ルーターを変えたらインターネットに繋がらない?遅い?対処方法の紹介

スポンサードリンク






ルーターを変えた時、変えたらインターネットに繋がらない理由が

いくつかあります。

 

 

考えられる理由は通信障害や設置場所です。

 

 

それでは、早くなるための

 

対処方法もあわせてお伝えします。

 

 

そこで今回は

 

Wi-Fiルーターに繋がらない代表的な原因

 

・ネットワークに繋がってるのにネットに繋がらない、接続できない場合の注意点

 

vpnにつながらない原因と設定

 

Wi-Fi対応のプリンターが使えない時の対処法

 

Wi-Fi設定手順と注意点

 

Wi-Fiのメリットとデメリット

 

買い替えにおすすめのWi-Fiルーター3

 

・インターネットにつながらない

 

 

について紹介します。

 

 

 

 

スポンサードリンク






Wi-Fiがルーターに繋がらない代表的な原因

 

 

 

Wi-Fiがルーターが繋がらない理由はいくつかありますが、

 

 

ここでは代表的な

 

5つの原因について紹介します。

 

 

 

 

 

①インターネットによる通信障害

 

 

 

②複数の端末がルーターに接続されているため混雑している

 

 

③ルーター本体の対応速度

 

 

④沢山のデバイスを繋いでいる

 

 

Wi-Fiの設置場所の問題

 

 

 

 

 

以上の様なものがあると、

 

インターネット接続がありません。

 

 

 

 

これから紹介する

 

 

対処法をお試してみることで

 

 

解決できるかもしれません。

 

 

 

 

次は、パソコンとスマホの

 

 

デバイス別に

 

解決策を紹介していきます。

 

 

 

 

ネットワークに繋がってるのにネットに繋がらない、接続できない場合の注意点

 

 

 

ネットワークに繋がってるのにネットに繋がらない。

 

 

インターネット接続できない時の

 

確認すべきポイントと

 

対処法を紹介します。

 

 

 

 

 

①無線LANルーターの設定や認証

 

 

ルーターの設定や認証ミスにより

 

接続できないことがあります。

 

 

 

 

<設定>

 

 

 

設定については問い扱い説明書をよく読んで、

 

 

指定のランプが

 

点灯しているか

 

確認してみましょう。

 

 

 

 

 

<認証>

 

 

認証ミスについては、

 

 

SSIDやパスワードの入力ミスの

 

可能性があるので、

 

 

再度入力してみましょう。

 

 

 

 

 

 

Wi-Fiの電波の接続間違い

 

 

 

設置したルーターのネットワークではなく、

 

 

別のネットワークに接続している

 

可能性があります。

 

 

 

パソコンやスマホなどの

 

機器をネットワークに接続する時は、

 

 

その位置で感知できる

 

Wi-Fiは一覧で

 

全て表示されます。

 

 

その為、

 

選択を間違えてしまうことがあるので、

 

 

 

ルーターとSSID

 

再確認してみましょう。

 

 

 

 

 

③ケーブルの差し間違い

 

 

 

Wi-Fiに繋がってるのにネットに繋がらない時は、

 

 

ケーブルを差す場所を

 

間違っている可能性があります。

 

 

WANポート」と「LANポート」の

 

差し込みを確認しましょう。

 

 

 

 

 

 

④セキュリティソフトやファイアウォールの不具合

 

 

 

セキュリティソフトやファイアウォールに

 

 

不具合があると、

 

 

過度にセキュリティレベルが上がります。

 

 

そうなるとインターネットに

 

接続できないことがあります。

 

 

一度それらの機能を無効にしてから、

 

 

 

再度接続してみましょう。

 

 

 

 

 

⑤回線業者やプロバイダー側の障害

 

 

 

回線業者やプロバイダー側に

 

何らかの問題が生じた場合、

 

 

 

接続できなかったり、

 

 

電波が不安定になったりします。

 

 

 

公式ホームページなどで

 

障害を確認してみましょう。

 

 

 

 

 

Wi-Fi電波が届いていない

 

 

 

家の中でWi-Fiが繋がりにくいなどという

 

症状がある時には、

 

 

ルーターに問題が無いのであれば

 

 

パソコンや

 

 

スマホに

 

電波が届いていないことが考えられます。

 

 

 

 

鉄筋コンクリート造りの家や

 

 

部屋同士の仕切りが多いと

 

 

Wi-Fiの電波が

 

受信しにくくなります。

 

 

 

電波は、

 

ある程度の距離を越えてしまうと

 

電波が届きにくくなるので、

 

 

この様な時には

 

 

 

Advertisements

「無線LAN中継器」

 

 

を取り入れると良いでしょう。

 

 

 

 

 

⑦置き場所の影響

 

 

 

ルーターの設置場所によっては、

 

電波が届きにくい場合があります。

 

 

 

 

パソコンやスマホとルーターとの間に

 

 

障害物がないか確認してみましょう。

 

 

 

障害物があると、

 

 

電波は反射したり減衰して

 

 

信速度が遅い原因になります。

 

 

 

 

 

 

<最適な設置場所>

 

・パソコンやスマホを利用している近くに設置

 

 

パソコンやスマホとルーターとの間に障害物がないところ

 

 

 

<設置を避ける場所>

 

 

・水回り

 

・分電盤付近

 

・床への直置き

 

 

主にこの3つの場所に

 

ルーターを設置すると

 

電波が

 

届きにくくなります。

 

設置場所には注意が必要です。

 

 

 

 

 

 

 

Wi-Fiの二重ルーター

 

モデムやONU (光回線終端装置)の

 

機能がある場合は

 

 

「二重ルーター」という状態です。

 

 

 

モデムやONUWi-Fiを飛ばす働きをしているので、

 

 

利用したいルーターの

 

電波が繋がりにくくなります。

 

 

 

 

この様な場合は、

 

 

モデムやONU

 

背面か底面に

 

ード切替スイッチがあるので

 

 

 

Bridge(ブリッジ)」か

 

 

AP(アクセスポイント)」

 

Advertisements

に切り替えて使いましょう。

 

 

 

 

 

⑨ルーターや端末の不具合

 

 

 

ルータやパソコン、

 

スマホなどの

 

端末の不具合や故障も考えられます。

 

 

電源を入れ直してみたり、

 

 

有線でネットが使えるかを

 

試して確認しましょう。

 

 

 

 

vpnにつながらない原因と設定

 

 

 

 

ここでは、

 

vpnにつながらない原因について紹介します。

 

 

 

1.VPNとは

 

 

一般的なネット回線を利用して作られる

 

仮想のプライベートネットワークのことです。

 

 

 

例えば、フリーWi-Fiなどの公衆のネットを利用する時に、

 

 

 

個人情報を漏らす、

 

 

 

データ改ざんをされたりなど

 

 

セキュリティリスクがあります。

 

 

 

そこで、ネット上に

 

 

仮想的な専用線を設定することで

 

 

セキュリティリスクを減らすことが出来ます。

 

 

 

 

 

2. VPNが繋がらない原因と対処法

 

 

IPアドレスやDNSサーバーが自動取得になってない

 

 

 

IPアドレスやDNSサーバーの情報が

 

手動設定になっていると、

 

VPNが機能しません。

 

 

 

これは、自動で割り当てられている

 

情報が無視される為です。

 

 

 

 

IPアドレスやDNSサーバーが

 

自動取得になっているか

 

 

確認しましょう。

 

 

 

 

 

ネットワーク制御ツールがインストールされている

 

 

パソコンにOS標準機能に含まれていない

 

ネットワーク制御ツールが

 

 

インストールされていると

 

 

トラブルが発生する原因となります。

 

不要なネットワーク制御ツールは

 

無効にしましょう。

 

 

 

 

 

ダイナミックDNSが正しく設定されてない

 

 

正しく設定されてないと

 

VPNに繋がらないことがあります。

 

 

 

 

・サーバー設定が正しいか?

 

 

・ホスト名やIPアドレスが正確に入力されているか?

 

 

などを確認しましょう。

 

 

 

 

接続がブロックされている

 

 

パソコン側のファイアウォールの設定で

 

ブロックされていることがあります。

 

 

 

ファイアウォールが原因かを確認するには、

 

 

いったんファイアウォールを無効にすれば

 

確認できます。

 

 

 

 

 

IPアドレスが重複

 

 

VPN接続時取得したIPアドレスが、

 

 

まれにプライベートネットワークと

 

重複することがあります。

 

 

 

 

この状態では

 

プライベートネットワークにアクセスしてしまうので、

 

 

VPN側にアクセスできません。

 

 

 

ネットワーク接続で

 

VPNを優先する様に設定しましょう。

 

 

 

自宅のルーターにインターネットをつなぐこと以外も

 

 

多いので注意しましょう。

 

 

 

 

Wi-Fi対応のプリンターが使えない時の対処法

 

 

 

Wi-Fi対応のプリンターが使えないで

 

突然印刷できないと

 

困った方がいると思います。

 

 

 

ここでは、その対処法について紹介します。

 

 

 

 

 

①パソコンとプリンターを再起動

 

 

 

パソコンとプリンターを再起動してみましょう。

 

 

 

大抵の場合は、

 

Advertisements

これで印刷できるようになります。

 

 

 

 

 

②プリンターの状態を確認

 

 

 

まずは、パソコンやスマホとプリンターが

 

同じSSIDになっているか

 

確認しましょう。

 

 

 

SSIDが違っているとプリンターは作動しません。

 

 

 

 

③スマホからの接続を確認

 

 

 

スマホのアプリで印刷できるか確認する事で、

 

 

簡単に原因が確認する事が出来ます。

 

 

 

ここで分かる原因は

 

 

「ネットワーク回線がおかしい」

 

 

ことが確認できます。

 

 

 

 

 

Wi-Fiのルーターを再起動

 

 

 

ルーターを再起動することで

 

 

プリンターが使えるようになることがあります。

 

 

 

やり方は、プリンターの電源を

 

一度「OFF]にし、

 

 

再度電源を「ON」にして、

 

 

再度パソコンから

 

接続するだけです。

 

 

 

 

Wi-Fi設定手順と注意点

 

 

 

 

ルーターを準備したら設定をする必要があります。

 

 

 

 

1.自宅でWi-Fiを設定する方法

 

 

 

※接続には「SSID」と「パスワード」が必要です。

 

 

 

①「モデム」や「ONU(光回線終端装置)」とルーター接続

 

 

 

自宅に設置している

 

「モデム」や「ONU」などと

 

無線LANをケーブルで接続します。

 

 

 

 

 

②ルーターのSSID(ネットワーク名)とパスワードを確認

 

 

 

SSID」と「パスワード」は、

 

 

説明書や

 

本体の底面に表示されています。

 

 

 

 

スマホやパソコンでインターネットに接続する

 

 

機器からネットに接続するし、

 

 

利用する時には

 

2つの方法があります。

 

 

 

 

・パスワードを入力して接続

 

 

無線LANの電源を入れた後、

 

 

スマホやパソコンで

 

インターネットの設定画面に

 

電波の名前が複数並びます。

 

 

その中から先程確認したSSIDと同じものを選び、

 

 

パスワードを入力すると

 

 

ネットに接続することが出来ます。

 

 

 

 

WPS機能で接続

 

 

WSP機能」を利用することで、

 

 

SSIDを入力しなくても

 

 

ルーター本体のボタンを押すだけで

 

ネットに接続することが出来ます。

 

 

 

 

 

 

2. 無線引っ越し機能を利用して設定を引き継ぐ方法

 

 

 

 

引っ越しだけでなく、

 

ルーターの移設の時も利用できます。

 

 

 

無線引越し機能を利用して

 

設定を引き継ぐことが出来る設定は

 

 

SSID」と「暗号キー」のみです。

 

 

 

 

ネット接続の設定は引き継がれません。

 

 

新しく設置するルーターに

 

設定する必要があります。

 

 

 

 

設定手順は、各ルーターで異なります。

 

なので各ルーターの

 

取扱説明書を参照し、

 

設定してください。

 

 

 

 

 

3.無線LANを買い替えた時の注意点

 

 

 

ルーターを買い替えた場合、

 

今まで使っていたSSIDなどの

 

接続情報が残っていると、

 

接続できないことがあります。

 

 

 

この様な時は、

 

 

Wi-Fi越族画面を開き、

 

古いSSIDを削除しましょう。

 

 

 

WiFiのメリットとデメリット

 

 

 

 

 

WiFiは便利ですが、メリットとデメリットがあります。

 

この両方を理解して

 

 

有線LANと使い分けてみましょう。

 

 

 

ここでは、Wi-Fiメリットとデメリットを紹介します。

 

 

 

 

<メリット>

 

 

 

①スマホで大容量通信ができる

 

 

iPhoneandroidなど携帯電話回線を使った

 

高速データ通信の容量には制限があります。

 

 

 

この制限を超えると

 

 

信速度が遅くなってしまいます。

 

 

 

インターネットにWi-Fiを接続することで

 

通信速度が速くなったり、

 

スムーズな動画再生ができます。

 

 

 

 

 

②使用場所を選ばない

 

 

 

部屋やベランダ、

 

 

庭や風呂場などケーブルを引くの

 

困難な場所でも、

 

 

電波が届く範囲であれば

 

 

接続することが出来ます。

 

 

 

多数の機器でも接続可能です。

 

 

 

有線LANの場合は、

 

 

接続したい台数分の

 

LAN端子が必要ですが、

 

 

Wi-Fiの様な無線LANであれば

 

 

ケーブルや

 

端子を使わないので

 

 

多数の機器を接続することが出来ます。

 

 

 

 

 

<デメリット>

 

 

 

①接続設定が必要

 

 

有線LANはケーブルを接続するだけで

 

使うことが出来ますが、

 

 

Wi-Fiの場合は接続するのに

 

機器の設定が必要です。

 

 

 

 

 

 

②トラブル発生時に原因が特定しにくい

 

 

 

設定箇所も多く、ケーブルがないので、

 

 

接続できない場合や

 

速度が遅い場合など

 

 

トラブルの原因の特定が難しいです。

 

 

 

 

③接続が不安定になることがある

 

 

 

ルーターまで距離があったり、

 

 

周囲で多数のWi-Fi対応の機器が

 

使用して電波が混みあって、

 

 

状況によっては

 

 

通信速度が遅くなったり

 

電波が途切れたりすることがあります。

 

 

 

 

買い替えにおすすめのWi-Fiルーター3選

 

 

 

ここでは、オススメのルーターを3つ紹介します。

 

 

 

1.バッファロー:無線LAN親機 11ac

 

 

1733+800Mbps ブラック WSR-2533DHPL2-BK

 

コンパクトなサイズで

 

4本のアンテナが

 

様々な向きに向くことで

 

端末を幅広くカバーすることが出来ます。

 

 

電波が途切れにくく、

 

コンパクトサイズなので

 

設置場所にも困りません。

 

 

従来の無線LAN機器では、

 

 

距離や障害物で電波がロスしていましたが、

 

この機器は子機側の位置や距離を

 

判別し、

 

 

転送速度や安定性を向上させる

 

「ビームフォーミング」に対応しています。

 

 

この機能は高速Wi-Fi

 

 

届くため、

 

 

スマートフォンユーザーにはオススメです。

 

 

 

 

2.NEC11ac対応 無線LANホームルーター

 

 

Aterm WG 1200CR PA-WG1200CR

 

 

高速通信が可能な高性能ルーターです。

 

 

NECの先端技術である

 

μEBG構造」や「μSRアンテナ」

 

 

により快適な通信を実現しています。

 

 

 

 

◎オススメのポイント

 

 

・ビームフォーミングによる高速通信を可能

 

・光回線を活かす有線戯画ポート搭載

 

・スマホで簡単に設定できる

 

 

このルーターは

 

ネット環境を整える上で

 

欠かせないアイテムとなっています。

 

 

 

 

 

3.バッファロー:無線親機11ac

 

 

866+300Mbps Air Station ブラック WSR-1166DHPL2

 

 

この機器は、複数の機器を同時に処理することが出来ます。

 

 

対応端末であれば、

 

複数の端末を繋いでも

 

速度が落ちにくいので

 

動画やネットを快適に見ることが出来ます。

 

 

 

また使用端末を特定し集中して

 

電波を届けてくれる

 

「ビームフォーミング機能」を

 

搭載しているので

 

安定感のある電波が使えます。

 

お手頃価格で、

 

一人暮らしの方にもオススメです。

 

 

 

 

ルーターの買い替え時期

 

気になるのがルーターの買い替え時期です。

 

 

本体の寿命や端末としての寿命は

 

45年」と言われています。

 

 

 

寿命が近くなると

 

・ルーターに不調が出る

 

・通信速度低下

 

・接続状態が不安定

 

 

などの症状が出てきます。

 

 

この様な時は、

 

交換や買い替えの時期の様です。

 

 

 

インターネットにつながらない

 

 

 

ルーターを変えた時、インターネットに繋がらない理由がいくつかあります。

 

考えられる理由は通信障害や

 

 

設置場所です。

 

 

ルーターの設置場所によっては、

 

電波が届きにくい場合があります。

 

 

先程紹介したように、

 

水回りや床への直置きなどは、

 

 

障害物が影響して

 

 

電波が反射したり減衰して

 

通信速度が遅い原因になります。

 

ルーターの設置場所には気を付けましょう。

 

 

ルーターを変えた時に

 

インターネットが繋がらない時は、

 

今回の記事を参考にしてみて下さい。

 

今回は、

 

ルーター変えたらインターネットが繋がらない理由を

 

紹介しました。

 

テキストのコピーはできません。