事故でむちうち。嘘はバレると大変。見抜く、知恵袋、慰謝料、治し方、症状、仮病、通院期間、通院交通費、首が痛い、バイト

スポンサードリンク






車を運転していると常に交通事故の危険と隣り合わせです。

特に人身事故の場合は

 

相手方に怪我を負わせてしまった場合は、

 

 

その怪我の程度によって

 

 

事故を起こした側の

 

保険から治療費や

 

慰謝料等が支払われます。

 

アルバイトやパートの場合も請求ができます。

 

 

事故に巻き込まれた側は、

 

 

その直後は興奮状態で

 

特に痛みを感じなくても、

 

 

数日経つと

 

 

むちうち、首が痛い等の症状が

 

現れることがあります。

 

 

しかしその後の対応によっては、

 

 

あとから加害者や保険会社から

 

嘘ではないかと

 

疑われるケースもあります。

 

通院交通費についてもです。

 

 

そこで今回は被害者側の立場から、

 

 

無症状でも通院した方がいい理由、

 

 

通院しても嘘だと疑われないための

 

対処法及び、

 

 

むちうちの症状や直し方等を

 

 

解説します。

 

 

 

スポンサードリンク






事故でむちうちの症状は無症状でも通院した方がいい理由

 

 

 

① 思ったより重症の場合がある。

 

 

事故発生直後は興奮状態に陥っているため、

 

 

痛みを感じにくかったりするものです。

 

 

しかし時間が経つと

 

 

身体の痛みや、

 

めまい等の

 

 

気分不良が

 

出てくることがあります。

 

 

事故直後の状態で判断するのではなく、

 

 

単なる打撲だと思っても

 

 

まずは通院することが先決です。

 

 

その際は

 

 

整骨院ではなく

 

整形外科を受診して、

 

 

МRIやレントゲンで

 

異常がないかを

 

確認しましょう。

 

 

 

 

② 治療費、慰謝料を払ってもらえない。

 

 

実際に怪我をしていても、

 

通院しなかったら

 

物損事故扱いとなるため

 

 

治療費、慰謝料は

 

払ってもらえません。

 

 

 

Advertisements

そうなると

 

 

被害者側は保証を一切受けられず、

 

 

甚大な不利益を被ることになります。

 

 

 

慰謝料の相場は

 

 

症状の重さによって分かれますが、

 

 

むちうちであっても

 

重い症状であれば、

 

 

入通院慰謝料以外に

 

後遺障害慰謝料も

 

 

 

支払われる可能性があるため、

 

 

 

実際に受け取れる

 

Advertisements

慰謝料の合計が

 

100万円以上になる

 

事例も存在します。

 

 

 

通院するかしないかで

 

雲泥の差があることを

 

理解しておきましょう。

 

 

 

 

 

③ 期間が空くと保険金が支払われない可能性がある。

 

 

 

むちうちの症状は

 

事故発生から翌日にかけて

 

 

痛みが現れることが大半ですが、

 

 

事故後期間、

 

 

中には我慢をして

 

数日経って痛みに耐えられなくなってから

 

通院するケースもあります。

 

 

事故発生日から数日経って

 

 

通院すると、

 

 

保険会社からは

 

 

「本当に事故による怪我なのか」

 

 

「仮病ではないか」と

 

 

 

疑われる可能性があります。

 

 

嘘ではないかと

 

 

疑われないためにも

 

 

早めの通院が不可欠です。

 

 

 

 

 

痛くないのに嘘の診断書を作成してもらったらバレる?

 

 

実際は何ともないのに、

 

 

医者に嘘の診断書を

 

作成してもらうように

 

 

被害者側が虚偽の申告をする

 

ケースもります。

 

 

 

嘘の申告をしたことは

 

 

本人が正直に白状しない限り

 

 

確信をもって

 

見抜くのは難しいですが、

 

 

診断書の偽装は

 

 

保険金の不正請求とみなされ、

 

 

Advertisements

バレると、

 

事件に巻き込まれるケースがあります。

 

 

また保険会社からも疑われると、

 

 

治療費等が出なくなる

 

可能性もあるため、

 

 

痛くないのに通院をする、

 

 

痛くないのに嘘の申告をしたり、

 

 

過剰な治療の要求や、

 

 

通院期間を必要以上に

 

長期にするのは

 

やめておいた方が良いでしょう。

 

 

知恵袋でも事故についてのものはありますが、

 

 

やはり法律を守ることです。

 

 

 

 

交通事故・むちうちの症状とは。

 

 

 

 

① むちうちの症状

 

 

むちうち症とは何らかの

 

衝撃によって

 

 

首が鞭のようにしなることによって

 

おこる症状です。

 

 

 

むちうちとは正式名称は

 

 

「頸椎捻挫」

 

「頸部挫傷」

 

「外傷性頸部症候群」

 

 

など

 

 

複数の呼び名があります。

 

 

主に交通事故の追突による

 

 

症状の発生が半数以上を占めています。

 

 

その他スポーツや

 

 

仕事中のアクシデントによって

 

発生することもあります。

 

 

 

 

むち打ち症の代表的な症状は

 

下記の5つに分類されます。

 

 

 

 

・頸椎捻挫型

 

 

症状は頭痛、

 

首や肩の痛み、

 

首が回らない。

 

 

原因は頸椎を支えている

 

靭帯や筋肉が損傷して起こる。

 

 

むちうちの

 

70パーセントこの頸椎捻挫型。

 

 

 

 

・神経根損傷型

 

 

 

症状は首、

 

肩から腕にかけての痛み、

 

知覚障害、

 

しびれ、

 

体に力が入らない。

 

原因は頸椎の中を走っている

 

脊髄や

 

そこから伸びている

 

神経が損傷。

 

 

 

 

 

・脊髄損傷型

 

 

症状は腕の痛みやしびれ、

 

足の痛みやしびれ。

 

原因は頚椎の中を走っている

 

脊髄や

 

そこから伸びている神経が損傷。

 

 

 

 

 

・バレー・リュー症候群型

 

 

症状は頭痛、

 

めまい、

 

耳鳴り、

 

倦怠感、

 

難聴。

 

原因は

 

交感神経と副交感神経からなる

 

自律神経が損傷。

 

 

 

 

・脳脊髄液減少症

 

 

症状は頭痛、めまい、耳鳴り、倦怠感。

 

 

原因はクモ膜下腔から

 

 

脳脊髄液が漏れている。

 

 

 

 

 

むちうちの治し方、治療法

 

 

むちうちは重症化すると

 

 

筋肉や関節が炎症をおこし、

 

 

痛みが激化します。

 

 

 

そんな中でも

 

 

 

無理すると

 

 

余計に悪化してしまうため、

 

 

首の痛みの場合は

 

 

頸椎カラーというコルセットを巻いて

 

 

安静に過ごしましょう。

 

 

 

まずは冷やすことによって

 

 

痛みを緩和し、

 

 

炎症を抑えることが大事です。

 

 

ある程度痛みが治まってきたら

 

 

 

湿布薬を貼るのもおすすめです。

 

 

 

 

 

交通事故のむちうちで注意すること

 

 

交通事故は自身でどんなに気を付けていても

 

 

 

相手側の過失により

 

 

巻き込まれるケースがあります。

 

 

事故に巻き込まれた場合はその時は

 

痛みがなくても

 

 

まずは早めに

 

 

整形外科で診てもらうことが第一です。

 

 

嘘の申告はせずに

 

 

とりあえず異常がないかを

 

 

確認する必要があります。

 

 

自身の身体的にも経済的にも

 

 

以上の事を頭に入れておくと良いでしょう。

 

テキストのコピーはできません。