さばにはうろこがない?サバのうろこの取り方。鯖のあれこれ!

スポンサードリンク






サバにはうろこがないのでは?

と思っているそこのあなた!

 

さばも魚なので鱗があります!

 

 

皆さんがさばをスーパーなどで購入する際、

 

 

ウロコがほぼついていないことに

 

気がついていましたか?

 

 

店員さんが丁寧にとってくれていると

 

思っていたかたも多いと思います。

 

 

実際は丁寧にうろこ取りをされているだけではなく

 

さばはうろこがとても脆いため

 

 

水揚げされるときには

 

ほとんど落ちてしまいます。

 

 

むろん多少は残っているので

 

スーパーに並ぶ際には

 

店員さんが取ってくれているのですが。

 

 

 

サバのうろことりは

 

そこまで面倒な処理ではありません。

 

 

サバのうろこはあじのうろこなどよりも

 

 

比較的処理がしやすいため

 

 

時間がかからなくてすむと

 

実際に働いていた店員さんから聞いたことがあります。

 

ではそんな鯖についてちょっとだけ

 

詳しくなっちゃいましょう。

 

 

 

スポンサードリンク






鯖の豆知識、小サバ

 

 

サバの名前の由来は知っていますか?

 

 

いくつか所説はありますが

 

そのうちの一つを紹介します。

 

 

さばには小さい歯が多いですよね。

 

 

 

そこからもじって『小(さ)歯(ば)』となったようです。

 

 

 

小サバと覚えておくと

 

ちょっとした自慢になりますね。

 

 

 

他にもサバは

 

あまり刺身などでは見かけません。

 

なぜでしょうか。

 

 

 

さばにはアニサキスという

 

 

低温に強い寄生虫が

 

ついていることが多いからです。

 

 

 

アニサキスを人体にいれてしまうと

 

ひどい腹痛に悩まされてしまいます。

 

 

 

生だけでなく、

 

 

しめ鯖にしても

 

アニサキスは死にません。

 

 

 

生で内臓は

 

絶対に食べないようにしてください。

 

 

 

内臓に多く寄生しているためです。

 

 

また高温加熱に弱いので

 

 

なるべく加熱して

 

食べるようにしましょう。

 

 

 

どうしても生で食べたい!そんな方には釣った鯖を!

 

 

日本人ならばやはり魚は生で食べたいですよね。

 

釣った鯖は100%安全とはいえませんが

 

生で食べたいのならば釣ることを

 

おすすめいたします。

 

 

 

なぜなら

 

先ほど話した

 

アニサキスですが

 

 

 

温度が上がると

 

 

内臓から筋肉(身)に

 

移ってしまうからです。

 

 

 

生で食べたいのならば

 

“釣ったらすぐ捌く”

 

 

これを守ってください!

 

 

釣りなんかしたことがないよという方でも大丈夫!

 

さばは比較的簡単に釣ることができるのです。

 

 

 

サビキ釣りという方法があり

 

竿の先の糸に小さいかごのようなものをつけ、

 

エサをいれて針をつけます。

 

 

 

 

あとはたらしておくだけで釣れるのです!

 

 

 

サビキ釣りの良い点は

 

 

なんといっても

 

一度に2~3匹釣れる点でしょう。

 

 

 

竿をあげたときの針に

 

 

魚が何匹もついてきたときは

 

 

釣った鯖をいつ見ても

 

ワクワクします。

 

 

 

 

さらに鯖は釣りの醍醐味である

 

 

ヒキも楽しませてくれます。

 

 

 

食用の大衆魚だと

 

 

釣りあげるまで釣れたのか

 

釣れていないのか

 

わからないことが多いですが、

 

 

 

 

サバはしっかりと重みがあり

 

 

釣れたという

 

実感がもてるのです。

 

 

 

釣れた時の高揚感やその場で捌き、

 

 

食べる新鮮感どれをとっても

 

スーパーのものとは比較になりません。

 

 

 

場所や時期によっては

 

 

釣れすぎてしまうこともあるので

 

 

そのときは開いて

 

干物にしてしまいましょう!

 

 

 

鯖のさばき方は2枚おろしと3枚おろし!

 

 

鱗がある魚の捌き方で

 

 

有名なおろし方としては

 

 

2枚おろしや3枚おろし、

 

5枚おろしがあります。

 

 

3枚おろしが主流ですが

 

2枚おろしというものもあります。

 

 

 

3枚おろしは

 

 

骨のついていない身が2つと

 

中骨の合計3枚から

 

なっており

 

 

 

主に焼き物に多く使われます。

 

 

 

 

二枚おろしは

 

中骨がついている身と

 

ついていない身の合計2枚から

 

なっていて

 

 

煮つけなどでよく使われます。

 

 

 

 

 

 

自分でさばく際は

 

 

ぬめりや鱗がついている場合が

 

まれにあるので

 

しっかりとりましょう。

 

 

 

 

サバなど青魚のうろこの取り方は

 

 

包丁の切っ先で

 

尾から頭にむかって

 

刃を立ててうごかします。

 

 

 

裏面も同様です。

 

 

 

 

 

 

 

よく初めての方にありがちですが

 

 

頭を落とす際は

 

 

ヒレの下からではなく

 

上から包丁を入れてください。

 

間違えると

 

内臓が破れて

 

大変なことになってしまいます。

 

 

 

他にも缶詰で使われる

 

筒切りや

 

上で話したような

 

干物にするための開きがあります。

 

 

開き方としては

 

 

まずエラをとります。

 

 

次に頭をつけたまま

 

 

腹か背中から包丁をいれ、

 

 

開いてから内臓を取る!

 

 

これだけです。

 

 

簡単ですよね。

 

 

魚の下処理は慣れてしまえば

 

 

サバやアジなどの魚は数分でできてしまいます。

 

 

臆せずトライすることが大事です!

 

 

捌けるようになると

 

料理の幅も広がるので

 

ぜひ頑張って試してみてください。

 

 

 

 

 

 

人気レシピを元イタリアン料理人がアレンジ!

 

 

 

次は調理です。

 

サバ料理といえば

 

 

何が思い浮かぶでしょうか?

 

 

さばの水煮や味噌煮、

 

塩焼きなどでしょうか。

 

 

今回は人気な塩焼きに

 

ひとてま加えての

 

アレンジ料理を紹介します!

 

 

 

 

サバアクアパッツァ

 

1 さばの両面にしっかり塩をふる。

 

2 フライパンに熱したオリーブオイルをしき鯖を皮目から両面焼く。

 

3 2のフライパンに白ワインをいれる。

 

4 3のフライパンのアルコールをとばし、ミニトマト、あさり、ブラックオリーブをいれて水を少量入れて煮る。

 

5 最後に皿に盛りつけてパセリを振りかけて完成!

 

 

 

 

どうでしょうか。

 

 

 

和食の代表が

簡単にイタリアンの代表に早変わり!

 

ぜひ試してみてください。

 

 

 

 

 

豆知識。栄養価値と効能効果、健康効果

 

 

 

食魚1位と人気のさばですがおいしいだけでなく

 

栄養​も豊富なのです。

 

大事な豆知識なのです。

 

主な栄養価値としては

 

タンパク質、

DHA、

ビタミンB2、

B6、

B12、

ビタミンD

 

などがあげられます。

 

 

 

 

 

 

さばの効能効果には

 

 

肩こり解消や脳などの

 

 

機能を向上させる効果があるといわれており、

 

 

また健康効果​では血流がよくなる、

 

 

筋肉や血液を

 

作りやすくするなどさまざまな効果があります。

 

もうサバは魚界の王さばですね

 

 

ぜひともさばのうろこを取り食べましょう!

 

 

さばはとても身近な魚ですが

 

実はものすごく栄養もありおいしく、

 

さらにはレシピも豊富な魚だったのです。

 

釣って楽しい、

 

 

食べておいしい

 

そんなサバをぜひ今夜のあなたの食卓に!

 

 

コメント

  1. ふき より:

    べんきょうになります

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました