人間関係が上手くいかない、人間関係がうまくいかない時期

職場学校などで人間関係が上手くいかないと

悩んでいる方も多いと思います。

 

人間関係がうまくいかない人には特徴があります。

 

また、その原因もあります。

 

職場や学校などシーンによっても、

Advertisements

 

上手くいかない原因が異なります。

 

人間関係がうまくいかない時期もあります。

 

 

では、どのような特徴や原因があるのでしょうか。

 

また改善方法、うまくいく方法はあるのでしょうか。

 

 

人間関係がうまくいかない人の特徴

 

 

 

人間関係が上手くいかない人には

 

特徴が4つあります。

 

 

 

 

自分に自信がない

 

 

 

人間関係の中で自分に自信がないと、

 

 

人間関係がうまくいかないとき、

 

 

いつも不安になってしまいます。

 

 

例えば

 

「こんなことをして人に嫌われないだろうか」

 

 

などと

 

いつも不安になって

 

人と関わることが

 

怖くなり、

 

臆病になってしまいます。

 

 

 

 

 

 

真面目すぎる

 

 

 

真面目という事は悪い事ではないですが、

 

完璧を求めてしまい

 

人間関係が苦しくなってしまいます。

 

 

 

自分にも他人にも

 

厳しいルールを作る傾向があり、

 

 

ちょっとしたミスで

 

イライラしたり、

 

Advertisements

ルールに沿わない言動をした

 

自分にもイライラしたりします。

 

 

 

ルールに縛られて柔軟な対応をすることが

 

苦手な人もいる様です。

 

 

 

 

自分の主張をいつも通そうとする

 

 

自己主張することは大切ですが、

 

時には他人を優先する事も大切です。

 

 

例えば家族関係において

 

奥さんは

 

「家族で出かけたい」

 

と言っているけど、

 

 

自分は家にいたい気分だとします。

 

 

 

この場合、

 

 

「自分は家にいたいから行かない」

 

と自分を優先すると

 

 

家族関係が上手くいかなくなります。

 

 

 

人は誰でも、

 

他人から自分を大切にしてもらいたい

 

気持ちがあります。

 

 

その為、

 

自分のことばかり考えて

 

他人のことを考えないと

 

人間関係が悪化していきます。

 

 

 

 

八方美人

 

 

気が合わない人でも、

 

表面上仲良くしてしまいます。

 

これは自然な事です。

 

 

しかし、

 

人からよく思われたい、

 

 

嫌われたくないという思いが強く、

 

 

誰に対しても

 

いい顔をすると

 

 

自分自身が疲れてしまいます。

 

 

場合によっては

 

 

「あの人は良い人だけど、誰でもいい顔をする」

 

 

という

 

印象を待たれてしまうことがあります。

 

 

八方美人は時には

 

裏目に出ることがあります。

 

 

 

人間関係が上手くいかない時の理由

 

 

 

人間関係が上手くいかないのは、

 

職場だけではありません。

 

 

学校や家族との関係でも

 

上手くいかない場合があります。

 

 

人間関係がうまくいかない時とはよくあることです。

 

 

ここでは、シーン別に

 

人間関係が上手くいかない原因を紹介します。

 

 

 

 

 

 

1.職場での人間関係

 

 

 

職場では、

 

上司や同僚、

 

後輩など

 

 

Advertisements

様々な人間関係を

 

築かなければいけません。

 

 

 

例えば、

 

 

上司に好かれようと

 

上司にいい顔するけど、

 

 

同僚とも仲良くしたいので

 

 

同僚の前では

 

上司の文句を言うなど、

 

 

どちらにもいい顔をして

 

 

人間関係が悪くなることがあります。

 

 

また、その逆の場合もあります。

 

 

 

誰にでもいい顔をすると、

 

他人からの信頼を失い、

 

距離を置かれてしまう

 

可能性があります。

 

 

 

 

 

2.学校での人間関係

 

 

学校での人間関係は、

 

主に友達となります。

 

Advertisements

この友達関係は

 

学校生活を大きく左右します。

 

 

 

例えば、

 

 

グループ活動の中で

 

自分の考えややり方が違う人がいる場合、

 

 

イライラした態度で

 

接してしまうことがあります。

 

 

学校生活の中で、

 

グループ活動などで

 

イライラした態度をしてしまうと、

 

それ以降関係が気まずくなってきます。

 

 

 

 

 

 

3.家族との関係

 

 

 

家族との関係は、

 

接する時間が長いので

 

自分と家族の境界線を引きにくい関係です。

 

 

 

例えば、

 

 

子供のことを考えて

 

何でも先にやってしまい、

 

子供が起こったりすることがあります。

 

 

 

自分は、

 

子供のためと思いやっているかもしれませんが、

 

 

あなたと子供は同じ性格で

 

同じ考えではありません。

 

 

 

自分の価値観を

 

子供に押し付けてしまうと、

 

 

家族でも上手くいかなくなることがあります。

 

 

 

 

 

 

<スピリチュアル視点>

 

 

 

 

スピリチュアルの視点から

 

人間関係が上手くいかない理由は

 

「同じ価値観を持つ人はいない」です。

 

 

 

世界中に多くの人々がいます。

 

 

その中で、あなたが

 

「であったことがある」

 

「会話をしたことがある」

 

 

人はどれぐらいいるか

 

考えて見ましょう。

 

 

 

きっと1億人も満たないでしょう。

 

 

 

出会った人の中で、

 

 

似たような価値観の人はいますが

 

 

同じ価値観の人はいないはずです。

 

 

 

多くの人がいるということは、

 

 

多くのスピリチュアルパワーの

 

感じ取り方があります。

 

 

 

Advertisements

これも合わせて行くのは難しいです。

 

 

 

うまくいく方法は?人間関係を改善する為のヒント

 

 

 

人間関係を改善するには「答え」

 

というのはありません。

 

 

なので、ここでは

 

改善する為のヒントを紹介します。

 

 

 

 

1.人はみんな価値観が違う

 

 

人によって考え方や価値観が違います。

 

その為、

 

 

自分の価値観を相手に押し付けると

 

人間関係が上手くいかなくなることがあります。

 

 

 

 

また、価値観について、

 

 

自分が正しくて

 

 

相手が間違っているという

 

 

風に考えてしまう時も

 

 

人間関係が上手くいかなくなることがあります。

 

 

 

 

基本的に、

 

 

価値観に

 

「正しい」「間違い」はありません。

 

 

 

自分と違う考え方や価値観なんだと、

 

 

気楽に考えると

 

人間関係が楽になります。

 

 

 

 

 

2.自分から心を開く

 

 

 

自分に自信がないと、

 

 

何処まで自己開示していいのか

 

分からず

 

表面的な人間関係となります。

 

 

 

この様な人は少し勇気を出して

 

 

自分から心を開いてみましょう。

 

 

 

簡単に「自分から心を開く」

 

 

と言っても

 

戸惑うかもしれません。

 

 

 

これは人が他人から

 

何かの施しを受けた時に、

 

 

お礼やお返しをしないといけない気持ちが

 

働くことを言います。

 

 

 

自分から心を開くと、

 

 

相手はお返しをしようとする

 

心理が働くので、

 

相手も心を開いてくれる

 

 

可能性があります。

 

 

 

 

 

3.全ての人から好かれることはないと知る

 

 

 

できれば、

 

全ての人と

 

良い関係を築きたいものです。

 

 

 

しかし、

 

人それぞれ考え方や

 

 

価値観が違うので、

 

 

人間関係が上手くいかないことのは当然です。

 

 

 

上手くいかないと感じる人は、

 

 

「ある程度の距離を取って人と接する」

 

など工夫すると良いです。

 

 

 

人に好かれようと

 

 

頑張り過ぎないことがポイントです。

 

 

 

以上の様な3つのヒントを

 

 

参考に改善してみて下さい。

 

 

 

 

病気や障害ではない

 

 

人間関係が上手くいかない人は、

 

障害や病気ではありません。

 

 

結論から言いますと、

 

レッテル張りをして

 

人間関係が上手くいかないのを

 

利用して騙すものです。

 

 

 

人間関係がうまくいかない人は

 

気を付けてください。

 

 

精神科や心療内科では危険な薬の処方をします。

 

 

警察などで警告をしている人生が終わるものです。

 

 

病気や障害と言われているものは

 

実際にはないものです。

 

発達障害も含めて。

 

よくある話で

 

原因ははっきりとは解明されていませんが、

 

おそらく先天的な脳の機能不全が原因であるといわれています。

 

 

 

どの話もいいかげんなものです。

 

 

病気であればどこが悪いのが理由で

 

 

 

治療はこうしたらこうなる。

 

科学的な証明があります。

 

科学であるので再現性があります。

 

 

毎回同じ結果が得られる。

 

 

 

こうしたものは

 

個性で他とは違いがあるものにレッテル張りをする。

 

または

 

発育不足や胎児のうちに

 

母親が使ってはいけないものをしていた。

 

 

父親の精子に問題がある。

 

 

カウンセリングを受けると

 

改善の効果があるといわれていますがありません、

 

危険です。

 

 

心理学というものをうのみにするのはおすすめしません。

 

 

テレビや映画の影響を受けてしまっています。

 

 

病気や障害の疑いがあるからと

 

精神科医への誘導をするのが役割です。

 

もちろん高い請求もします。

 

 

疲れた人にこれで気分がよくなると売るわけです。

 

すれば人生が終了になります。

 

 

 

人間関係が上手くいかないのを変えるには

 

 

人間関係が上手くいくには、最初の印象が大切です。

 

 

ここでは、人間関係が上手くいく方法の一つとして

 

 

「印象をよくする方法」を紹介します。

 

 

 

 

挨拶ができる

 

 

人間関係の基本である

 

「挨拶」が出来るかが

 

どこでもポイントとなります。

 

 

 

朝は「おはようございます」、

 

 

帰宅する時で

 

会社員の場合は

 

 

「お先に失礼します」

 

 

学生の場合は

 

「さようなら」など

 

挨拶が、

 

何処でもできるようにしましょう。

 

 

そうすることで印象が良くなります。

 

 

 

 

 

笑顔

 

 

 

暗い顔をしているより、

 

笑顔で明るい笑顔の方が印象が良いです。

 

 

話しかけられたりする時などは

 

笑顔でこたえるように心がけましょう。

 

 

 

 

 

時間を守る

 

 

 

学生の場合は、

 

約束の時間より遅れると

 

印象が悪くなります。

 

 

会社員の場合は、

 

 

遅刻や納期など時間を守らないと

 

 

印象が悪くなります。

 

 

また仕事においても信用がなくなります。

 

 

 

場合によっては時間を守れなくなることがあります。

 

この様な時には前もって

 

遅れる理由を相手に連絡しておけば、

 

信用もなくなりませんし、

 

人間関係も悪くなりません。

 

 

 

 

 

コミュニケーションを大切にする

 

 

 

周囲との調和が取れないとお互いの雰囲気が悪くなり、

 

気まずくなってしまいます。

 

 

そうならない為にも、

 

 

日頃から空いた時間を利用して

 

 

人との交流を図ってみましょう。

 

 

 

注意しないといけないのは

 

「言葉使い」と「礼儀」です。

 

 

これが出来ないと人間関係が悪くなります。

 

 

 

 

 

聞き手上手になる

 

 

 

相手の話をしっかりと聞けることが重要です。

 

 

 

自分の話ばかりしていると

 

周囲の人は聞き疲れてしまい

 

コミュニケーションがとれません。

 

 

 

相手の話をよく聞いて、

 

 

自分の意見を交えつつ

 

 

お互いを理解していく事が大切です。

 

 

学生の場合は

 

Advertisements

「転校」や「クラス替え」、

 

 

社会人の場合は

 

「入社」や「転職」など

 

環境が変わった時に、

 

 

これらの方法で

 

人間関係を築いていくと良いでしょう。

 

 

 

人間関係がうまくいかない時期、人間関係にまつわる特徴は誰もが通る道

 

 

 

人によって違いますが、

 

人間関係が上手くいかない時や

 

うまくいかない時期があります。

 

 

これは学生や社会人問わずあります。

 

 

人間関係がうまくいかない時期は、

 

 

高校生ぐらいからという方が多いようです。

 

 

人間関係が上手くいかない人の

 

 

特徴や原因は先程紹介した通りです。

 

 

人間関係に悩んでいる方は、

 

 

今回の記事を参考にして

 

特徴や原因を確かめてみて下さい。

 

 

人によって違いますが、

 

 

人間関係を改善するヒントも紹介しているので、

 

あわせて参考にしてみて下さい。

 

 

今回は人間関係が上手くいかない人の

 

特徴や原因について紹介しました。

 

テキストのコピーはできません。