内出血とあざ。紫・赤い斑点、消えない、違いに治し方

スポンサードリンク






一般的に内出血の原因は外部からの衝撃が加わった部位だけでなく

広い範囲で内出血を起こすことが多いです。

 

内出血は外部からの衝撃が加わることで

 

 

皮膚や皮下の組織が壊れてしまい

 

出血が体の内部だけに溜まることでおきます。

 

その主な原因は、

 

転倒などによる打撲やねん挫などが起こります。

 

内出血は「直ぐに治るだろう」と

 

簡単に思われがちですが、

 

そうではない場合もあります。

 

 

そこで今回は

 

・内出血のあざについて。

内出血と外出血の違い

・内出血で掻く。消し方・治療の方法。

・内出血のあざ

について紹介します。

 

 

スポンサードリンク






内出血のあざについて。

 

1.内出血の種類

 

 内出血と言っても色々な種類があります。

 

 

 

関節内出血

 

皮下出血

 

筋肉内出血

 

頭蓋内出血

 

 

 

2.内出血の原因や症状

 

 

 

関節内出血

 

 

血友病の出血症状の中で最も多いと言われています。

 

幼児期は足首や膝や股関節の

 

 

出血が多いです。

 

 

学童期では肘関節の出血もあります。

 

 

 

皮下出血

 

打撲が原因でなることが多いです。

 

皮膚は伸び縮みするので

 

痛みは比較的軽く、

 

皮膚には紫色のあざに

 

なることが多い。

 

 

 

筋肉内出血

 

打撲やスポーツ、

 

無理な姿勢での運動などが原因となります。

 

出血付近にある

 

筋肉や神経や

 

血管を圧迫し

 

後遺症を残す場合があります。

 

 

場合によっては

 

肉離れになることがあります。

 

 

 

 

頭蓋内出血

 

 

頭部の打撲などでなりやすいです。

 

致命的な症状となる場合が多いので

 

迅速な対応が必要となります。

 

 

内出血の症状は、皮膚の下で小さな血管が

 

破れて起こる紫斑や

 

赤い斑点が見られることが多いです。

 

 

 

 

 

 

Advertisements

3.内出血による障害

 

 

関節内出血

 

関節の組織を圧迫し、関節に障害が出ます。

 

 

皮下出血

 

 

特に障害はありません。

 

 

筋肉内出血z

 

筋肉を圧迫して筋肉の障害が出ます。

 

またその周りの神経や血管の

 

障害を起こす場合があります。

 

 

 

 

頭蓋内出血

 

脳が圧迫されて障害を受け、

 

後遺症を残したり

 

Advertisements

最悪の場合は命を落とす危険性があります。

 

 

内出血と外出血の違い

 

 

<内出血>

 

 

内出血は目に見えない場合が多く、

 

先程紹介した

 

「関節内出血」や「皮下内出血」など

 

これに当たります。

 

 

内出血による出血で、

 

 

血のかたまりが体の中に出来るので、

 

 

この血種が周りの組織を圧迫して

 

 

障害が起こります。

 

 

 

<外出血>

 

外出血は目に見える出血で、

 

 

主に「鼻血」や「外傷出血」

 

などがこれに当たります。

 

 

体の外に大量に血が出てしまうと

 

貧血になってしまいます。

 

 

しかし内出血と違い、

 

体の中に血のかたまりが残らないので

 

血種がどこを圧迫して

 

何かが起きるという障害はありません。

 

 

これらの違いは見た目で言えば、

 

 

目に見えるか見えないかです。

 

 

内出血や外出血共にそうですが、

 

なったからと言って

 

 

軽視せず

 

 

病院に行くことをおすすめします。

 

 

内出血で掻く。消し方・治療の方法。

 

 

 

1.内出血の治療法

 

内出血の治療法は、その場所で違ってきます。

 

 

 

関節内出血

 

関節内出血が疑われる時は、

 

 

できるだけ早く治療をすることが大切です。

 

 

 

出血した部分に対しては

 

「安静」「冷却」「圧迫」「拳上」

 

 

を行います。

 

 

 

皮下出血

 

あざの量を最小限に抑えるために、

 

 

Advertisements

子供さんのズボンに膝あてをし、

 

 

テーブルの角などの

 

固い部分に当て物をしましょう。

 

 

 

冷却材で冷やして痛みや腫れ、

 

あざを防ぎましょう。

 

 

 

筋肉内出血

 

 

主治医に連絡してください。

 

凝固因子の補充が必要です。

 

 

冷却材で痛みは和らぎますが

 

 

出血は止まりません。

 

アスピリン等は

 

血を止まりにくくさせるので

 

絶対に与えないでください。

 

 

 

頭蓋内出血

 

頭蓋内出血は危険な状態の場合が多いので

 

すぐに病院に行きましょう。

 

命にかかわることなので

 

迅速に対応することが大切です。

 

 

 

2.あざの消し方

 

皮膚の一部が、

 

周囲と異なる色だったり

 

状態が違いを一般的にあざと言います。

 

 

 

転んだりぶつけたりという

 

軽度の打撲の場合は、

 

放置しておけば

 

数日で自然に治ってきます。

 

しかし痛みがひどい場合は、

 

放置してもあざは消えない場合があり、

 

痛みがひどくなります。

 

 

この様な時には

 

すぐに病院に行きましょう。

 

この時に、

 

なるべく早めに病院に行かないと

 

悪化する恐れがあります。

 

 

あざは内出血で血液が固まることで起こります。

 

この時に病院で処方されるのが

 

「ワーファリン」です。

 

このワーファリンを服用することで、

 

血液が固まりにくくなり

 

あざになりにくいと言われています。

 

ワーファリンを飲むことで注意しないといけないのは、

 

血が固まりにくいので、

 

あざは出来にくいですが

 

出血しやすいことが

 

デメリットとなります。

 

不安に思う方は

 

医師に相談する事をおススメします。

 

 

 

 

3.あざが出来やすい人の特徴

 

 

屋外にいることが多い

 

屋外にいることで

 

紫外線により原因となりますが、

 

同時に紫外線に当たることで

 

色が濃くなるので、

 

あざが増える原因にもなります。

 

 

身体を洗う時にナイロンタオルを使う

 

摩擦が原因であざがひどくなります。

 

 

摩擦黒皮症と言われるものです。

主に鎖骨や甲骨、腰骨や背骨に

 

起こりやすいと言われています。

 

 

 

湿疹などが出来ると良く掻く人

 

皮膚に強い力が加わったり、

 

長期に摩擦を繰り返すとで、

メラニンが増える原因となります。

 

 

長時間皮膚に触れることや、

 

 

過剰に力を加えてしまうと

 

「あざ」が出来てしまいます。

 

 

 

皮膚が弱い又は血管が弱い

 

 

皮膚が薄かったり、

 

血管が弱いと少しぶつけただけでも

 

毛細血管が破れ、

 

赤血球が漏れて打ち身のあざが出来ます。

 

 

高齢の方では、

 

ぶつけなくても

 

自然に皮下出血を起こす場合があります。

 

 

 

内出血のあざ

 

 

内出血には先程紹介したように

 

4種類あります。

 

その原因は

 

主に打撲などで血管を圧迫して起こっています。

 

 

内出血は、

軽度の物であれば

 

数日で痛みやあざなどは無くなりますが、

 

 

ひどくなると痛みが増し、

 

あざが残る場合があります。

 

この場合は直ぐに病院に行きましょう。

 

 

内出血の中でも

 

最も危険なのが「頭蓋内出血」です。

 

 

こちらについては、

 

命にかかわることなので迅速な対応が必要です。

 

 

今回の記事でのポイントは

 

・内出血の原因や症状

・内出血の治療法

 

です。

 

内出血と言って軽視せずに、

 

早めに病院に行くことをおススメします。

 

あざが残ってしまう場合があります。

 

 

打撲などで内出血したときには

 

 

少し様子を見て

 

「おかしいな?」と思ったら悪化する前に、

 

すぐに病院に行くようにしましょう。

 

テキストのコピーはできません。