ポルポトの死因!ポルポトとアニヲタの関係、クメールルージュの残党とは?わかりやすく解説

 

ポルポトの死因ですが、

」によるのが有力とされています。

 

ポルポトの死因は病死とされているが、

毒によるものであることは事実です。

 

 

ポルポトは、悪名の高さからか

ネットにおいても語り継いでいかなければならないと

される程の虐殺を繰り広げたことで有名なのです。

 

 

 

ポルポトの死因について。なぜ死んだ?アニヲタとの関係とは?墓や娘、子供についてのまとめ。子供は医者?

 

ポルポトの死因は、

病死とされているが、

現実には毒が原因です。

 

服毒か自殺かは定かではないですが、

遺体には毒の証拠が表れていたが、

ポルポト死因は病気として処理され公表されたのです。

 

 

ポルポトはアニヲタWikiにページが作られており、

ポルポトまとめとしてうまくまとめられています。

 

ポルポトはなぜWikiに真面目にポルポトのまとめが

作成されているかといえば、なんj民が

ネタにすることが多いことも関係があると考えられます。

 

 

ポルポトが資本主義を否定し共産主義を目指した結果、

もっとも極端な原始共産主義を目指し、一方通行な改革を始めた結果が、

地獄を超える恐怖政治の世界を迎えてしまったのです。

 

ポルポトは国民全員が

幸せになる世界を作るという理想を、

間違った方法で進めてしまったのです。

 

 

ポルポトは医師や知識階級といったインテリ層を、

原始共産主義には必要ないものとし、

思想の純度を高めるため処刑をしたのです。

 

 

ポルポトは子供ばかりを登用したのは

大人を信用しないかったからとされています。

 

 

ポルポト政権下では、インテリ層を処刑したことにより、

専門家や大人が不足する事態になったが、医師不足でさえ

ポルポトは子供医師を容認するほどの大人の排除を徹底したのです。

 

ポルポトは子供医師が半年にもならない経験であっても容認し、

国民の間では飢餓だけでなく病気のまん延も招いたのです。

 

 

最終的にはポルポトは失脚し、

毒によって死を迎えることになりました。

 

ポルポトの墓を作るにいたったのは、

本人の死後、しばらく経ってからになります。

 

 

ポルポトの娘は

 

「もし父と会うことがあればゆっくり話したい、

私たち家族にとってよい父だった」

 

と語っており、よい父親で

あったことを感じさせる一面もあったようです。

 

 

 

ポルポトの虐殺人数。クメールルージュの狂気とは?クメールルージュの残党についてわかりやすく解説

 

ポルポトの虐殺の人数は、

10万人から330万人とされています。

 

正確な数字が出されないほど

数えきれない人たちが殺されたとされ、

一般的には170万人を虐殺したといわれています。

 

 

クメールルージュとはわかりやすく言えば、

カンボジアの政治勢力のことです。

 

ポルポトの登場後は、

武装組織としての名称であり

ポルポト派とも言われるのです。

 

 

クメールルージュの狂気は、もともとの発想は

国を良くしようと理想に燃えていたのが、

理由もなく虐殺をするようになったことに尽きるのです。

 

クメールルージュの狂気については、

けして忘れることのないよう風化することのないよう、

語り継がねばならないのです。

 

 

クメールルージュの残党は、衰退後には

国際的な基準の裁判にかけられることになっていだが、

現政権下で、政治取引に応じる形で、恩赦が出されています。

 

 

 

まとめ。ポルポトの死因について

 

ポルポト政権下のカンボジアは数々の処刑が繰り広げられ、

原始共産主義の徹底が行われていましたが、

国力は衰退し終焉へ進む結果になったのです。

 

ポルポトは自身の出自も嘘をついており、

自分を偽りながら彼のいう革命を遂行していた

ということに他ならないのです。

 

 

そのような嘘や行き過ぎた革命を改めるどころか、

都合の悪いインテリ層を徹底処刑することで反抗勢力を減らし、

革命の純度を高めようとしています。

 

 

もともとの理想は、よい国を作るという

基本的なことだったはずでした。

 

しかし、権力を持つにつれて思想は硬直し、

弾圧を強行するようになったのです。

 

 

カンボジアに詳しい東山。

自分と同じく、シイタケが嫌いです(笑)。

タイトルとURLをコピーしました