ものもらいを明日までに治す方法。自然治癒、冷やす

スポンサードリンク






ものもらいを少しでも早く治すには、早めの処置が大切です。

市販品の目薬お使用するなら

抗菌剤の入っているものを使用します。

このものもらいの原因は

細菌に感染することで起きます。

生活をする上で何処にでもいる細菌が、

目を怪我したり、

病気などで

抵抗力が落ちたりしたときなど

何らかの理由で感染し炎症を起こす為

他人に感染することはないと言われています。

主な症状は、

まぶたが炎症を起こして赤く腫れ、

軽度の痛みやカユミを生じます。

 

そこで今回は

・ものもらいの原因

ものもらいの予防法

明日までに治す、ものもらいの治し方

 

など明日までに治す、ものもらいの治し方を紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク






ものもらいの原因

 

<ものもらい種類>

 

ものもらいには「麦粒腫(ばくりゅうしゅ)」と

「霰粒腫(さんりゅうしゅ)」

2種類があります。

 

 

 

麦粒腫(ばくりゅうしゅ)」

 

まぶたの縁にある脂が出る腺や

まつ毛の毛根に

細菌感染することで起こります。

 

始めは、

 

まぶたに局所的な赤みが現れ、

 

時々軽いカユミがあります。

 

この原因は様々ですが、

 

涙で洗い流せる

 

弱い菌もあれば

 

黄色ブドウ球菌など

 

重症化しやすい菌もあります。

 

 

主に細菌が付いた

 

手や指で目を触ることで感染します。

 

 

 

「霰粒腫(さんりゅうしゅ)」

 

まぶたの内側にあるマイボーム腺という、

 

まぶたのふちにあり

 

目の乾燥を防ぐ為に

脂質を分泌する腺があります。

 

 

このマイボーム腺の出口が詰まり、

 

慢性的な炎症が起きて

 

肉芽腫という塊ができる病気です。

 

症状は、

 

まぶたの腫れや違和感です。

 

多くの場合は、

 

まぶたの内側に

 

コロコロとしたしこりの様な塊ができます。

 

 

 

<原因>

 

 

不衛生な状態

 

 

汚れた手や汚れたタオルなどで

目を触るなど、

 

 

目の周りが不衛生な状態になると、

 

ものもらいになりやすくなります。

 

 

 

高温多湿の夏

 

この時期は細菌が増殖しやすいうえに、

 

暑さによる

 

睡眠不足や

 

夏バテなどで

 

抵抗力が落ちて、

 

ものもらいに掛かりやすくなります。

 

 

 

アレルギー 

 

花粉症などのアレルギー疾患を持っている人は

 

既に粘膜や皮膚に炎症が起きており、

 

細菌に感染しやすい

状態にあります。

 

 

 

さらに

 

目やその周囲に

 

アレルギー症状が現れると

 

目をこすることが増えるので、

 

ものもらいが起こりやすくなります。

 

 

 

コンタクトレンズ 

 

コンタクトレンズをしている方は、

 

目の周りを良く触ることで

 

目に細菌を持ち込みやすいです。

 

また保存ケースの中で

 

細菌が増殖している可能性があるので、

 

ものもらいが起こりやすくなります。

 

 

 

 

ストレス

 

疲労やストレスが溜まると、

 

普段は健康を脅かすことが無い細菌に感染することがあります。

 

普段から十分な睡眠や

 

バランスのとれた

 

食事を心がけ

 

疲労やストレスを溜めない様にしましょう。

 

 

ものもらいと結膜炎の違いは、

充血や目ヤニなど症状が似ていますが、

 

ウイルス性結膜炎は意図に感染するのに対し

 

ものもらいは、細菌が原因となるので

人に感染することはありません。

 

 

ものもらいの予防・自然治癒

 

 

ものもらいになる前に予防することが

大切です

 

 

ものもらいの予防法について紹介します。

 

 

こまめに手を洗う

 

麦粒腫は手指を介して

細菌に感染するので、

こまめに手洗いをしましょう。

 

 

 

免疫機能を低下させない

 

健康で免疫機能が正常に機能していれば、

 

目に細菌が振れても

 

感染する可能性が低いです。

 

しかし免疫機能が未熟な子供や

 

免疫機能が低下している

高齢者などは

感染しやすいので注意が必要です。

 

 

 

 

マイボーム腺をマッサージ

 

朝晩の洗顔時、

 

 

目を閉じた状態で、

まつ毛の生え際に指先を当て、

1から2ミリ左右に揺さぶり

マイボーム腺をマッサージしましょう。

 

そうすることで

マイボーム腺が詰まりにくくなります。

 

 

 

まつ毛の内側までアイメイクをすることを避ける

 

アイメイクでマイボーム腺を塞ぐと

 

麦粒腫や霰粒腫の原因になります。

 

また目の周りを清潔に

保ちにくくなるので、

 

控えましょう。

 

 

 

 

明日までに治す、ものもらいの治し方

 

 

ここでは、ものもらいを早く治す方法について紹介します。

 

 

1.冷やす?温める?正解はどっち?

 

①初期症状は温める

 

ものもらいになる前に、

 

まつ毛のキワにある

 

マイボーム腺に油分が溜まり、

 

ものもらいになりそうな時に、

 

その部分をホットタオルなどで

 

温めると

 

溜まった余分な皮脂の詰まりが解消され、

 

ものもらいを避けられることがあります。

 

※すでに痛みや炎症がある時に温めるのは避けましょう。

 

 

②ものもらいが痛い時は?

 

痛みを抑えたい場合は冷やすのも良いです。

 

市販薬の

鎮痛薬も使用できます。

 

しかし、あまりにも痛みがある時は炎症が強かったり

 

 

膿んでいる可能性があるので

 

早めに眼科に受診しましょう。

 

 

 

③治療方法(眼科で治療)

 

・点眼治療

抗生物質を点眼して、

 

まぶたの腫れなどの

症状を改善させます。

 

ものもらいのうちの

麦粒腫は、

ほとんどの場合

点眼治療で治すことが出来ます。

 

 

・手術

麦粒腫のうち

 

点眼治療だけでは

十分な効果がない時は、

 

まぶたを切開して

膿を出す治療が必要です。

 

霰粒腫でも

点眼によって

腫瘤が小さくならない場合は、

手術による膿の摘出が必要です。

 

この時に眼帯をした方が痛みが和らぎ楽な場合があります。

 

※早く治したい場合は、病院に行きましょう。

眼科で受診すれば確実に診断が出来、

治療法も分かります。

 

 

病院で適切な処置をすれば、

ものもらいの早期改善が期待できます。

 

 

 

 

④自然治癒

軽い症状の場合は、

 

清潔な状態を維持すると

 

自然治癒する場合があります。

 

こまめに手を洗ったり、

アイボンなどでこまめに目を洗ったり

清潔を保ちましょう。

この時の治る時間は

 

個人差がありますが2週間程度と言われています。

 

 

 

ものもらいの治し方

 

 

ものもらいを少しでも早く治すには、早めの処置が大切です。

 

早めの処置は、

 

先程紹介した

治療方法にあります。

 

ものもらいの程度でも異なりますが、

 

悪化している場合は

 

手術して膿を出すと

比較的早めに治すことが出来ます。

 

知恵袋でもものもらいに関する質問があります。

 

ものもらいを少しでも早く治すポイントは

 

「眼科で診断」してもらう事です。

 

眼科で受診すれば確実に

 

診断が出来、

治療法も分かります。

 

病院で適切な処置をすれば、

ものもらいの早期改善が

期待できるからです。

 

 

今回お伝えした「ものもらいの予防法」や

 

「ものもらいの治し方」を

 

参考にして下さい。

 

こうすることで、

 

未然にものもらいを防ぐことが出来、

 

対処も早く出来るはずです。

 

コメント

  1. えな より:

    参考にします

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました