Paypayの請求書払い。ポイントの還元。au pay?line pay?

line payやau payなどのQRコード決済で普及している請求書払い。

もちろんペイペイでも、

ガス・電気などの

 

公共料金やntt等の

 

電話料金住民税・自動車税などといった

Advertisements

 

税金をペイペイ残高で

 

収納代行・支払いができます。

 

請求書をスマホの

 

QRコードで読み込むことで

 

簡単に決済できる反面、

 

もちろんデメリットも存在します。

 

 

ソフトバンクとヤフーによって

 

設立された決済サービス、paypay。

 

今ではQRコード決済サービスの中でも

 

一番普及しています。

 

そこで今回は、

• Paypayの請求書払いとはどういうサービス?

Advertisements

• paypayのサービスの支払方法とは

• ペイペイのメリットとデメリット。

• paypayで請求書払いとポイント

 

 

を中心に

 

paypay請求書払いについて解説していきます。

 

 

Paypayの請求書払いとはどういうサービス?

 

paypay請求書払いとは、

 

請求書のバーコードをスキャンして

 

読み込むことによって

 

公共料金や税金の支払いができるシステム。

 

24時間いつでも

 

支払いが可能です。

 

paypay残高からの支払いになるため、

 

クレジットカードから支払うことはできません。

 

200以上の自治体で導入されており、

 

もはやコンビニや振り込み等による

 

手間もなくなり、

 

 

手元にスマホさえあれば

 

いいという形になりました。

 

また、東京都水道局では

 

オンライン請求書のサービスを提供していて、

 

 

支払い完了画面から

 

事前申し込みをすると、

 

請求書を

 

バーコードで読むという

 

作業もなくなり、

 

オンライン上で

 

自動決済できるようになります。

 

Advertisements

方法については

 

支払方法の箇所で説明します。

 

 

Paypay請求書払いにおいて、

 

手数料は一切発生することはありません。

 

また、利用金額に応じて

 

ポイントが返ってきます。

 

 

paypayのサービスの支払方法とは

 

 

paypayの請求書払いとは、

 

以下の手順で行うことができます。

 

 

(1) paypayのホーム画面にある

 

スキャンをタップ

 

 

Advertisements

(2) 公共料金や税金の請求書にある

 

バーコードをスキャン

 

 

(3) 画面上に「支払い内容の確認」

 

といった画面が出てくるので、

 

支払金額の確認

 

 

(4) 支払うを押す

 

(5) 支払い完了画面が出てきたら

 

決済完了

 

 

といった流れになります。

 

 

ペイペイのメリットとデメリット。

 

 

• ポイントが最大1.5%還元される

 

 

paypayで支払うことのメリットに、

 

ポイント還元されるという点があります。

 

基本的に200円につき1ポイントたまり、

還元率は0.5%です。

 

しかし、利用額によって

 

最大1.5%もの

 

ポイント還元を得られることができるのが

 

paypay請求書払いの大きなメリット。

 

ただし条件があり、

 

100円以上の決済を50回以上する、

 

又は利用金額を

 

10万円以上という制約があります。

 

このどちらか一つを達成したら

 

0.5%アップ、

 

Advertisements

両方達成できると

 

さらに0.5%アップされ、

 

合計1.5%もの

 

ポイント還元を得ることができるのです。

 

ただポイントの付与には

 

上限があり、

 

1回の支払いにおける

 

上限が7500円相当、

 

1か月における付与上限が

 

15000円相当となっています。

 

 

 

• 不動産取得税の支払でポイントがたくさん貯まる

 

 

paypay請求書払いで

 

ポイントが最大1.5%還元されるというのことは

 

すでに上述しました。

 

不動産取得税についても還元率は同じです。

 

ただ、他のクレジットカードや

 

電子マネー nanacoでの

 

支払いに比べると

 

ポイント還元率が大きいです。

 

クレジットカードは基本的に

 

0.5~1.0%、

 

nanacoだと0.5%なのに対し、

 

paypay請求書払いにすると、

 

1.5%も返ってきます。

 

 

また、それだけでなく、

 

都道府県別の不動産取得税において、

 

 

paypayは多くの都道府県に対応しています。

 

クレジットカードは

 

最近愛知県に対応し始めたものの、

 

両手で数えられるほどの

 

都道府県にしか対応できていません。

 

ポイント還元率も高く、

 

多くの都道府県に対応しているので、

 

不動産取得税はpaypay請求書払いで

 

支払うのがいいでしょう。

 

 

 

• 領収書の発行ができない

 

恐らくpaypay請求書払いを使っていて、

 

一番不便に感じるものに、

 

領収書の発行ができない

 

というのが挙げられます。

 

paypay請求書払いで

 

公共料金や税金を支払った場合、

 

領収書は発行されません。

 

ちゃんとした領収書の発行を希望するのであれば、

 

コンビニで支払う必要性が出てきます。

 

 

しかし、アプリの取引履歴から

 

利用履歴は確認することができます。

 

場合によっては

 

支払い完了画面と

 

公共料金の請求書だけで

 

証明書類として適用されることもあるので、

 

税務署等に相談するとよいでしょう。

 

 

また、自動車税を

 

paypay請求書支払いで支払った場合、

 

 

車検が近いと

 

納付情報の反映が

 

確認できないことがあるので

 

注意しましょう。

その際は一旦、

 

paypay請求書支払いを止めて、

 

一時的にコンビニ等で

 

支払いするのもアリです。

 

 

 

• 公共料金や税金支払のキャンペーンがない

 

 

Paypayでは還元率アップや

 

キャッシュバックキャンペーンを頻繁にやっています。

 

しかし、それは飲食店やデパート、

 

あるいはスーパーマーケットぐらいで、

 

公共料金や

 

税金支払特有の

 

キャンペーンというのはやっていません。

まあ、公共の料金にキャンペーン設けるのも、

 

社会的にあまりふさわしくないというのもあるので、

 

ポイントバックしてくれるという点だけでも

 

ありがたみを感じるべきなのでしょうか。

 

 

paypayで請求書払いとポイント

 

 

さて、ここまでで

 

paypay請求書払いの仕組み、

 

使い方、

 

メリット・デメリット

 

について解説していきました。

 

多くの自治体に対応していて、

 

かつ最大1.5%もポイントバックされるのは、

 

Advertisements

paypay請求書払いの最大の魅力。

 

24時間いつでも支払いが簡単に行えて、

 

わざわざ銀行やコンビニに出向かなくても

 

いいというのがありがたいシステム。

 

ただ、領収書の発行ができないのが大きなデメリット。

 

他にもサービスがエラーで止まると

 

読み取れないで使えないときもあります。

証明書に関しては、

 

自治体や電気・ガス会社と相談し、

 

paypayでの支払いと

 

コンビニや銀行での支払いとで

 

上手く使い分けましょう。

 

 

テキストのコピーはできません。