にきびの臭い、膿、粉瘤、白い、匂い玉。潰すのが好き?

にきびに似たもので臭いがある場合は、

にきびではなく粉瘤です。

 

にきびが出来た時、臭いが気になることが多いのではないのでしょうか。

 

似ているので見分けがつきませんが、

 

それぞれ対処法が違います。

Advertisements

 

基本的にニキビは臭いませんが、

 

匂うのは粉瘤です。

 

この様ににきびや粉瘤が出来た時、

 

臭いはどうやって解消すればいいのでしょうか。

 

今回は、ニキビの解消法や粉瘤の臭いや

 

原因や対策なども紹介します。

 

この記事を見てにきびの臭いを解消しましょう。

 

 

にきびの原因と種類

 

 

<原因>

 

にきびが出来る原因は様々ですが

 

主な原因が3つあります。

 

 

 

・毛穴の閉塞

・皮脂の過剰な分泌

・「アクネ菌」というにきびの元となる菌の繁殖

 

 

 

Advertisements

肌は、ターンオーバーを繰り返し、

 

約28日のサイクルで

 

角質が剥がれ落ちて

 

皮膚細胞に生まれ変わります。

 

ターンオーバーが上手くいかない場合、

 

 

毛穴の角質が厚くなり、

 

毛穴の出口が塞がれ、

 

 

皮脂が詰まってしまいます。

 

 

すると「アクネ菌」が

 

 

皮脂を栄養源にしているので

 

 

過剰に繁殖して

 

 

炎症を起こします。

 

これがにきびなのです。

 

 

 

思春期ににきびが多いのは、

 

皮膚の分泌を高める性質がある

 

男性ホルモンの「アンドロゲン」

 

のせいなのです。

 

 

また、もともと脂性肌だったり、

 

食生活やストレスなども

 

 

ホルモンの異常や皮脂分泌の

 

促進に繋がり、

 

 

にきびの発生や悪化の原因になります。

 

 

 

<種類>

 

にきびの中にも大きく分けると3種類あります。

 

 

①白にきび

 

毛穴に皮脂が詰まり古くなった状態で、

 

にきびの最初の段階です。

 

にきびの患部が薄い皮膚で

 

覆われており、

 

表面は閉じた状態で

 

Advertisements

発心が白い色や乳白色に見えます。

 

②黒にきび

 

白にきびが進行した状態で、

 

皮脂が盛り上がって穴が開くことで

 

患部の被膜が開きます。

 

そこが空気に

触れることで

 

酸化し黒く変色します。

 

 

③赤にきび

 

黒にきびから更に悪化したもので、

 

 

炎症を起こして

 

にきび幹部の周りが

 

Advertisements

赤く腫れあがった状態です。

 

毛穴に詰まった

 

皮脂に雑菌が繁殖したため

 

起こる現象です。

 

 

 

臭いの原因はニキビではないかも?

 

 

大きなにきびだと思っていても、

 

実は違う場合が有ります。

 

にきびとよく似ているのが「粉瘤」です。

 

よく似ているので見分けがつきにくく、

 

 

にきびと粉瘤は

 

夏の症状で治療法も違ってきます。

 

ここでは粉瘤について紹介します。

 

 

 

<粉瘤とは>

 

皮膚から半球状に盛り上がった形で発祥し、

 

老若男女関係なく

 

体のどこでも出来ます。

 

皮膚の下に袋が出来て、

 

本来皮膚から剥がれ落ちるはずの

 

角質や皮脂が

 

袋の中に溜まってできた

 

腫瘍の総称です。

 

発生流はいまだに判明していません。

 

 

 

<にきびと粉瘤の見分け方>

 

 

①大きさ

・にきび:どんなに悪化しても大きさは、数ミリ程度

・粉瘤:悪化してくると大きさが数センチ~数十センチに及びます

 

 

粉瘤の表面には真ん中付近に黒い点が見られますが、

 

Advertisements

にきびにはありません。

 

ただし真ん中付近にある

黒ニキビと見分けがつかない場合が

 

あるので注意しましょう。

 

 

 

②臭い

 

にきびと粉瘤を見分ける時は、

 

臭いをかぐことが良いでしょう。

粉瘤は老廃物が悪臭を放つことで知られています。

 

にきびには匂いはありません。

 

 

 

③年齢

 

にきびは10代~30代の顔や上背部、

 

前胸部などの

 

 

脂漏部位によく見られます。

 

それ以外の年代や部位に

 

出来たものは

 

粉瘤の可能性があります。

 

 

主に臭いで見分けがつくようです。

 

 

にきびの臭いの対策方法

 

にきびと粉瘤は見た目が同じで分かりにくいですが、

 

処置方法が違います。

 

 

<ニキビ>

 

予防法や改善方法は以下の通りです。

 

①十分な睡眠

睡眠はにきびに関係すると考えられています。

 

皮膚の細胞は寝ている間に

 

修復や再生しているので

 

質の良い睡眠が重要となります。

 

 

 

②食生活

 

栄養が片寄ることでにきびの発生や悪化に繋がります。

 

にきびの予防や改善に役立つと考えられている

 

「ビタミン」を積極的に

 

摂取すると良いでしょう。

 

 

③ストレス

 

ストレス自体が皮膚の免疫力を低下させ、

 

 

にきびの炎症が強くなったり

 

再生力が低下します。

気分転換などで上手に発散しましょう。

 

 

 

④洗顔方法

 

乾燥肌もにきびの原因となります。

 

1日2回の洗顔を基本とし、

 

優しく洗うようにしましょう。

 

強く洗うと

 

皮膚に傷をつけてしまうので

 

注意しましょう。

 

 

※にきびが出来た時に潰すのが好きな人多いと思いますが、

 

潰したところから

 

雑菌が入り

悪化したり、

 

シミなどの原因になるのでやめましょう。

 

 

 

<粉瘤>

 

粉瘤の臭いの原因は、

 

嚢胞に溜まった老廃物です。

 

皮膚の開口部から

 

 

臭い汁や膿が出てくる時は

 

細菌が感染して

 

炎症が起きているかもしれません。

 

粉瘤は、サイズが小さくても

 

薬で治すことが出来ないので

 

外科手術になります。

 

「くりぬき法」といって

 

皮膚に小さい穴をあけ、

 

袋ごと吸いだす方法です。

 

粉瘤と割った場合は

 

皮膚科や形成外科などの

 

 

病院で診察しましょう。

 

※粉瘤をつぶしてしまうと

 

細菌が感染して

 

悪化してしまうのでやめましょう。

 

 

まとめ にきびのにおい

 

にきびが出来た時、

 

臭いが気になる方が多いと思いますが、

 

それはにきびではなく粉瘤です。

 

基本的に

にきびは臭いません。

 

 

にきびにも種類があり、

 

赤にきびになると薬などで

 

処置しても

 

時間が掛かり

 

最悪の場合はシミなどになります。

 

にきびと粉瘤は一見見分けがつきませんが、

 

においで判断するのが良いでしょう。

 

臭いがなければにきびで、

 

臭いがあれば粉瘤です。

 

ただし真ん中付近にある

 

黒にきびと

 

見分けがつかない場合があるので

注意しましょう。

 

対策として、

 

にきびは薬で治すことが出来ますが、

 

粉瘤は薬で治すことが出来ません。

 

Advertisements

よって外科の手術で

 

膿を除去するしか方法がありません。

 

自分で潰そうとせず

 

病院で診断してもらいましょう。

 

にきびと粉瘤は、

 

絶対に潰してはいけません。

 

 

共に細菌が繁殖し

 

悪化してしまいます。

 

この様ににきびだからと言って

 

安易な処置をしてしまうと

 

実は粉瘤の場合が有ります。

 

自分で治そうとせずに

 

病院で相談や

 

診察してもらうようにしましょう。

 

テキストのコピーはできません。