お金を貸してと言う人の心理ってどんなもの?縁を切るべき?うざい?

スポンサードリンク






簡単にお金を借りる人っているものですよね。

普通はそう簡単に「お金を貸して」とは、

 

中々言えないものです。

 

 

 

人にお金を借りるということに

 

抵抗がない人って、

 

 

一体どういう心理なんでしょうか。

 

 

 

そういう人の中には、

 

 

 

嘘をすぐつく人や

 

 

見え張りの人等が多いようです。

 

 

そういう人に

 

 

お金を貸してと頼まれる人の側にも

 

非があるのかもしれませんね。

 

 

 

平気でお金を借りる人とはどういう人かについて、

 

 

解説します。

 

 

 

スポンサードリンク






お金を貸してと言う人の心理・お金を平気で借りる人の特徴

 

 

 

◎嘘つきが多い・・

 

 

嘘をついてお金を借りる人は、

 

 

嘘をつく事に全く罪悪感がありません。

 

 

多分子供の時から

 

 

そのようにして

 

 

過ごして来たのかもしれません。

 

 

 

「急に子供が入院することになった」とか、

 

 

 

「家族が事故をおこしてしまい・・」とか、

 

 

 

ありとあらゆる嘘の理由を

 

言ってはお金を借ります。

 

 

しかも切羽詰まっているような

 

演技をしますし、

 

 

しつこい程に頼んで来るので

 

 

「うざい」

 

 

と思いながらも

 

 

貸してしまう人もいるでしょう。

 

 

 

でも後で

 

それが嘘だったという事は

 

 

遅かれ早かればれてしまうものです。

 

 

そういう人とは

 

 

早くに縁を切るべきでしょう。

 

 

 

 

 

◎見え張りである・・

 

 

お金を借りるのは、

 

 

もっぱらブランド品を買ったり、

 

 

賃貸料の高いマンションに住んだり、

 

 

Advertisements

高級レストランで

 

 

美味しいものを食べたりするため

 

 

という人がいます。

 

 

 

かなり見栄っ張りの人という事になります。

 

 

 

自分をセレブに見せたがる女性は、

 

 

ブランド品で身を包み、

 

 

高そうなアクセサリーを付けたがります。

 

 

他の女性から羨ましがられたいのです。

 

又自分を事業に成功している

 

Advertisements

お金持ちの男性に見せたい人もいます。

 

そうすると際限なくお金が必要になって来ます。

 

 

 

 

 

 

◎ギャンブルが好き・・

 

 

 

ギャンブル依存症になってしまっている人は、

 

 

お金を借りてでもギャンブルにのめり込みます。

 

 

そして一発当てれば、

 

 

借金を全部返せるはずだという夢を見ています。

 

 

 

ですが実際には

 

 

ギャンブルでお金を使い果たすだけで、

 

仕舞には自己破産という事になってしまいます。

 

 

 

 

 

 

◎お金を管理する能力がない・・

 

 

 

普通なら、

 

自分の収入と

 

 

使うお金のバランスを考えて

 

生活します。

 

 

ですが

 

 

お金を管理する能力に欠けていると、

 

 

 

お給料が入ると

 

 

欲しかったものをどんどん買ってしまい、

 

 

 

月末には赤字

 

 

という事の繰り返しになります。

 

 

 

その挙句、

 

人に金を貸してと言う事になります。

 

 

 

 

職場でお金を借りる人までいますが、

 

 

そういう人は

 

 

 

「先輩なら自分の事をよく分かってくれているから」

 

位の気持ちで

 

Advertisements

借りようとするのかもしれません。

 

 

 

でもこれは

 

 

かなりのリスクが伴う行為です。

 

 

 

会社中に、

 

 

「すぐ貸してという人」

 

 

という事で、

 

 

知れ渡ってしまうかもしれません。

 

 

 

 

お金を貸してと言う人の心理・どういう人はお金を貸すと分かるの?

 

 

 

お金を貸してと言う人って、

 

 

どういう人を狙っているのでしょうか。

 

逆にお金を貸してと言われる人って、

 

 

 

貸す人はどんなタイプの人なのでしょうか、

 

 

分析してみましょう。

 

 

 

 

まずお金を躊躇なく貸してしまう人は、

 

 

 

 

お金を貸すのを、

 

 

もし拒否したら嫌われるのではないかと

 

 

思ってしまうタイプかもしれません。

 

 

 

気が弱く

 

 

自分で物事を判断するのは

 

 

苦手でしょう。

 

 

 

 

ちょっと優柔不断の所もあるかもしれません。

 

 

 

そういう人はお金を借りたい人からすると、

 

 

 

「この人は簡単には断れない人だ」

 

 

 

と見破ってしまうでしょう。

 

 

 

 

ですが、お金を貸して欲しいと

 

言って来るのが

 

 

自分の彼女だったら、

 

 

 

又違うかもしれません。

 

 

 

彼女に嫌われたくない、

 

 

 

頼もしい人に思われたいという心理で、

 

 

貸してしまう事があります。

 

 

 

 

とは言え、

 

 

何度もお金を貸してという彼女なら、

 

 

思い切って

 

 

縁を切った方がいいでしょう。

 

 

お金にルーズな人は嘘をついたり、

 

 

 

だましたりする人が多いからです。

 

 

 

 

お金を貸してと言う人の心理・無償でお金を貸してくれる人を探す?

 

 

 

お金に困って色々な人からお金を借り、

 

 

もうどこからも貸してもらえない状況に

 

 

陥ってしまう人がいます。

 

 

 

そういう人がツイッターやネットで

 

 

 

「無償でお金を貸します」とか

 

 

「#お金貸します」

 

 

という掲示を見て、

 

 

 

連絡を取ってしまう事があります。

 

 

 

ですがそういう

 

 

 

「無償でお金を貸します」

 

 

という言葉を間に受けると、

 

 

大変なことになります。

 

 

 

無償でお金を貸してくれる人といった、

 

 

 

こういう掲示は

 

 

大体が闇金や詐欺だという事を

 

 

肝に銘じておいた方がいいでしょう。

 

 

 

 

お金欲しさに

 

 

つい連絡を取ってお金を借りてしまったら、

 

 

その利息は10日で5割というような

 

 

法外な金利だったりします。

 

 

そういう闇金から借りてしまったら、

 

 

借金は雪だるま式に増えてしまいます。

 

 

 

 

 

お金を貸してと言う人の心理・「お金を貸して」を別の言い方にする?

 

 

 

お金を貸してと言うのが

 

 

ちょっとストレート過ぎると思う人は、

 

 

 

違う言い方、

 

 

別の言い方にするかもしれません。

 

 

 

「貸して欲しい」ではなく

 

 

 

「用立てて欲しい」とか、

 

 

「立て替えて欲しい」

 

 

と言い換えるのです。

 

 

 

貸して欲しい、

 

 

よりは

 

 

少し柔らかめの感じになります。

 

 

 

又、お金を貸した側も

 

 

 

「貸したお金返して」

 

 

と言うよりは

 

 

 

「この間立て替えた分、いつ返してくれるの」

 

 

 

という感じに言った方が、

 

 

 

穏やかに聞こえます。

 

 

 

 

 

テキストのコピーはできません。