妊娠検査薬。確率、間違いある使用など使い方など

Advertisements
 





妊活中の人もそうでない人も、妊娠の可能性があると

医師の診察前に自分で確認したくなりますね。

妊娠検査薬がいつから使えるのか、

 

陽性反応や陰性反応の判定が正しい確率は

どれくらいなのでしょうか、

 

気になる所です。

 

一般的に使われるのは。

 

尿検査よって判定する検査キットが多いです。

 

キャップの付いたステックタイプが

 

日本では多く、

 

海外の製品では試験紙タイプもあり、

 

ネット通販で購入する人も増えています。

 

今回は、妊娠検査薬の仕組みや使い方、

 

判定方法など詳しく紹介していきます。

 

 

Advertisements
 





妊娠検査薬の間違いの前に

 

 

妊娠検査薬を使うとどの様にして

妊娠が分かるのでしょうか。

 

 

 

<妊娠すると妊娠ホルモン(HCG)が分泌>

 

女性の体は妊娠すると、

おなかの赤ちゃんを育てようとする

 

機能が働きだします。

 

その変化の一つとして

 

 

HCG(ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン)という

 

ホルモンが、

 

 

胎盤で作られ始めます。

 

このHCGは、

 

 

受精卵が支給の壁の中に取り込まれ

 

現象の着床してから初めて体内で作られ、

 

 

生理予定日(妊娠4週目)頃から尿の中に出てきます。

 

 

更にHCGは、

 

 

妊娠23か月くらいにかけてたくさん作られ、

 

 

出産するまで出続け、

 

 

妊娠の状態を維持しています。

 

 

普通は、妊娠していなければ、

 

 

HCGは尿の中に出てきません。

 

 

 

 

 

<妊娠を早く知ることが大切>

 

 

 

妊娠している場合、

 

 

生理予定日頃は既に妊娠4週目にあたり、

 

この頃から妊娠15週目頃まで

 

の妊娠初期は、

 

 

胎児の脳や心臓などの

 

色々な主要器官が出来始める重要な時期です。

 

 

胎児が外からの影響を受けやすい

 

時期なので注意が必要です。

 

 

その事から、

 

 

妊娠しているか出来るだけ早く知り、

 

 

栄養摂取や薬の服用に

 

十分に気を付けると同時に、

 

 

飲酒や喫煙、

 

感染症や

 

レントゲンなどを避けることが必要です。

 

 

児の健全な発育と

 

 

母体の健康にとって、

 

 

とても大切なことです。

 

 

 

妊娠検査薬の使い方。間違いないように。

 

 

妊娠検査薬は、以下のような使い方で使用します。

 

 

 

包装紙から出してキャップを外し、

 

検査部分に直接尿をかけるか、

 

コップなどに尿を入れ検査部分を浸します。

 

 

 

再びキャップをして平らな場所に静かに置き、

 

検査終了まで待ちます。

 

※検査終了時間は、

 

検査薬ごとに違うので

 

使用説明者を確認しましょう。

 

 

 

判定時間になったら、

 

検査終了のラインが出ているか確認します。

 

 

※終了ラインが出ていない場合は、

 

尿の量が不足しているなどの

 

操作ミスです。

 

新しい検査キットで

 

やり直す必要があります。

 

 

 

使用説明書に従って

 

判定窓を見て陽性反応を確認します。

 

赤などのラインを見て確認すると

+」マークや

 

Pregnant」など

 

表示されるタイプがあります。

 

 

※尿を掛けた瞬間に、

 

一時的に現れて

 

すぐに消える線や

 

指定時間を大幅に

 

過ぎてから出てくる線は

 

判定とは関係ありません。

 

淡い色でも説明書に書かれている

 

色が出たら陽性と判断します。

 

 

妊娠検査薬葉を使用する時は、

 

説明書をよく読み、

 

間違いない使い方をしましょう。

 

 

 

 

妊娠の判定。陰性か陽性。

 

 

妊娠検査薬の判定を間違えると、

 

陽性が出ているのに妊娠してなかったり、

 

 

陰性でも妊娠したりと

 

夫婦間の予定や計画が変わってきます。

 

 

ここでは妊娠検査薬を使った

 

見分け方について紹介します。

 

 

 

<陽性の場合>

 

 

正しい検査キットの使い方をした場合です。

 

尿を付けた直後や

 

長時間の放置時間では、

 

正しい判定が出来ないので注意しましょう。

 

 

 

<陰性の場合>

 

下の写真の様にラインがないと陰性です。

 

正しい検査キットの使い方をした場合です。

 

尿の量が少なかったり、

 

 

長時間の放置時間では、

 

 

正しい判定が出来ないので注意しましょう。

 

 

 

 

検査ミスの場合は、

 

同じ検査キットは使えません。

 

 

新しい検査キットで再度行いましょう。

 

 

 

 

<妊娠検査薬の注意点>

 

 

・使用時期よりも早い「フライング検査」をすると

 

正しい結果が表示されず、

 

 

本当は陽性であっても

 

陰性表示となる可能性があります。

 

 

 

 

・不妊治療をしていて、

 

HCGホルモンを含む

 

 

排卵誘発剤を服用している方は、

 

妊娠していなくても陽性が

 

出る可能性があります。

 

 

 

 

・妊娠検査薬を使うタイミングが早すぎる場合や

 

飲み物とたくさん飲んで

 

尿が薄くなっている場合は、

 

妊娠していても

 

陰性になる可能性があります。

 

 

・双子などを多胎児を妊娠している場合、

 

 

HCGの分泌量が多量となり、

 

陰性と表示されることがあります。

表示した場合でも

 

体の様子がいつもと違うなどの

 

違和感がある時は

 

速やかに受診しましょう。

 

 

 

 

 

・妊娠検査薬が陰性なのに生理が来ない時は、

 

検査薬の使い方が

 

間違いの可能性があります。

 

いずれにしても、

 

一度病院で

 

受診する様にしましょう。

 

 

 

妊娠検査薬の間違いの可能性。確率。

 

 

 

<検査キットの信用性>

 

 

妊娠検査薬の精度は、

 

正しい時期に使用することで99%という

 

高確率で信憑性があると言われています。

 

 

ただし、妊娠検査薬が陽性でも

 

 

正常妊娠とは限りません。

 

 

陽性表示されたら

 

 

早めに病院などで

 

受診しましょう。

 

 

 

 

<正常妊娠以外で陽性になる場合>

 

 

・直近で排卵誘発剤を使用

 

・子宮外妊娠(異所性妊娠)

 

・胞状奇胎

 

HCG産生腫瘍

 

・閉経期

 

 

 

妊娠検査薬の間違いある使い方に注意。

 

 

 

妊活中の人もそうでない人も、

 

妊娠の可能性があると

 

医師の診察前に自分で確認したくなります。

 

 

 

 

自分で妊娠の検査をする時は、

 

 

妊娠検査薬の検査キットを使用し行いますが、

 

その前に検査キットの仕組みを

 

知っておいた方が良いでしょう。

 

 

ここでの目的は妊娠を早く知ることです。

 

早く知ることで、

 

栄養摂取や

 

薬の服用に十分に気を付けると同時に、

 

飲酒や喫煙、

 

感染症やレントゲンなどを避けることができます。

 

使い方は先程説明しましたが、

 

 

使用説明書の通りに行い、

 

 

間違いない使い方をしましょう。

 

検査キットの陽性や陰性の判定の仕方ですが、

 

先程の写真の様に

 

 

検査キットにラインが出ていれば陽性、

 

 

ラインが出ていなければ陰性です。

 

 

これは検査キットを間違いない使い方の場合です。

 

 

間違いはあると

 

陽性なのに陰性表示したり、

 

陰性なのに陽性表示したり

 

間違いある表示となります。

 

注意しましょう。

 

この検査キットの信憑性は、

 

 

間違いない使い方をすれば99%という

 

高確率で信用できます。

 

 

ただし、

 

妊娠検査薬が陽性でも正常妊娠とは限りません。

 

陽性表示されたら早めに

 

病院などで受診しましょう。

 

この様に妊娠検査薬を使うことで早めに

 

妊娠しているか判定できます。

 

妊娠判定の信用できる確率も高く、

 

信憑性があります。

 

間違いない使い方をして

 

早めに妊娠しているか確認しましょう。

 

 

胎児の健全な発育と

 

母体の健康にとって、

 

とても大切なことです。

 

テキストのコピーはできません。