お布施の金額の相場、書き方、家族葬、納骨、四十九日、13回忌、お盆、浄土真宗、法要、葬儀や法事ごとの解説

スポンサードリンク






地域や宗教などによって異なりますが、葬儀の場合は20万円~50万円です。

通夜を行わない一日葬の場合は

 

15万円~25万円、

 

 

葬式を行わず火葬だけをする

 

直葬の場合は

 

515万円となっています。

 

 

 

お布施は読経や戒名に対する

 

お礼だと思われがちですが、

 

 

本来は僧侶を通じて

 

本尊にお供えをするものです。

 

 

 

その為決まった金額はありませんが、

 

お寺や僧侶との付き合いは

 

長期間続くので、

 

 

お布施はお互いに

 

納得いく金額を渡したいものです。

 

 

そこで今回は

 

葬儀や法事ごとのお布施の相場

 

葬儀での宗派のお布施の相場

 

・ 書き方、お布施の表記マナーについて

 

・よくある質問、お布施のダメな金額など

 

・お布施の記入

 

について紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク






葬儀や法事ごとのお布施の相場

 

 

 

僧侶にお布施を渡すのは葬儀の時だけではなく、

 

初七日以降の法事や納骨など

 

故人の弔う儀式ごとにお布施を渡します。

 

 

ここでは、お布施の金額について紹介します。

 

 

 

 

1.葬儀のお布施

 

 

葬儀のお布施の相場は「20万円~50万円」です。

 

 

地域によって違いますが、

 

読経料と戒名料が含まれるので、

 

 

葬儀のお布施は

 

法要に比べて

 

高額となります。

 

 

 

 

複数の僧侶にお願いする

 

大きな葬儀では

 

多くのお布施を包みます。

 

 

 

 

戒名は一般的に、

 

生前の社会的地位や

 

お寺への貢献度などを

 

考慮して

 

 

いくつかの位に分けられます。

 

 

 

本来は

 

 

お布施の金額で

 

位が決まるわけではないですが、

 

 

 

金額でランク付けされているのが現状です。

 

 

 

 

位の高い戒名であれば、

 

戒名料だけで

 

100万円を超える場合もあります。

 

 

 

 

 

2.初七日~四十九日法要(49日法要)のお布施

 

 

初七日~四十九日法要のお布施の相場は

 

35万円」です。

 

 

 

初七日~四十九日まで

 

七日ごとに法要を行いますが、

 

 

 

最近では告別式や火葬に続けて

 

初七日を繰り上げて行い、

 

 

その後は

 

四十九日法要だけを

 

行うところも多くなっています。

 

 

 

 

 

 

3.納骨式のお布施

 

 

 

納骨式のお布施は

 

15万円」です。

 

 

 

納骨式にはいつ行うかという

 

決まりはありませんが、

 

 

 

一般的にはお墓がある場合、

 

 

四十九日法要終わった後に行います。

 

 

 

新たにお墓を建てる場合は、

 

 

百箇日法要

 

一周忌の頃に納骨式を

 

行う事もあります。

 

 

 

 

 

 

4.お盆や彼岸などのお布施

 

 

 

お盆や彼岸

 

 

お盆や彼岸など故人を弔う法要は

 

納骨式が終わった後でも続きます

 

 

 

 

これらのお布施の相場は次の通りです。

 

 

 

・初盆のお布施:35万円

 

2回目以降のお盆の法要

 

・彼岸の法要(個別法用):35万円

 

・彼岸の法要(合同法要):3,000円~1万円

 

 

 

 

初盆の法要は親族を招いて

 

大きな式にすることが多く、

 

お盆のお布施の金額も多めになります。

 

 

 

 

※初盆とは、

 

四十九日法要を過ぎてから

 

初めて迎えるお盆のことで

 

「新盆」

 

とも言われます。

 

 

 

 

 

 

②年忌法要

 

 

一周忌法要は、亡くなった1年後の

 

祥月命日に行います。

 

 

 

その後は亡くなった2年後に行う

 

 

 

三回忌(3回忌)、七回忌(7回忌)、

Advertisements

十三回忌(13回忌)、十七回忌(17回忌)、

二十三回忌(23回忌)、三十三回忌(33回忌)

 

 

 

続いていきます。

 

 

三十三回忌で弔い上げとすることが多いですが、

 

 

中には五十回忌(50回忌)まで

 

行う事もあります。

 

 

 

 

 

年忌法要のお布施は次の通りです。

 

 

・一周忌法要:35万円

 

・三回忌以降の法要:15万円

 

・月参り:3,000円~一万円

 

・祥月命日の法要:5,000円~1万円

 

 

 

 

葬儀での宗派のお布施の相場

 

 

 

 

1.葬儀での宗派のお布施相場

 

 

 

宗派によってお布施の相場が違います。

 

宗派ごとのお布施の相場を紹介します。

 

 

 

宗派

お布施金額(相場)

曹洞宗 30万円~100万円
真言宗 50万円~70万円
日蓮宗 50万円前後
臨済宗 30万円~50万円
天台宗 40万円~70万円
浄土真宗 10万円~30万円
浄土宗 10万円~30万円
真宗大谷派 5万円~30万円

 

 

 

 

 

2.その他のお布施について

 

 

 

・永代供養

 

 

永代供養でのお布施の相場は

 

35万円」です。

 

 

 

永代供養でも

 

納骨をする時は

 

Advertisements

通常の納骨と変わらず

 

お坊さんに読経をしてもらいます。

 

 

読経が終わったらお布施を渡します。

 

 

 

 

・水子供養

 

 

水子供養でのお布施の相場は

 

13万円」です。

 

 

 

水子供養にも

 

火葬場でお経をあげる場合や

 

自宅での読経など

 

様々な形があり、

 

 

ケースや地域によって

 

 

お布施の目安が変わります。

 

 

 

 

・報恩講

 

 

 

 

仏教諸宗派で

 

それぞれの祖師の恩に報いるために

 

忌日に毎年行う法要のことです。

 

 

「お取り越し」とも

 

言います。

 

 

 

報恩講のお布施の相場は

 

3,000円~5,000円」です。

 

 

 

 

 

・家族葬

 

 

家族葬でのお布施の相場は

 

「約47万円」です。

 

 

 

戒名料のランクや

 

地域のおける金額の差があります。

 

 

 

 

 

・月命日

 

 

 

月命のお布施の相場は

 

3,000円~10,000円」です。

 

 

 

月命日とは遺族が故人を思い出し、

 

偲ぶことで

 

供養を行う日のことです。

 

 

 

 

 

・月参り

 

 

月参りのお布施の相場は

 

1,000円~3,000円」です。

 

 

 

毎月やってくるので

 

 

高額な金を包む必要はありません。

 

 

 

※月参り:

 

故人の月々の命日に

 

お寺などからお坊さんに来てもらい、

 

家族で供養を行う事です。

 

 

 

 

 

 

・魂入れと魂抜き

 

 

<魂入れ>

 

 

仏壇を新しく購入した時や

 

買い替えた時に行いますが、

 

この時のお布施は

 

10,000円~30,000円」です。

 

 

 

ただし法要と同時に行う場合の

 

お布施は

 

30,000円~50,000円」となります。

 

 

 

 

 

 

<魂抜き>

 

 

 

 

魂抜きの儀式の時に

 

お坊さんに渡すお布施は

 

 

10,000円~30,000円」です。

 

 

 

 

注意しないといけないのは、

 

 

4」という数字は

 

好まれないので

 

 

避けるようにしましょう。

 

 

 

 

 

魂抜きとは、

 

 

お坊さんにお経をあげてもらい、

 

 

 

仏壇やお墓に宿った

 

魂を抜くための供養です。

 

 

 

 

 

「開眼供養」

 

と呼ぶところもあります。

 

 

 

 

Advertisements

この様にお布施には

 

色々な種類があり、

 

 

金額も様々です。

 

 

特に金額の指定はありませんが、

 

 

 

分からない時は

 

 

相場の金額を包むと良いでしょう。

 

 

 

書き方、お布施の表記マナーについて

 

 

 

1.お布施を書く時のマナー

 

 

 

お寺さんへのお布施を書く時には

 

表記マナーがあります。

 

 

 

 

 

ここでは、

 

 

お寺へのお布施の表書きの

 

表記マナーの注意点を

 

 

3つ紹介します。

 

 

 

 

 

①表は「御布施」、黒墨で書く

 

 

 

お香典を書く時は

 

 

「薄墨」ですが、

 

 

お布施を書くときには

 

「黒墨」

 

 

で表書きを書いてください。

 

 

 

 

 

【お布施の書き方マナー】

 

 

 

◎表面の上部に「御布施」と書きましょう。

 

 

 

 

自分の名前を下部に

 

記入する場合もあります。

 

 

 

※お布施は「白い封筒」

 

または「黄色い紙が付いた封筒」、

 

「水引が付いた封筒」

 

 

を準備します。

 

 

 

 

 

お布施の金額が1万円以内の時は、

 

水引なしのものを使用して下さい。

 

 

 

 

 

白い封筒(水引なし)

黄色い紙が付いた封筒

水引が付いた封筒

 

 

 

 

 

 

②裏には住所、金額まで書くと親切

 

 

 

表書きに

 

「お布施」と「氏名」を書いたら、

 

 

裏には

 

「連絡先を右下」と

 

「金額」を記入します。

 

 

 

 

お布施は仏教修行の一環なので、

 

 

金額は重要ではないとされてきましたが、

 

 

現代ではお坊さんの

 

 

読経供養のお礼の意味が強く、

 

 

 

派遣のお坊さんが増えてきています。

 

 

そのため

 

 

金額を記入した方が親切」

 

 

 

という考え方が

 

 

主流となってきています。

 

 

 

 

書かなくても問題ありませんが、

 

 

 

裏面に金額を書いてあげるようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

③金額を書く時は、漢数字の漢字で書く

 

 

 

 

お香典やお祝儀もそうですが、

 

 

金額の書き方は

 

旧字の

 

漢数字を利用してください。

 

 

 

 

 

<例>

 

 

 

漢数字

旧漢数字

漢数字

旧漢数字

漢数字

旧漢数字

 

 

 

 

 

※金額の前には「金」、後には「圓也」をいれます。

 

 

例えば、

 

3万円包む場合は

 

「金 参萬圓也」と書きます。

 

 

 

 

※お布施の表書きは、縦書きです。

 

横書きでは書かないようにしましょう。

 

 

 

上記の3つのマナーは

 

是非覚えておいて下さい。

 

 

 

 

 

 

2.金額の入れ方のマナー

 

 

お布施の中の紙幣を包むときに

 

守らないといけないマナーが

 

2つあります。

 

 

 

 

 

①紙幣の表側が中包みで上包みの表側に来るようにする

 

 

※お札の表側は、

 

肖像画が描かれている方になります。

 

 

 

 

 

お布施はお寺やお坊さんへの

 

感謝の意を示すもので、

 

香典(不祝儀袋)と同じ包み方をすると

 

 

失礼にあたります。

 

 

 

 

 

②紙幣の向きを揃えて開封時に肖像画が見える様に入れる

 

 

 

肖像画が描かれている面を表にしても、

 

 

紙幣の向きや角が揃っていないと

 

丁寧さに欠ける印象を持たれます。

 

 

 

 

 

全ての紙幣の向きを揃え、

 

 

包を開封した時に肖像画が見えるようにし、

 

包の上側に来る様に入れましょう。

 

 

 

 

お布施に入れる紙幣は、

 

「新札や使用感の無いお札」を使用します。

 

 

 

地域によっては、

 

 

新札を使用しない場合があるので

 

 

親族などによく相談して

 

地域のマナーを守りましょう。

 

 

 

 

 

 

3.お布施を渡すときのマナー

 

 

 

お布施のマナーを守って準備しても、

 

渡し方に不備があれば

 

意味がありません。

 

 

 

 

お布施を渡すときの

 

2つのマナーを紹介します。

 

 

 

 

 

①お坊さんに手渡ししない

 

 

 

奉書紙などに包んだお布施を

 

お坊さんに、

 

そのまま手渡しすることは

 

マナー違反です。

 

 

 

 

袱紗の上に重ねたり、

 

 

「切手盆」と呼ばれる

 

小さなお盆に押せたりし、

 

 

お坊さんに渡しましょう。

 

 

 

 

 

袱紗に包むときは暗い色を選ぶ

 

 

 

袱紗に包むときは、

 

 

紺色や深緑色など暗い色を選びましょう。

 

 

紫色の袱紗は

 

弔事などでも使うことが出来るので、

 

持っていれば便利です。

 

 

 

 

お布施を渡すときのタイミングは

 

「読経の終了後」

 

が良いでしょう。

 

 

 

 

よくある質問、お布施のダメな金額など

 

 

 

ここでは、よくある質問を紹介します。

 

 

①お布施にダメな金額はあるの?

 

 

【回答】

 

 

特に金額の指定はありませんが、

 

結論から言えばダメな金額はありません。

 

 

 

4」や「9」が付く

 

一般的な不吉な数字や

 

偶数でもマナー違反にはなりません。

 

 

 

中途半端な金額にならないように

 

注意しましょう。

 

 

 

 

 

②満中陰とは何ですか?

 

 

【回答】

 

 

満中陰とは四十九日を表す言葉です。

 

 

 

四十九日が明ける前に

 

 

「満中陰志」として

 

お返しを送ることも出来ません。

 

 

また一周忌や三回忌など、

 

 

 

 

四十九日法要以外の

 

法事の香典返しを

 

 

「満中陰志」

 

と呼ぶことが出来ないので

 

注意しましょう。

 

 

 

 

 

※満中陰志:

 

四十九日法要を済ませた後、

 

通夜や葬儀などに際して

 

ご慶弔を頂いた方への

 

香典返しのことです。

 

 

 

 

 

③お布施の金額書く?

 

 

【回答】

 

 

お布施の金額は書くのかという質問が多いですが、

 

一般的には金額は書きます。

 

 

これは地域によって

 

 

異なります。

 

 

地域や宗派によっては

 

書かない場合もあります。

 

 

 

 

書く時の注意点は、

 

 

裏書に改ざん防止の為に

 

 

「旧漢数字」で書きます。

 

 

 

 

裏面の中央より少し右側に

 

 

金額を大きく記載し、

 

 

左側に住所と氏名を書きます。

 

 

 

 

 

④お布施の聞き方は誰に聞くの?

 

 

【回答】

 

 

お布施を渡すタイミングや金額を聞く時は、

 

 

親族や喪主に聞くのは

 

大変失礼です。

 

 

 

この様に分からないことがあれば、

 

 

葬儀会社のスタッフに

 

聞いてみると良いでしょう。

 

 

聞き方にも注意しましょう。

 

 

 

 

お布施の記入

 

 

 

お布施の金額の相場やマナーは

 

地域や宗派によって違います。

 

 

 

特にマナーについては、

 

 

お布施の書き方やお金の入れ方が

 

重要となって来ます。

 

 

金額を記入する時には

 

 

 

「旧漢数字」、

 

 

入れ方は

 

「お金の向き」

 

 

に注意しましょう。

 

 

 

 

時々見かける

 

托鉢(たくはつ)をする姿。

 

 

お布施をする方もいるでしょう。

 

 

 

お布施について分からなかったり、

 

になる様なことがあれば、

 

今回の記事を参考にしてみて下さい。

 

 

今回は、お布施の相場や

 

マナーについて紹介しました。

 

テキストのコピーはできません。