ptsdから抜け出すには?ptsdから合併症を起こす原因とは?

 

「向精神薬の成分は白い粉」

 

向精神薬は意味がないわけです。

 

 

トラブル、ストレス、

 

人間関係、仕事、家族、家庭環境、

 

 

など理由はさまざまであるが

 

薬物をして問題がなくなることはないです。

 

 

 

これにptsdという名称をレッテル張りする。

 

精神病、精神疾患があると騙される。

 

 

よくある雑誌や新聞、ネット上の記事は

 

広告です。

 

治す考えはありません。

 

 

患者を増やす。

 

定期的に患者が通院する。

 

 

 

嫌な感情がするから「白い粉」?

 

とても危ないことです。

 

残念ながらですが

 

弱みを突かれてしまい

 

騙されているのです。

 

 

人生において様々なことがあります。

 

 

いいことばかりではなく。

 

 

 

家族の死、犯罪被害、DV、災害などの

 

つらい、苦しい体験によって強い恐怖を感じ、

 

 

それが記憶に残ってトラウマとなり、

 

何度もフラッシュバックし、

 

苦しみと恐怖から抜け出せない。

 

 

 

しかしこれと粉とは関連がないですよね?

 

 

症状はptsdと呼ばれてはいますが

 

 

使用者です。

 

 

 

Ptsdと呼ばれる詐欺で、合併症が起こるのもそういうことです。

 

 

 

うつ病や統合失調症もですが

 

 

精神病とは薬害です。

 

 

Ptsdに悩む気持ちを利用されてしまう。

 

 

 

しかし使用してはいけないものを

 

使ってしまっているのです。

 

 

以下で詳しく説明していきます。

 

 

 

 

ptsdって何?ptsdの原因とその症状は?

 

 

 

Ptsdとはレッテル張りです。

 

 

外傷後ストレス障害 (PostTraumatic Stress Disorder) の略語です。

 

 

 

 

生死にかかわるような実際の危険にあったり、

 

 

 

死傷の現場を目撃したりするなどの体験、

 

 

出来事によって強い恐怖を感じ、

 

 

 

それが記憶に残ってこころの傷 (トラウマ) となり、

 

 

何度も思い出されて (フラッシュバック)、

 

 

当時と同じような恐怖を感じ続ける。

 

 

 

 

こうしたのは病気ではありません。

 

 

乗り越えるしかありません。

 

 

 

強くなる。

 

 

Ptsdとは薬をうるための名称であること。

 

 

たしかに

 

 

こうした体験の後では、

 

誰もが繰り返しそのことを思い出し、

 

 

 

つらい気持ちになり、恐怖を感じたりするものです。

 

 

 

しかし普通は数週間のうちに恐怖が薄れ、

 

 

体験は過去のものとして認識されるようになります。

 

トラウマの記憶もある。

 

 

 

 

しかしここで行ってしまうとなるのが

 

Ptsdというものではなくて

 

あの使用者となります。

 

 

これで

 

通常の生活が送れないレベルになります。

 

 

 

こうした状態にされるのがptsdといいます。

 

 

よくあるPtsdの症状とは、

 

どのようなものなのでしょうか?

 

 

 

ptsdというべきではないのです。

 

 

常に心のどこかにトラウマが存在しています。

 

 

急に涙ぐんだり、

 

恐怖がこみあげてきたり、

 

 

ぼんやりとして話が耳に入らないということがあります。

 

 

 

落ち着きがなくなったり、

 

ささいなことで怒ってしまうということもあります。

 

 

 

忘れようと思っているつらい体験を、

 

何かのきっかけで思い出す。

気持ちや行動が不安定になります。

 

 

「悪夢」というかたちで現れることもあります。

しかし

 

 

ここで精神科・心療内科の検査を受けると

 

 

何かの診断名がついてしまいます。

 

 

 

そして抗うつ薬、精神安定剤、抗不安薬、睡眠薬

 

 

向精神薬の処方。服用。

 

 

 

気を付けることはここで

 

 

精神科医や臨床心理士のカウンセリングでは

 

 

 

治せないことです。

 

心理学はまやかし。

 

 

信じてはいけない。

 

 

例えばよくある被害で

 

ASD(自閉スペクトラム症、アスペルガー症候群)

 

こうした名前を付けては

 

 

向精神薬漬けにして

 

 

頭をおかしくするのです。

 

 

 

再発をしないで治すには

 

その場だけ

 

 

 

クスリで頭をおかしい状態にして

 

脳を麻痺することではありません。

 

 

 

 

ptsdはうつ病と合併症になっているケースが多いのはなぜ?

 

 

 

Ptsdではうつ病の症状を併発することがあります。

 

それもそのはずです。

 

最初はストレスのために

 

 

使えばたしかに気分は楽になるときもあるでしょうが。

 

 

その後に大変なことになります。

 

 

 

憂鬱な気分

 

自己否定

 

活動性の低下

 

無気力

 

日常生活を行うことが困難

 

これらのうつ病の症状は、

 

 

典型的な使用者の症状です。

 

 

 

 

しかし、ptsdが原因となった「うつ病の症状」は、

 

 

わからないままに

 

 

環境に染まってしまい

 

 

うつ病がないのに

 

 

あると思い込まされるのです。

 

 

 

 

「うつ病」という病気は、

 

 

脳内のセロトニンなどの神経伝達物質の働きが

 

 

 

関連しているだろうという

 

 

仮説がありますが。

 

 

 

実はないことがあきらかになっています。

 

 

 

そうなると、ptsdが原因のうつ病も

 

 

そういうことでやらせなのです。

 

 

 

脳内の神経伝達物質の働きといった

 

セロトニン「仮説」

 

とは

まったく関連がないことで

 

 

知らずに使うので発症するのです。

 

 

 

うつ病とPtsdの合併症は薬害です。

 

 

Ptsdが原因のうつ病は

 

 

つらい記憶があるのはわかるのですが

 

 

しかし使用してはいけないものです。

 

 

警視庁などでも

 

決して少しであろうと

 

 

使ってはいけないと警告をしていますよね?

 

 

 

Ptsdという話を信じてしまうと

 

 

身も心もボロボロになるのです。

 

 

 

 

つまり、Ptsdやうつ病の治療はやらせなのです。

 

 

 

克服するためには、

 

こうした詐欺師たちから

 

 

離れることが必要です。

 

 

 

辛いことは

 

 

結局は自分で乗り越えるしかないのです。

 

 

 

医療ですることといった考えが

 

 

間違った考え方です。

 

 

 

Ptsdが原因のうつ病。

 

 

 

例えば

 

解離、記憶障害、記憶喪失。

 

たしかにこうしたものの特徴は

 

 

同じで

 

使えば

 

なることです。

 

 

 

 

ここで

 

 

 

言い訳をしては

 

行ってしまうことが多いです。

 

またすでにPtsdだとかはわからない状態にされて

 

 

 

思考停止になり

 

 

考えられないことになってしまいます。

 

 

Ptsdの話には複雑性があるように見えますが

 

 

そうしておかないと

 

 

犠牲者が来ないわけです。

 

 

「白い粉」

 

をすれば

 

 

必ずなります。

 

 

 

 

 

ptsdの治療には病院?クリニック?カウンセラー?最も効果的なのは?

 

 

 

 

「自分はptsdではないか?」

 

 

そのような悩みを持っている方が相談に行く先は、

 

 

精神科の病院?メンタルクリニック?それとも臨床心理士のカウンセリング?

 

 

どこに相談するのが

 

 

 

最も効果的なのかと探してしまい

 

なるのが真実です。

 

 

 

それぞれの罠で、

 

 

どのようなことが行われるかについて、

 

 

説明していきます。

 

 

 

精神科の病院やメンタルクリニックでは

「薬物療法」です。

 

 

これは診察を少しの間して

 

すぐに薬を出すだけで終わるので

 

 

 

とても儲かるのです。

そして一度でも使えば

 

 

 

癖になるので

 

定期的に患者やってきては売るだけです。

 

 

 

 

「心理療法」の併用で

 

臨床心理士のカウンセリングをしても

 

 

実際には何もできません。

 

よくある作られたイメージとは違います。

 

 

 

 

あなたの体験は私はしたことがありせん。

 

 

わかりません。

 

これは誰もが同じで

 

 

 

こうした詐欺師たちも人助けを装っては

 

でたらめなのです。

 

そしてするように誘導する。

 

 

 

白い粉の抗うつ薬をして服用して

 

嫌なことを忘れましょう。

 

 

これをしているのです。

 

これではもちろん

あなたも知っている通りで

 

 

廃人になります。

 

ptsdの症状を改善すると

 

でたらめを繰り返しているわけです。

 

 

 

効果がどうという話は関連がないわけです。

 

 

医師を装ったペテン師なのです。

 

病気が「ptsd」の場合、

これでptsdそのものを治療することは不可能です。

 

 

 

精神科の病院やメンタルクリニックを受診しないようにしましょう。

 

 

では、臨床心理士のカウンセリングはどうでしょうか?

 

 

 

心理学の勉強をした?

 

 

 

しかしその内容が捏造された話で

 

間違いがあります。

 

 

治すためにしていると思いがちですが。

 

 

実態はそういったことはないです。

 

 

それっぽいことに見えているだけです。

 

 

スクールカウンセラーもですが

 

 

向精神薬漬けにするように誘導、営業をするのが役割です。

 

自覚がないままで治療と思い込んで

 

 

していることも多数あります。

 

 

 

何かよさげ印象があるのは

 

広告によるものです。

 

テレビ、映画、コマーシャル、マスメディア、

 

そこにスポンサーでお金をだして。

 

 

 

 

 

Ptsdということで相談したことにより

 

 

私たちの症状は進行をします

 

 

傷が深くなります。

 

残念ながら。

 

甘い話に引っかかってしまったのです。

 

 

友人にもしていれば

 

嫌われることになります。

 

様子がおかしいのですから。

 

しかしです。

あきらめたと思うのは早いです。

 

 

 

 

ptsdは治らない?ptsdの症状をお持ちの方との正しい接し方。

 

 

 

周囲の人たちも

 

自分の家族や友人が、

 

長期間にわたってptsdの症状に悩まされていると

 

 

「ptsdって治らない病気なのでは?一生克服できないのでは?」

 

 

 

と思ってしまいますよね。

 

 

 

つらい体験を経てptsdの症状に苦しんでいる人との

 

 

 

接し方に悩んでいる方。

 

 

 

 

例えば、家族の死やDVをいつまでも引きずって、

 

 

口を開けばその話をする人に、

 

あなたは

 

ごちゃごちゃして

 

これがいいだとか、

 

 

テクニックにばかり走ってしまっていませんか?

 

もっと単純でいいのです。

 

 

乗り越えるのは本人にしかできません。

 

 

支えることが支援することができることです。

 

 

 

ptsdという本人の気持ちに寄り添うならば、

 

 

 

 

癒しがなどはくだらないことです。

 

 

まやかしです。

 

 

人がptsdに対して

 

 

と言うのは、

 

 

「トラウマになっているつらい体験。」

 

 

これとは当然関連がないことをしてしまっているのです。

 

 

 

弱っている所に罠があり騙される。

 

 

これが原因です。

 

 

 

Ptsdという名称自体を忘れることです。

 

 

 

するのは自分しかできません。

 

 

 

ptsdと病院で診断されたときにあなたが本当にすべきこと

 

 

 

もし、精神科の病院でptsdと診断されたら、

その後には

 

 

断薬が必ず必要です。

 

病院に頼らずptsdと立ち向かおうと決めたあなたに、

 

 

 

ぜひ知っておいていただきたいことがあります。

 

 

 

それは、ptsdを発症した場合

 

治らないのはしているからです。

 

 

決して不治の病ではないのです。

 

 

 

Ptsdもうつ病も自作自演

 

 

そして自分も悪い所があると

 

認めること。

 

自己中心的になっていませんか?

 

わがままにになり

 

 

周りが理解がないなど。

 

言い訳です。

 

使えば不眠・睡眠障害になります。

 

 

対処法が間違っているのです。

 

 

ptsdは詐欺と自覚すること。

 

 

睡眠薬を飲んで解決しようとしたら

 

眠れない。

 

 

原因は

 

誘惑に負けてしまった

 

自分自身にあるのです。

 

 

コメント

  1. より:

    辛いことから逃げるのに薬物に手を染めてしまい廃人。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました