蒙古襞がわからない?あるかないかわからない。日本人と割合。ルーツとは?見分け方?なくすには?

スポンサードリンク






日本人の約7割程度が一重まぶたで

 

二重まぶたは3割程度だといわれるなか、

 

一重まぶたをコンプレックスだと

 

感じる女性がとても多いです。

 

 

そして二重まぶたに憧れ

 

プチ整形を行うのが

 

今は女性だけではなく

 

男性も増加しています。

 

 

一重まぶたの原因となるのが

 

蒙古襞というものなのですが、

 

どこの部分か分かりますか?

 

 

鏡を見ても

 

あるかないかわからないといった声も

 

多くあります。

 

 

蒙古襞がどの部分で、

 

なぜ一重まぶたになるのか、

 

二重まぶたにするにはなど

 

わかりやすく紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク






蒙古襞とは?見分け方。あるかないかわからない

 

 

 

<蒙古襞とルーツ>

 

 

蒙古襞とは目頭の辺りに覆いかぶさる皮膚のことで、

 

 

もとは寒い寒冷地で生活するために

 

 

目を守り進化したと言われ、

 

 

東南アジアの原住民が

 

 

ルーツだと推測されています。

 

 

 

アジア地域の人は

 

まぶたのつくりから一重まぶたが多いのですが、

 

 

欧米人には一重まぶたの人がいないとされ、

 

 

二重まぶたで彫りの深い顔立ちになっています。

 

 

 

 

 

<蒙古襞があるかないか、見分け方>

 

 

 

目頭に皮膚が覆いかぶさっているヒダを蒙古襞といいます。

 

 

上まぶたまで覆うことで

 

まぶたの皮膚が下へと引っ張られるため

 

一重になりやすく、

 

 

特徴として

 

 

目頭の粘膜が見えにくい人が

 

蒙古襞のある人の目ということになります。

 

 

また蒙古襞が小さくても

 

粘膜が見えることがあります。

 

 

 

 

 

<日本人に多い一重>

 

 

日本人には生まれつき男女ともに

 

Advertisements

ほぼ100%の確率で

 

蒙古襞があるといいます。

 

 

 

欧米人よりも脂肪組織が多く、

 

まぶたの皮膚が厚く腫れぼったいため

 

一重になりやすいです。

 

その蒙古襞も

 

 

加齢とともに減少していきます。

 

 

 

 

16歳頃から少しずつ減り始め、

 

 

30歳頃から急激に減少、

 

 

70歳頃になれば

 

 

Advertisements

ほとんどなくなって消滅してしまいます。

 

 

「最近、二重まぶたになった気がする」

 

 

と感じた方は

 

 

老化によるものなのかもしれません。

 

 

 

 

蒙古襞と遺伝

 

 

 

<遺伝の割合>

 

顔立ちや体型などが遺伝によって

 

両親に似る場合がありますが、

 

二重まぶたも同じように

 

高い確率で遺伝するといわれています。

 

 

両親の2人ともが二重まぶた、

 

 

または

 

どちらかが二重まぶたであれば

 

子供も同じように

 

 

二重まぶたで生まれてくる確率が高いのです。

 

 

 

しかし、両親が二重まぶただから

 

子供も必ず二重まぶたになるとは限りません。

 

 

一重まぶたの可能性もゼロではないのです。

 

 

 

 

子供の顔は日々、

 

変化します。

 

 

年齢を重ねて

 

 

変化するケースもあるので

 

 

ゆっくり見守ってあげましょう。

 

 

 

 

蒙古襞をなくす方法

 

 

 

<蒙古襞をなくす方法>

 

 

一重まぶたの人が二重まぶたにするには

 

どうすればいいのでしょう。

 

 

コスメで二重まぶたにしたり、

 

 

ネット上では蒙古襞や

 

目の周りのマッサージも

 

Advertisements

紹介されています。

 

 

しかし気を付けなければ

 

 

逆に皮膚を傷つけたり

 

目を傷めてしまったりします。

 

 

 

またマッサージとなれば毎日、

 

 

朝と晩で長期的に続けなければ

 

効果が期待できない可能性もあります。

 

 

手軽で簡単にとなれば

 

一時的でも

 

シールや美容液の方が

 

憧れの二重まぶたを手に入れる事が

 

出来るかもしれません。

 

 

 

 

アイプチと目頭切開

 

 

手軽に二重まぶたを作ることが出来ると

 

人気があるアイプチですが、

 

 

最近ではテープもあります。

 

 

使い続ける事で

 

 

二重が定着するのですが、

 

 

水に濡れると接着成分が弱まったり、

 

 

皮膚が弱い人では

 

 

まぶたがかぶれたりという

 

 

症状が出る可能性があります。

 

 

 

また長年アイプチを使い続けて

 

二重を作っているのに

 

 

一向にクセがつかないという人も

 

いるかもしれませんが、

 

 

これは蒙古襞がひどいのが原因とも考えられます。

 

 

 

 

 

<蒙古襞と目頭切開>

 

 

二重に憧れる人は蒙古襞をなくして

 

目を大きくしたいと考える人も多いでしょう。

 

そんな方には

 

「目頭切開」

 

という整形が確実です。

 

 

 

蒙古襞を切開して

 

 

目頭部分の縦幅と横幅を広げる

 

手術になります。

 

 

蒙古襞をなくすことで

 

 

大人っぽい印象や

 

 

二重を作りやすくなるため

 

 

目の印象が変わります。

 

 

目が離れていると悩む人には

 

 

人気があり、

 

同時に

 

二重整形や

 

目尻切開を行う人も多いです。

 

 

 

 

芸能人でカミングアウトしている人は少ないですが、

 

 

デビュー当時は

 

 

一重まぶただったのに

 

 

二重まぶたで

 

 

目がぱっちりしている方も

 

増えてきました。

 

自然と二重まぶたになった人もいると思いますが、

 

 

ひっそりと施術を行っている人も

 

多いのではないでしょうか。

 

 

 

 

目頭切開はあるかないか

 

 

 

<目頭切開はあるかないか>

 

 

施術は数㎜程度の切開なので

 

30分程度で終了、

 

 

 

 

目を自然に大きく見せることが

 

 

可能になり

 

 

傷跡も目立ちません。

 

 

 

しっかりとした

 

二重を作りたい人にはおすすめです。

 

 

 

 

しかし施工後は腫れや赤みが

 

 

2週間ほど続くことがあります。

 

 

目元に負担をかけたり

 

 

触れないように

 

注意が必要となってきます。

 

 

せっかくお金をかけたのに

 

施術前と変化がなかったり、

 

 

目頭を開きすぎて形が

 

不自然になった、

 

 

また蒙古襞を取りすぎて

 

 

目頭の粘膜が露出して

 

 

違和感が出たなどといったこともあります。

 

 

逆に蒙古襞を取る量が少ない場合は

 

 

施術後も変化がないことがあるようです。

 

 

 

理想の二重を手に入れるため、

 

 

施術前には芸能人の写真などを用いながら

 

医師としっかり

 

相談しておくようにしましょう。

 

テキストのコピーはできません。