡が残るので決してもまないで下さい!

 

血液を固まらせる役目の数が少ないときは、

少しの刺激でも青あざになったり、

血が止まらないので、

出血しないようにして下さい。

採血の時の針がいつもより

強くその後に腕がだるい

筋肉痛のような痛みがあり、

なぜなの?失敗なの原因は?と思いがちです。

 

止血剤とは出血を止めるための薬として

使われる商品です。

 

Advertisements
 





採血で内出血が起きる原因4つ!

 

採血後、針を指した場所から

内出血が起こる原因は、

4つあります。

内出血を起こしやすい他の人と比べて

 

目立った人も少なくないのです。

 

1.血管を探している間に体の内をまわる血液が通る管の外に血液が漏れた人

2.採血中に腕が動く人

3.採血中の針の場所動かないように、しっかり出来ていなかった

4.採決後の押さえつけの時間が少なかった人

 

採血後に針を刺した場所を

押さえるのは出血を止めるためです。

採血後になぜ押さえる必要があるかというと、

採血によって

皮膚や血管に空いた穴からの出血を止めるため!

注射の細い針ぐらいの傷でしたら、

何もしなくても治るのですが、

強く押さえておくと

早く出血が止まって内出血も起こさないのです。

 

あざと血小板の減少が起きたときには

 

血小板の数が少ないときは、

少しの刺激でも青あざになりやすい状態になったり、

小さな傷でも血が止まらなかったりするので、

出血しないように気を付けて下さい。

 

・タオルやガーゼで出血が止まるまで強く押さえます。氷水を入れたビニール袋で冷やしすぎないほどに冷やします。

 

・鼻血が出たときは、血管を細く促すため氷で冷やし、小鼻を指で5分ほど圧迫します。

 

・出血が止まるまでは体を動かさないで静かにします。

 

血小板減って少なくなる出血は

簡単に止まらないことがあります。

出血が止まらない場合には、

すぐに病院に連絡してください。

 

出血の様子や血液検査の結果によっては、

血小板の健康体の人の血液を

注ぎ入れる事があります。

 

あざの跡をできないためには。採血の後に抑える理由。

 

採血後、血液がまだとまっていない時に

体で重いものを持ったり、

採血した場所を押さえていないと

出血があざになったり、

血液がこぼれて、

服を汚してしまう可能性があります。

 

採血の後に

消毒する綿をテープで止めて

親指で強く5分くらい

押しておくのです。

このとき、

もんでしまうと

青くなるので気をつけて下さい。

 

腕を曲げて押さえる事も出来ますが、

決してもまない事です。

 

採血後の内出血は自然と治る!

 

内出血を見て

「青いあざが消えない」

「広がっている気がする」

下手なのか腕がだるい

筋肉痛のような痛みが出るのでは

と心配する人も少なくないのです。

 

採血後の内出血は自然と治るので、

基本的に

7~10日ほどで

内出血は消えるのです。

最初は青黒いあざができ、

少しずつ黄色くなってくれば

正常に戻っているので

治らないと思わないで下さい。

 

赤いあざが。違う場所でとる理由とは?

 

痣(あざ)には、

赤色・青色・黒色・茶色いあざ人それぞれです。

原因は体の外側に受けた傷(皮下出血だと2週間ほどで治ります)

黒い色は4つに分けられます。

 

① 平坦な赤いあざ、②苺状血管腫、③海綿状血管腫

 

違う場所でとる理由とは?

 

腕の内側の血管が太いので

採血が早く終わります。

採血ではある程度の量を

確実に手に入れないといけないので

出来るだけ短い時間に済み、

血管が探しやすく患者にも

安心してもらうためでもあるのです。

 

腕以外の場所の採血は

大変だし痛いですが、

血管が細いと

何回も針にさされる可能性がありますので、

違う場所でとるのです。

 

採血であざになる

 

採血して跡が残ったり、

なぜ消えない、

失敗して腫れがひどくなったらと

不安になる人は少なくないのです。

採血後に青あざになりますが、

治らないのではなく

黄色くなり正常になりますので安心します。

痣(あざ)になるのは、

赤色・青色・黒色、茶色4つに分かれるのです。

知恵袋でも痣になることについての質問があります。

止血剤は出血を5分ほど止めるための

薬として使われる商品です。

採血で不安が強い場合は血液内科にご相談して下さい。

 

テキストのコピーはできません。