お金を郵送する方法、封筒、現金書留、小銭、郵送以外、郵便局、法律、バレる、犯罪、違法のケース

Advertisements
 





お金を送る方法を考えるときに、

 

多くの方が口座への振り込みを

 

 

思い浮かべるのではないでしょうか。

 

 

しかしお祝いの際など、

 

袋に入れてお金を郵送したいと

 

思うこともあるかもしれません。

 

 

今後起きるかもしれない

 

そういった場面に備えて、

 

お金を送る方法を覚えておきましょう。

 

 

Advertisements
 









そもそもお金は郵送できるのか

 

 

 

お金を郵送できるのか皆さんご存じですか?

 

 

先に答えを言ってしまうと、

 

残念ながら

 

普通郵便ではお金を郵送できません。

 

 

 

郵便には郵便法という法律があり、

 

 

お金や

 

貴重品を

 

普通郵便で送ってはいけないと

 

定められています。

 

 

 

 

 

お金自体は

 

価値を無視して考えれば

 

 

小さな紙の一種。

 

 

一般的な封筒にだって入ります。

 

 

でもそれは違法であって、

 

正規の手段ではないのです。

 

 

 

お金を普通郵便で送るとバレる?

 

 

 

 

ばれるかばれないかだけで言えば、

 

バレるかは

 

それは時と場合による、

 

としか言いようがありません。

 

 

 

郵送するときに見つからなければ、

 

 

そのまま発送されることもあるでしょう。

 

 

 

 

ただその送った郵便物が

 

もし郵便事故にあった場合、

 

 

中身は補償されません。

 

 

 

 

 

また郵便事故でのリスクや、

 

 

レターパック等で

 

 

現金を請求される詐欺などの

 

犯罪が増えていることもあって、

 

 

郵便局で必要に応じて

 

X線検査を行っています。

 

 

 

 

もしそこで

 

現金の封入が確認された場合には

 

 

 

差戻しまたは、

 

受取人か差出人が呼び出され

 

 

立ち合いの元で

 

 

中身の確認を行わなければなりません。

 

 

 

 

見つかったからといって

 

罰金を取られるようなこともないでしょう。

 

 

 

 

しかし、

 

上述のように

 

 

大切なお金がなくなってしまったり、

 

 

不要な手間が発生するなどの

 

トラブルが起きるかもしれません。

 

 

 

お金は普通郵便で送らない方が賢明といえます。

 

 

 

 

お金の正しい郵送の仕方

 

 

 

では郵送の仕方はどうすれば

 

お金を郵送することが出来るのでしょうか。

 

 

 

郵送とは郵便で送ること。

 

郵便には様々な種類があり、

 

 

 

 

現金を送る際には

 

それに適した手続きがあります。

 

 

 

 

 

それが現金書留です。

 

 

書留郵便とは

 

郵便物を窓口で

 

渡してから

 

 

配達までの経過を記録し、

 

 

受付時に付与された

 

追跡番号で

 

 

その配達状況を確認することが出来る

 

郵便物のことをいいます。

 

 

 

現金を送る方法では

 

お金を送る方法は

 

これ以外に認められていません。

 

 

 

郵送以外のクロネコヤマトの宅急便等の

 

宅配サービスもだめです。

 

 

 

現金書留には現金のみでなく、

 

 

ご祝儀・入学祝いを入れたのし袋や

 

 

お年玉を入れたポチ袋、

 

手紙等を同封することもできます。

 

 

 

また各書留郵便には補償額があり、

 

 

現金書留は

 

 

上限50万円までの

 

補償が設定されています。

 

 

 

 

大切なお金が

 

いまどこにあるのかわかる追跡サービスや、

 

 

万が一の補償。

 

 

現金書留を利用する意味を

 

ご納得いただけたかと思います。

 

 

 

現金書留の買い方と郵送する方法

 

 

 

郵送する方法では

 

現金書留を利用するには

 

専用の封筒が必要になります。

 

 

現金書留の買い方でありますが

 

 

郵便サービスの一部は

 

 

コンビニなどでも取り扱っているため、

 

専用封筒も

 

同様に購入可能と思われるかもしれませんが

 

 

コンビニでは購入できません。

 

 

郵便局の窓口のみでの取り扱いとなります。

 

 

 

専用封筒には

 

定形郵便と定形外郵便の

 

 

2種類がありますが

 

 

どちらも1枚21円で販売しています。

 

 

 

定形外の封筒は、

 

 

大きな祝儀袋も収まるサイズです。

 

 

 

 

必要事項を記入して

 

窓口から発送手続きをしましょう。

 

 

 

封筒の購入にあたっては

 

現金以外にも

 

未使用の切手やハガキを使うことが出来ますが、

 

 

交換手数料が発生しますのでご注意ください。

 

 

なお、かかる総額は

 

 

定形サイズ 専用封筒(21円)+郵便料金(84円)+現金書留代(435円) 合計 540円

定形外サイズ 専用封筒(21円)+定形外郵便料金(120円)+現金書留代(435円) 合計 576円

 

 

 

となっています。

 

 

定形外サイズの場合は

 

重さによって

 

金額が変わることを

 

覚えておきましょう。

 

 

 

現金書留は紙幣に限らず

 

小銭も送れますが、

 

 

海外の通貨は対象外となるので

 

一般書留での郵送になります。

 

 

 

ちなみにですが、

 

 

無料の宛名ラベルサービスの

 

ゆうパックプリントは

 

一般書留には利用できますが、

 

現金書留には利用できません。

 

 

 

現金と荷物を一緒に送る方法と現金書留

 

 

 

誰かに贈り物をする際に、

 

お金とプレゼントの両方を

 

一緒に送りたいと

 

 

考える方もいらっしゃると思います。

 

現金と荷物を一緒に送る方法にも

 

そんな方にも書留は対応していますよ。

 

 

 

通常通り荷物を作って

 

その中にお金を入れる。

 

 

封をするときに、

 

 

専用封筒のように

 

割印を3か所する。

 

 

 

そうして作った荷物を

 

郵便局の窓口へ持って行って、

 

現金書留郵便物として

 

 

受け付けてもらいましょう。

 

 

 

料金は定形外郵便料金+現金書留料金です。

 

 

 

定形外の規格については

 

 

郵便局のHPにイラスト付きの案内があるので、

 

そちらを参考に

 

していただくのがわかりやすいかと思います。

 

 

 

 

手続きや手数料等が発生すること、

 

補償が最大50万円までであることを考慮すると、

 

 

商取引等は

 

口座でのやり取りが

 

最も安全でコストも抑えられるとは思います。

 

 

一方で相手へ気持ちを伝える手紙を添えられたり、

 

 

プレゼントと一緒に送れる

 

メリットを考えると、

 

 

 

場合によっては

 

 

現金書留が

 

ベストの選択肢に

 

なることもありそうですよね。

 

 

みなさん自身が

 

最良と思われる選択をしていただければ、

 

と思います。

 

お金を郵送する現金書留についてご案内しました。

 

テキストのコピーはできません。