妊娠五週目で胎嚢が見えない場合に考えられること

スポンサードリンク






妊娠初期に子宮の中の赤ちゃんは、

胎嚢と呼ばれる袋が形成されます。

超音波検査では妊娠の週数が

進むにつれて

赤ちゃんを包み込む胎嚢や

 

赤ちゃんの元になる

 

胎芽や心拍の

確認が出来る様になります。

 

では妊娠五週目ではどうでしょうか。

 

胎嚢が見えないのでしょうか。

 

妊娠五週目は、妊娠していなければ

 

生理開始予定日から1週間が過ぎたころです。

 

この頃になると生理が無い為、

 

妊娠と気付く人が増えてきます。

 

つわりなどの症状も出る人もいますが、

 

特に体調に

変化のない人もいて

妊娠の実感が薄い方も多いです。

 

今回は妊娠五週目で胎嚢が見えないのかや

 

胎児の発育や変化について紹介します。

妊娠五週目に見られる特徴も

紹介するので参考にして下さい。

 

 

スポンサードリンク






妊娠五週目の胎児の発育や変化

 

妊娠五週目になると胎児はどのような状態なのでしょうか。

 

胎嚢は見えるのでしょうか。

 

 

 

<母体>

 

妊娠2か月目となり、

 

受精から21~27日目に当たります。

 

 

 

<発育や変化>

 

・心臓に繋がる大動脈や肝臓の形成

 

心臓に繋がる大動脈が形成されるのが

 

妊娠五週目です。

 

血液を心臓から

 

胎内の全ての器官や組織へと

 

運んでくれる

 

大動脈は体の中で

 

一番大きい動脈です。

 

 

・様々な器官作り

 

腕や足のもとになる

 

突起状の物が出来てきます。

 

その他に胃や腸、

 

肝臓や膵臓などの

 

消化器系の臓器や

 

肺の原型、

 

へその緒も形成されだします。

 

 

・耳や目になるくぼみが出来る

 

妊娠五週目の赤ちゃんの顔には、

 

耳になる組織が出来てきて、

 

耳ができる場所にくぼみができてきます。

 

その他に、あごや頬や口、

 

舌や首や耳、

 

脳の神経も作られだします。

 

泌尿器系や生殖器系の溝や

 

器官などを作る

 

溝、肺の芽も現れてきます。

 

 

妊娠五週目で胎嚢は見える?

 

 

妊娠をしていれば、

 

妊娠五週目で妊娠検査薬を使えば

 

陽性と出てきます。

 

もし陽性ではない場合でも

 

排卵がいつもの周期より遅れ、

 

そこで妊娠している可能性があります。

 

 

 

◎ここで結論から言いますと、

妊娠五週目になると

 

個人差がありますが

 

超音波検査で胎嚢のみ見えてきます。

 

しかし赤ちゃん自体は見えません。

 

 

この時期に胎嚢が確認できれば

 

子宮外妊娠の心配がなく一安心

できるでしょう。

 

胎嚢の大きさは、

 

1㎝前後と小さいです。

 

音波画像では

 

白く縁どられたように

 

胎嚢のみ見えます。

 

 

 

◎胎嚢が確認できない原因

 

Advertisements

妊娠五週目で医師から

 

胎嚢が見えないと言われて

 

不安を感じた方もいると思います。

 

これには原因が

 

大きく分けて3つあります。

 

 

①受診が早すぎた

 

妊娠週に入ったばかりだと、

 

まだはっきりとは

 

見えないことが多くあります。

 

 

②排卵などの遅れで週数がずれている

 

これが最も多いケースで、

 

妊娠週数は、

 

最終月経開始日を基準にして

28日周期を基準に計算しています。

 

排卵が遅れたりした場合は、

 

実際の週数とはカウントがずれて、

 

早い周期で受診に行き

 

Advertisements

胎嚢が見えないという可能性があります。

 

 

③科学的流産

 

受精卵が着床したばかりの

 

早い段階での流産です。

 

妊娠ホルモンのHCGが出ているので

 

妊娠検査薬では陽性反応が出ますが、

 

胎嚢は確認されず

 

出血が始まります。

 

妊娠に気づいていないと

 

月経と思ってしまう事もあります。

 

 

 

※ごくまれなケースですが、

 

子宮の中ではない場所で

 

受精卵が着床してしまう

 

子宮外妊娠です。

 

これは、卵管に着床することが多く、

 

放置しておくと

 

卵管が破裂する恐れがあり

 

非常に危険です。

 

 

 

妊娠五週目で見られる特徴

 

 

妊娠していなければ妊娠五週目は、

 

生理開始予定日から1週間がたったころです。

 

生理が来なくて

 

妊娠に気づくのがこの頃です。

 

 

つわりなどの症状が現れる人もいますが

 

特に体調の変化がないという人もいます。

 

 

妊娠五週目で見られる特徴について紹介します。

 

 

<症状や変化>

 

 

①つわり

 

妊娠五週目~始まり、

 

12~16週目には自然におさまります。

 

症状には個人差があり、

 

全く何もない軽い症状の人がいれば、

 

何にも飲めなかったり

 

けなかったり

 

重い症状の人もいます。

 

この症状で

 

妊娠と気付き人が多いですが、

 

中には妊娠を考えてない人は、

 

つわりだと思わずに

 

違う病気と勘違いして

 

病院に行く方もいる様です。

 

 

②メンタル面

 

つわりの時期は

 

メンタル面にも変化が出てくることもあります。

 

例えば、普段何でもないことでも

悲しくなったり、

 

イライラしたりします。

 

これはホルモンの急激な変化により、

 

つわりによる体調の悪化に加えて

 

出産や将来の不安などが

重なっていることが

 

関係していると考えられています。

 

 

③便秘

 

 

妊娠中は、プロゲステロンという

 

女性ホルモンが多く分泌され、

 

出産までの間は

 

腸の運動が低下する為、

 

便秘になりやすくなります。

 

食物繊維や水分を

 

多く摂取して

 

対策することが大切です。

 

④おりものの変化

 

女性ホルモンのエストロゲンも増えてきます。

 

このエストロゲンは、

 

子宮頚管の粘液分泌を増やすので

 

妊娠すると

 

水っぽいおりものが多くなります。

 

 

 

 

<気を付けること>

 

①薬の服用

 

妊娠五週目は、

 

赤ちゃんの身体の基本が作られる

 

大切な時期です。

 

この時期に何らかの影響を受けると、

 

赤ちゃんに奇形を起こす作用が

 

表れやすくなります。

 

 

例えば一部の薬剤や放射線などです。

 

常用している薬がある人は、

 

医師に相談して

 

薬の調整をしてもらう必要があります。

 

ほとんどの薬は

 

多少のリスクがあっても

奇形や障害が起こるとは限りませんが

 

医師に相談すると

 

安心しての薬を飲むことが出来ます。

 

 

②葉酸を摂取

 

初期の胎芽の発達には

 

葉酸が不可欠です。

 

葉酸が不足すると

 

神経閉障害のリスクが高くなります。

 

食事以外でも

 

サプリなどで摂取するようにしましょう。

 

ただし葉酸は、

 

妊娠が分かってから摂取するのだは遅く、

 

妊娠の1か月前以上から摂取することが必要です。

 

 

またアルコールは

 

葉酸の吸収を妨げるので控える様にしましょう。

 

 

③子宮外妊娠の可能性

 

妊娠初期の諸症状で生理が来なかったり、

 

性器出血や

 

下腹部痛など現れたとしても、

 

正常な妊娠ではなく

 

子宮外妊娠の可能性もあります。

 

妊娠検査薬で陽性と

 

判定されても

 

子宮外妊娠の可能性があるので

 

注意が必要です。

 

 

④流産の多い時期

 

妊婦が自然流産する頻度は

 

10~15%と言われています。

 

その内の60から70%が

 

妊娠10週未満と言われています。

 

この時期の流産の原因は

 

染色体状によるもので、

 

妊婦さんがどのように過ごしても、

 

変えられない運命であることを

 

知っておく必要があります。

 

ので流産しても

 

妊婦さんの責任ではないので

 

自分を責める必要はありません。

 

 

この妊娠五週目は、

 

妊婦さんにとって

 

つらいと思う時期が

 

スタートしますが

 

辛さがずっと続くわけではありません。

 

無理をせず、

 

おおらかな気持ちで

 

楽しく妊娠生活を楽しみましょう。

 

 

 

体外受精について

 

 

ここで体外受精について紹介しておきます。

 

女性は年齢を重ねる毎に

 

赤ちゃんが出来にくいと言われています。

 

そこで体外受精で妊娠をしている方も

 

多いと言われます。

 

 

また妊娠しても嬉しさより

 

 

流産の不安がある方が多いようです。

 

体外受精を早期に成功させるために

 

自分でできることを紹介します。

 

 

 

質の良い卵子が摂れなければ

 

体外受精の器官が長引くと

 

同時に費用も掛かります。

 

体外受精を早期に成功させる

 

ポイントは

 

「ミトコンドリアの若戻化ATPの活性化」です。

 

いかに質の良い卵子と質の良い精子を

 

自分で育てることが出来るかにかかってきます。

 

 

 

<若戻化ATPとは>

 

若戻化ATPは、ミトコンドリアが産生する

 

細胞新生で細胞分裂を

 

促進するための若化エネルギーです。

 

 

 

<若戻化ATPの活性化>

 

ミトコンドリア若戻化ATPの活性化を促すことで

 

卵子や精子の機能回復を

 

目指すサプリメント成分が

イースタティックミネラルES-27です。

 

質の低下した

 

卵子や精子の

 

ミトコンドリアにエネルギーを与え

 

若戻化ATPを活性化や

 

ミトコンドリアの活発な分裂や増加を促します。

 

活発な分裂や増加をはじめた

 

ミトコンドリアの若戻化ATPは、

 

卵子や精子のエネルギー源となり、

 

卵子の質の向上や精子の運動力の向上を促します。

 

 

まとめ

 

 

妊娠五週目で胎嚢は見えるのかや

 

胎児の発育や変化について紹介してきました。

妊娠五週目で胎児の発育は、

 

色々なところが形成されてきます。

 

この頃になると胎嚢が見えてきます。

 

大きさは1㎝前後で赤ちゃん自体は見えません。

 

妊娠五週目になると母体に変化が現れてきます。

 

つわりやメンタル面などの

 

症状が出てきて辛い時期に入ります。

 

この辛い時期は、

 

ずっと続くわけではないので

 

無理をせず心身生活を楽しみましょう。

 

また気を付けておかなければいけないのが

 

薬の服用や葉酸の摂取です。

 

Advertisements

薬に関しては医師に相談するのが

良いでしょう。

 

葉酸に関しては

 

人してから摂取するのではおそく、

 

妊娠1か月前以上から摂取するようにしましょう。

 

体外受精については、

 

年齢を重ねる毎に女性は妊娠しにくくなるようです。

 

また妊娠しても嬉しさより

 

流産の不安の方が大きいという方もいるでしょう。

 

体外受精を早期に成功させるためには、

 

若戻化ATPの活性化する事をおススメします。

 

いかに質の良い卵子と質の良い精子を

 

自分で育てることが出来るかにかかってきます。

 

この様に妊娠五週目では、

 

赤ちゃん自体は見えませんが

 

 

胎嚢は超音波で確認する事が出来ます。

 

胎児の発育や変化、

 

母体の変化も、

 

この頃から始まります。

 

辛い時期ですが

 

無理をせずに妊娠生活を楽しみましょう。

 

 

コメント

  1. てま より:

    ありがとうございます

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました