猫の発情期がいつ?怖い?メス・オス、鳴き声。食欲は?季節に期間。避妊

いきなり猫が鳴きだした、夜鳴いていて

 

「いつ終わる?」

 

などうるさいなどと思ったことはありませんか?

 

あれは猫の発情期のサインなのです。

 

 

猫の発情期は一般的に年に2回、

Advertisements

 

 

季節は春と夏が

 

多いといわれています。

 

人間同様に

 

 

ねこも春と夏は

 

恋の季節らしいですね。

 

実は鳴いているのは

 

メスネコだけらしいです。

 

 

オスネコは鳴いている

 

メスネコの匂いにおびき寄せられる

 

習性があります。

 

 

いつまでなのかはねこの発情期は

 

 

平均的にみて

 

Advertisements

生後6か月~12か月で

 

迎えるといわれています。

 

 

また期間は1週間前後で

 

 

2~3週間後には

 

 

また発情期がやってきます。

 

そんな気になる猫の発情期、

 

 

今回は簡単にわかりやすく紹介しましょう。

 

 

 

猫の発情期前は食欲がなくなる?行動は?

 

 

ネコは発情期の前準備として

 

 

まずホルモン調整のために

 

食欲がなくなり、

 

 

おしっこの回数が増えたり、

 

飼い主にしつこく甘えるようになります。

 

メスの飼い猫が

 

食欲不全になった場合は

 

発情期を考慮にいれたほうがいいかもしれません。

 

 

オスネコとメスネコの行動にも

 

差が出てきます。

 

 

 

オスネコ

 

・攻撃的になる

・大きな声で鳴く

・スプレー状のおしっこをするようになる

・落ち着きがなくなる

 

 

 

 

メスネコ

・スプレー状のおしっこをするようになる

・背中を床につけ何度もこする

・おしりを高く上げ威嚇に似た行動をとる

・指定の場所以外でおしっこをするようになる

 

 

 

 

Advertisements

こうして並べてみてみると

 

 

雄猫と雌猫の

 

 

共通してz

 

みられる行動は

 

 

おしっこに出るようです。

 

いつもと違う

 

行動や鳴き声になったら

 

 

要注意ということがわかりますね。

 

 

 

ネコの発情期の対策に綿棒は有効?

 

ネコの発情期の対処に

 

よく綿棒を使うとよいと

 

聞いたことはありませんか?

 

 

Advertisements

使い方としては

 

 

雌ネコの陰部に

 

 

綿棒をいれるという

 

方法なのですが

 

この対策は

 

 

これはあくまでも

 

 

その場しのぎにしかなりません。

 

4時間ほど鳴き声はやみますが

 

 

またすぐになきはじめます。

 

 

また素人が行うには

 

とても危険な行為です。

 

 

中を傷つけてしまう可能性だけでなく

 

 

不要なストレスを

 

与えてしまうからです。

 

 

では猫の発情を止めるには

 

どうすることが

 

 

一番良い方法なのでしょうか。

 

 

猫の去勢、避妊手術

 

 

猫の発情期。早く終わらせるのに一番手っ取り早く

 

また安全に発情期を終わらせるには

 

 

去勢、避妊させてしまうことが

 

一番だといえます。

 

去勢、避妊手術を施すことによって

 

 

妊娠の可能性をなくすことが

 

できるだけでなく

 

 

Advertisements

性的なストレスを

 

 

軽減してあげることにもつながるのです。

 

 

放浪しけんかして

 

 

帰ってきたら

 

 

ケガをしているなんてことも

 

防ぐことができます。

 

 

手術費も去勢手術は1万円~2万円、

 

 

避妊手術は2万円~4万円程度です。

 

そこまで高い費用ではないので

 

 

大事なペットを守るためにも

 

 

手術はしておいたほうが

 

良いのではないでしょうか。

 

施術時間も10分程度。

 

猫が麻酔から目覚めるまでは

 

約1時間であり、

 

当日に帰ることができます。

 

体にも負担が少ない

 

手術だということがわかりますね。

 

 

手術の時期はいつ頃が理想?何歳まで受けられるの?

 

 

ここで気になるのが

 

手術を施す時期・タイミング。

 

 

いつからなのか。

 

去勢、避妊手術を施すのならば

 

生後6か月頃が理想でしょう。

 

 

また、何歳までなのかは

 

 

手術に年齢の上限はありませんが

 

 

高齢になると

 

 

より入念な検査が必要です。

 

早く去勢、避妊手術を

 

施すことによって

 

 

スプレー状のおしっこや

 

 

放浪のくせがつかないといった

 

メリットがあります。

 

 

しかし早すぎても

 

 

手術は麻酔を使うので

 

 

子猫では手術を

 

受けられない可能性があります。

 

病院によっては

 

予防接種が終わっていること、

 

お腹の寄生虫の駆除が終わっていることが

 

条件というところが多いようです。

 

予め動物病院で

 

 

相談しておくほうが良いですね。

 

 

避妊、去勢後の注意点は?

 

 

去勢後・手術後は傷口を舐めないように

 

見ていてあげましょう。

 

 

化膿してしまったり

 

治りが遅かったりしてしまいます。

 

もし不安でしたら

 

 

エリザベスカラーを

 

つけることをおすすめします。

 

初めは嫌がるとは

 

思いますが

 

 

かわいい猫ちゃんのため、

 

心を鬼にしてつけてあげてください。

 

 

食事のほうも

 

麻酔の後なので控えるようにいわれます。

 

獣医と相談をして

 

少しずつ与えるようにしましょう。

 

 

去勢、避妊後は

 

 

食欲が増しますが

 

 

その反面、

 

 

カロリー消費が少なくなります。

 

気が付いたら

 

 

肥満になってしまっていた

 

ということもあるので

 

 

エサの量も

 

 

少し減らすことをおすすめします。

 

 

性格が変わってしまうなんて

 

話もありますが

 

 

そこまで大きく変わることはあまりありません。

 

 

ホルモンバランスが少し崩れ、

 

 

おとなしくなり

 

あまり出てこなくなることはあります。

 

ですがしばらくすると

 

 

元通りに元気に遊ぶようになるでしょう。

 

 

また薬が体に合わず

 

下痢や嘔吐といった

 

 

症状が稀にありますが

 

一時的なものです。

 

 

もし続く場合は早めに対応をし、

 

 

手術をした病院に相談してください。

 

 

対応・対策

 

 

Advertisements

大事な猫ちゃんを守るためにも

 

去勢、避妊手術は必要です。

 

メスネコはある日

 

突然たくさんの子猫が生まれてしまう、

 

 

さかりのついたオスネコは

 

 

喧嘩をしてケガをおって帰って来る。

 

 

そんな怖い思いはしたくないものです。

 

もし手術がまだでしたら

 

 

飼い主さんのため、飼い猫のために

 

早めに病院をさがし

 

手術を受ける

 

準備を整えておきましょう。

 

どうか良いペットライフを!

 

 

テキストのコピーはできません。