ピルの服用中の不正出血が止まらない時。止める方法。ストレス。茶色。鮮血。妊娠。超低用量ピル

スポンサードリンク






月経不順や月経痛で苦しむ女性が多いなか、

改善目的でピルを服用する人も増えてきました。

 

ピルは月経の症状改善に

 

効果があるとされていますが、

 

同様に副作用を

引き起こさないため

 

注意も必要です。

 

例えば一般的に

 

ピルを飲み始めて

 

起きる症状で一番多いのが

 

不正出血で、

 

服用している人の

 

約20%が経験するといわれています。

 

しかし初めて飲む人にとっては

 

これがどれくらい続くのか

 

不安要素となってしまう事もあるでしょう。

 

 

一時的なものが多く、

 

飲み続けることでおさまっていきますが、

 

まずは何が原因なのかを

 

判断することが大切になってきます。

 

服用中に起きる症状や

 

注意点を説明します。

 

 

 

スポンサードリンク






ピルと不正出血

 

 

 

<ピルと休薬>

 

ピルの服用期間は28日間サイクルとなっています。

 

そのうち7日間が

 

休薬の期間で卵巣、

 

子宮を機能させ

 

健康な状態が維持されるように

 

考えられています。

 

 

シートにはホルモンが配合されていない

 

偽薬が7錠あり、

 

飲み忘れの防止になります。

 

 

7日間の休薬期間中

 

2~3日目の出血を

 

消退出血といいます。

 

 

子宮内膜が剥がれ落ちて

 

排出するために出血するのですが、

 

月経が自然に起こるものに対して、

 

 

消退出血はピルによって

 

 

人工的に起こされるものというものです。

 

 

服用中の休薬期間には

 

 

消退出血という生理があり、

 

自然にくる生理と違って

 

 

Advertisements

出血量も少なく、

 

 

出血機関も短いことが特徴です。

 

 

また同時に

 

 

休薬期間以外にくる

 

月経以外の出血

 

「不正出血」もみられ

 

いくつかの原因が疑われます。

 

 

ただし出血量や症状、

 

期間には個人差がありますが

 

 

いつまでも止まらないようなら

 

Advertisements

婦人科を受診しましょう。

 

 

では症状が出たらどうすればいいのか、

 

止める方法はあるのでしょうか。

 

 

 

止める方法。3シート以降は?

 

 

 

<不正出血と原因>

 

 

不正出血とはストレスやホルモンの異常で

 

月経ではないタイミングで

 

出血する状態のことです。

 

ピル服用中に起こることは

 

珍しいことではありませんが、

 

 

初めての服用時には

 

1シート目で

 

約30%程度の人に

 

見られる症状といわれ、

 

 

場合によっては

 

 

診察や治療が必要となるため

 

注意が必要です。

 

 

 

 

◎ホルモンバランス

 

 

ホルモンバランスの変化によって

 

 

月経で出されるはずだった経血が

 

子宮内に留まり

 

不正出血として

 

調節しながら

 

徐々に排出されることがあります。

 

 

 

◎ピルの飲み忘れ

 

飲み忘れによって起こることがあります。

 

体内に女性ホルモンを投与する役割があるため、

 

飲み忘れると

 

女性ホルモンが減少して

 

子宮内側の維持が難しくなります。

 

結果として

 

月経のような状態が

 

Advertisements

起こることがあります。

 

 

 

 

 

<不正出血の特徴と鮮血>

 

 

症状としては

 

月経と同じ程度の

 

大量出血や

 

月経が長引いているような状態、

 

 

色もおりものに少し混じる程度や

 

黒っぽい、茶色、鮮血など

 

個人差があります。

 

痛みもまた生理痛に似たような

 

下腹部の痛みを感じる事もあれば

 

痛みを感じない事もあるなどです。

 

 

期間も同じように

 

1日~長期にわたってなど

 

差はありますが、

 

 

1シート目で症状が見られても

 

 

ほとんどの場合は

 

 

2シート目ではおさまります。

 

 

しかし3シート以降も続く場合は

 

子宮筋腫や子宮がんなどの可能性があるため、

 

早めに婦人科受診をおすすめします。

 

 

 

 

不正出血が終わらない理由

 

 

 

 

<不正出血が終わらない理由>

 

 

◎妊娠初期

 

通常、妊娠すれば月経がこないため

 

月経が続いているから

 

妊娠ではないと考えるかもしれませんが、

 

 

妊娠初期には不正出血をすることもあります。

 

 

そのためピル服用中に性交渉があれば

 

 

妊娠を疑って

 

妊娠検査薬を使用するか

 

病院での検査をお勧めします。

 

 

 

 

◎他の病気を疑う

 

 

 

子宮筋腫、子宮内膜症、

 

子宮頸がん、子宮内膜ガン、

 

子宮体ガンなどが

 

考えられます。

 

 

 

 

 

子宮頚ガン、子宮内膜ガンであれば

 

服用を中止しなければなりません。

 

 

また早期治療のためにも

 

なるべくすぐ病院で受診するのがよいでしょう。

 

 

 

出血量が多かったり

 

 

 

 

2週間以上も激しい腹痛があるなどの場合は

 

ピルの副作用以外の原因が

 

考えられるため

 

婦人科の受診をお勧めします。

 

 

 

 

超低用量ピル。長期服用。

 

 

 

長期服用が可能なものを少し紹介します。

 

 

 

 

<生理とジェミーナ>

 

 

月経を軽くして痛みを軽減するために服用します。

 

子宮内膜抑制作用が強いので

 

不正出血が比較的少ないことや

 

血栓症のリスクが低いとされていて、

 

月経困難症や

 

月経周期異常の治療に用いられます。

 

 

副作用としては

 

頭痛、悪心、

 

下腹部痛、体重増加

 

などがあります。

 

 

 

 

<超低用量ピルのヤーズフレックス>

 

月経をできるだけ減らし、

 

3ヶ月に1度だけ起こすというお薬が出ました。

 

「超低用量ピル」とも呼ばれ、

 

最長120日間まで連続服用が可能、

 

120間服用した後は

 

4日間の休薬します。

 

子宮内膜症に伴う

 

疼痛の改善や

 

月経困難症の治療に用いられます。

 

 

月経痛がつらくて困る、

 

月経の量が増えた、

 

月経前に調子が悪い、

 

月経不順などの人人お勧めです。

 

また男性ホルモン様作用が少ないので

 

 

にきびの改善にも期待できるとされています。

 

 

他にも薬やサプリメントとの

 

併用が可能な物と

 

不可能なものがあるります。

 

 

種類によっては

 

体に不調をきたすことにもなりかねないので、

 

併用したいものがあれば

 

医師に相談するようにしましょう。

 

 

知恵袋には不正出血や女性の病気で

 

悩む人の相談も

 

たくさん寄せられていますので

 

多くの方があることなのでしょう。

 

 

テキストのコピーはできません。