おりものが茶色で生理こない場合。更年期。織物について

スポンサードリンク






茶色いおりものが出たりすると、ちょっと心配になりますよね。

 

特に中学生や高校生だったりすると、

 

誰に相談していいのか分からないので、

 

特に不安になるかと思います。

 

ネットの知恵袋にも、中学生や高校生のそれに関する

 

深刻な相談が色々寄せられています。

 

中学生や高校生でなくとも、

 

茶色いおりものが出るのは

 

婦人科系の病気の兆候の場合もあるので、

 

心配になることがあります。

 

 

また妊娠ということも考えられます。

 

茶色いおりものの原因について考えてみましょう。

 

 

スポンサードリンク






茶色いおりものが出た時、中学生なら何が考えられる?

 

 

小学校の高学年から中学1,2年には、

 

初潮を迎えますが、

 

初潮(初経)は、

 

いきなり赤い経血だったりするわけではなく、

 

茶色い経血の場合があります。

 

初潮の約1年前くらいから

 

 

おりものが出るようになり、

 

もうすぐ初潮になる頃には

 

茶色いおりものが出たりします。

 

 

小学生や中学生だと心配になるかもしれません。

 

 

12歳くらいになったら、

 

親の方が

 

あらかじめ話をしておいたり、

 

生理のための

 

準備をしておく方がいいでしょう。

 

 

 

また中学生や高校生で生理不順だったり、

 

 

茶色いおりものが出たりすることがあっても、

 

 

 

思春期のころは

 

よくある事とも言えます。

 

中々生理が順調にならなくて、

 

そのまま大人になってしまうこともあります。

 

でも結婚して子供を産むと、

 

ようやく生理不順が治るという人もいます。

 

 

 

茶色いおりもの、生理がきそうでこないから?

 

 

 

何かの原因で、生理がきそうでこない時があります。

 

Advertisements

そういう時には、

 

茶色いおりものが出ることがあります。

 

子宮内膜というのは、

 

受精卵を迎えるために分厚くなり、

 

受精卵が来なかったら、

 

子宮内膜は剥がれ落ち、

 

 

それは経血と一緒に排出されます。

 

 

 

子宮内膜が厚くなったり

 

 

剥がれたりするのには、

 

女性ホルモンが関係しているのです。

 

 

女性ホルモンのバランスが悪く

 

卵子の成長が悪いと、

 

子宮内膜も厚くなりにくくなり、

 

 

その分、剥がれ落ちる量も少ないので、

 

 

経血も茶色っぽくなります。

 

 

 

 

この女性ホルモンのバランスが

 

 

崩れる原因は、

 

 

疲れやストレスのことが多いようです。

 

 

仕事が立て込んで疲れがたまり、

 

 

尚且つ強いストレスがかかったりしていると、

 

 

女性ホルモンのバランスが

 

崩れてしまうのです。

 

こういう時はゆっくり休んで

 

 

リラックスすると、

 

 

生理の始めの茶色い織物が、

 

段々通常の経血の色に

 

 

変わって行くと思います。

 

 

 

 

茶色いおりものがずっと続く時、どう考えたらいい?

 

 

 

前述したように、ホルモンバランスが崩れて

 

 

生理前に茶色いおりものが

 

 

出ることはよくあります。

 

 

でも、生理の時期でもなく、

 

ずっと茶色いおりものが続く場合は

 

 

ちょっと心配です。

 

 

Advertisements

子宮筋腫や

 

子宮頚管ポリープの

 

可能性があるかもしれません。

 

 

 

 

子宮筋腫や子宮頚管ポリープは、

 

 

良性の腫瘍なので

 

 

命にかかわるようなものではありません。

 

 

ですが子宮筋腫やポリープがあると、

 

 

その部分から少量の出血があった時に、

 

おりものに混ざるので、

 

 

茶色いおりものになることがあるのです。

 

 

 

 

子宮筋腫というのは、

 

子宮の壁に良性の腫瘍が出来る病気で、

 

女性の4人に1人は

 

出来ると言われています。

 

かなり大きくなってしまう人もいれば、

 

それ程大きくならない人もいますが、

 

不妊の原因にもなりますので

 

子供が欲しい場合は、

 

 

要注意の病気です。

 

 

 

一般的な症状は、

 

経血が多い、

 

強い生理痛、

 

経血が多い事から来る貧血、

 

また腫瘍が大きくなると

 

 

頻尿になったり便秘になったりします。

 

 

 

 

茶色いおりものがずっと続くなら、

 

一度産婦人科へ行って

 

診てもらった方がいいでしょう。

 

妊娠を望んでいる人なら、

 

早めに受診する必要があります。

 

 

 

茶色いおりものが出た時、妊娠初期ならどう考える?

 

 

妊娠初期には、茶色いおりものや

 

ピンクがかったおりものが出ることがあります。

 

 

これは着床出血なのです。

 

 

受精卵が子宮内膜に潜り込もうとした時に、

 

子宮内膜が傷ついて

 

多少の出血があったりします。

 

 

 

受精卵が子宮内膜に着床したということなので、

 

心配することはありません。

 

 

 

着床出血は妊娠した人の

 

約75パーセントは起こりません。

 

ですから

 

必ず起こることではないので、

 

身近に着床出血した人がいないと

 

不安を感じるかもしれません。

 

着床出血の場合の色は、

 

 

前述のように

 

茶色やピンクだったり、

 

又は鮮血だったりすることもあります。

 

 

 

日にちは2日から3日で、

 

 

量もそれ程多くありません。

 

 

 

なので量が段々増えて来たり、

 

 

3日以上たっても続くようなら、

 

 

産婦人科へ行って

 

 

診てもらった方がいいかもしれません。

 

 

 

茶色いおりものが出るのは、更年期の兆候?

 

 

 

女性も40代になると、

 

女性ホルモンの分泌が減って来ますので、

 

更年期の症状が

 

段々出て来るようになります。

 

その症状の1つとして、

 

 

茶色いおりものが出たりする事があります。

 

それはオリモノに血液が混ざっているのかもしれませんし、

 

 

膣炎を起こしているのかもしれません。

 

 

女性ホルモンのエストロゲンの分泌が

 

減っているために起こります。

 

 

 

不快な症状が色々続くようなら、

 

思い切って

 

産婦人科で診てもらいましょう。

 

検査の結果、

 

エストロゲンの分泌が減っているためなら、

 

 

ホルモンの補充療法をするようになります。

 

テキストのコピーはできません。