喉の奥に赤いブツブツ・斑点。子供は?できものでやること

スポンサードリンク






喉の奥が赤くなりかなり痛みもある、

という事は誰もが経験のある事かもしれません。

 

大体が風邪をひいて、

それで扁桃腺が赤くなり

 

痛くなったりしますね。

 

 

でも喉が赤くなったり、

 

ブツブツが出来たりする原因は

 

 

風邪だけではありません。

 

ぶつぶつでは

 

色々な原因が考えられますし、

 

中には命にかかわる病気もあります。

 

 

喉の病気って、

 

どのようなものがあるのでしょうか。

 

 

 

スポンサードリンク






喉の奥、赤く腫れる場合

 

 

 

*急性咽頭炎

 

細菌やウイルスに感染して、

 

喉が赤く腫れて

 

炎症を起こす病気です。

 

喉に違和感があり、

 

唾を飲み込んでも痛く感じ、

 

高熱が出て、

 

関節痛が起きることもあります。

 

 

 

*急性扁桃炎

 

喉の奥にある扁桃が、

レンサ球菌、

 

ブドウ球菌等に感染して

 

炎症を起こす病気です。

 

扁桃が赤く腫れて

 

強い痛みがあり、

 

膿を持つこともあり、

 

高熱も伴います。

 

何度も扁桃炎を繰り返す場合は、

 

手術で扁桃を

 

切除することもあります。

 

 

*慢性扁桃炎

 

急性扁桃炎と同じで、

 

細菌によって引き起こされます。

普段は症状があまり出ず、

 

軽い喉の違和感くらいですが、

 

扁桃の表面に

 

白いブツブツが付くこともあります。

 

 

 

喉の奥、できものがある場合

 

 

一般にできものと言われるものは、

 

医学的には腫瘍と呼ばれます。

 

腫瘍は体のどこにでも出来ますが、

 

もちろん喉にも出来ますし、

 

良性腫瘍と悪性腫瘍に分けられます。

 

 

Advertisements

*喉の奥に出来る良性腫瘍

 

◎声帯ポリープ・・

 

一般的に知られているので、

 

この病名は以前にも

 

聞いた事があるかもしれません。

 

喉を酷使したりすると

 

よくなる病気で、

 

片側の声帯に

 

ポリープが出来てしまうのです。

 

最初は喉の奥に違和感を感じ、

 

声がかすれて来て、

 

Advertisements

つばを飲み込む時にも

 

痛いと感じるようになります。

 

大きな声を出さないようにして

 

安静にしていると、

 

自然に治る場合もあります。

 

 

 

◎乳頭腫・・

 

ウイルス感染で引き起こされる病気です

 

痛くないので痛みは特にありません。

 

通常は白くて膨らんでおり、

 

声がかれたり、

 

喉に違和感があるようになります。

 

良性腫瘍なのですが

 

後にガンになる可能性もあるので、

 

大体は外科的に

 

切除することになります。

 

 

 

*喉の奥に出来る悪性腫瘍

 

 

◎咽頭がん・・

 

上咽頭がん、中咽頭がん、下咽頭がん

 

の3つに分かれますが、

 

日本では

 

下咽頭がんが最も多く、

 

中咽頭がんも

 

増えて来ています。

 

原因はタバコやお酒だと言われています。

 

飲み込む時に違和感を感じるようになり、

 

痛みもかなりあります。

 

 

 

喉の奥や舌の奥に赤いブツブツが出来ている

 

 

*溶連菌

 

喉の奥に赤い斑点のようなブツブツが出来て、

 

38度以上の熱が出るのは、

 

溶連菌の感染から

 

来るものかもしれません。

 

子供がかかることが多いですが、

 

Advertisements

もちろん大人もかかります。

 

喉の粘膜に溶連菌が入り込んで起こり、

 

普通の風邪の喉の痛みより

 

強い痛みがあります。

 

特に大人がかかると

 

喉の痛みだけでなく、

 

強い頭痛、

 

関節痛等、

 

症状がインフルエンザに似ています。

 

ですが咳や鼻水が出ないという

 

特徴もあります。

 

喉だけでなく

 

舌にもイチゴに似た

 

赤い斑点が出たりすることもあります。

 

この溶連菌は感染しますので、

 

自分が溶連菌にかかったら

 

他の人にうつさないように

 

気を付ける必要があります。

 

 

 

 

 

 

*アフタ性口内炎

 

代表的な口内炎で、

 

口の中に傷が出来たり、

 

体調が良くない時に起こりやすい病気です。

潰瘍自体は1ミリから2ミリの

 

丸い点々とした形で、

 

表面は白っぽい色をしていて、

 

周りは赤くなっています。

 

何かがちょっと触れただけでも

 

かなりの痛みが走ります。

 

特に治療をしないでも、

 

1週間から2週間で

 

自然と治ることが多いです。

 

 

 

 

 

*ウイルス性口内炎

 

 

ヘルペス等のウイルスで感染するもので、

 

舌に水ぶくれが出来、

 

かなりの痛みが伴います。

熱も38度以上出ることが多く、

 

リンパ腺も腫れたり発疹が出来ます。

 

 

 

 

喉の奥、子供がかかりやすい病気

 

 

 

*ヘルパンギーナ

 

子供が夏にかかりやすい病気で、

 

ウイルスによる感染で起こります。

 

喉に水ぶくれが出来、

 

発熱しますが、

 

現在のところ治療薬はありません。

 

安静にしていれば

 

自然に治ってしまいます。

 

 

 

 

 

*手足口病

 

子供がかかる夏風邪の1つで、

 

風邪の症状もありますが、

 

手の平や足の裏、

 

口の中に水ぶくれが表れます。

 

口の中に出来る水ぶくれは、

 

かなりの痛みが伴うので

 

飲食が出来なくなることもあります。

 

ですが個人差もあり、

 

痛みをあまり感じない子どももいるようです。

 

 

 

*川崎病

 

5歳未満の男の子に多い病気で、

 

全身の血管炎です。

喉や舌が赤くなり痛みも伴い、

 

発熱、手足のむくみ等が起こります。

 

現代でも原因が判明していない、

 

難しい病気です。

 

 

 

 

 

 

喉の奥の扁桃に出来る臭い玉

 

 

喉の奥の扁桃腺の小さな窪みに出来るのが臭い玉で、

 

正式には膿栓と言います。

 

扁桃腺は

 

体内へ細菌やウイルスを入れないようにする

 

役目があります。

 

その扁桃腺には凸凹した窪みが多くあり、

 

その窪みに細菌やウイルスの死骸や、

 

 

食べ物のカスが溜まって、

 

白っぽい丸い塊になります。

 

 

 

 

丸い塊なので

 

玉というのですが、

 

かなりの悪臭を発するので

 

臭い玉と言われるのです。

 

 

臭い玉は自分で取りたいと思っても

 

 

中々取れるものではありません。

 

無理やり取ろうとすると

 

扁桃を傷つけてしまい、

 

扁桃炎になったりしてしまいます。

 

目で見えるようであれば、

 

綿棒で臭い玉のある

 

窪みの下を軽く押すと、

 

ポロっととれることがあります。

 

どうしても取れない時は

 

耳鼻科に行く方がいいでしょう。

 

鼻からのファイバースコープ検査や

 

X線検査があります。

 

 

 

テキストのコピーはできません。