面接で退職理由が思いつかない。体調不良。パワハラ。給料。やりがい。新しいことに挑戦。人間関係。向いてない。うつ病。例文。

転職のための面接でよく聞かれる1つに退職理由があります。

 

人間関係のトラブルや上司や給与への不満、

 

休みが少ないなど

 

 

退職理由はそれぞれですが、

 

 

聞かれたくない、

Advertisements

 

言いづらいなどの不安もあります。

 

 

また聞かれることが分かっているのに

 

 

どう伝えたらいいのか悩む人も多いでしょう。

 

 

しっかりと考えて練習までしていたのに

 

 

面接では緊張して

 

頭が真っ白になることもあるでしょう。

 

 

そこで好印象となる

 

退職理由の伝え方や

 

 

アピールポイントをご紹介します。

 

 

 

面接で聞かれる会社を辞めた理由

 

 

<面接と前職を辞めた理由>

 

Advertisements

企業側が退職理由を聞く理由は人柄や性格、

 

 

仕事に対する考え方や価値観、

 

 

すぐに同じ理由で退職しないか?

 

 

や向いてないとすぐに辞めるのでは?

 

 

などを確認するため、

 

 

「責任を持って取り組めるか」

 

 

「途中で投げ出すことがないか」

 

 

などの判断材料になります。

 

 

 

少しでもいい人材を採用したいという思いからの

 

 

大切な質問なのです。

 

 

また中途採用では

 

 

転職理由も聞かれる可能性があります。

 

 

 

 

会社を辞めた理由と伝え方

 

 

 

<会社を辞めた理由と伝え方>

 

 

会社を辞めた理由は待遇面の不満や

 

 

職場環境、

 

 

給料の低さなど

 

 

様々でしょう。

 

 

 

人間関係が悪かったと言えば

 

 

「自社でも人間関係が理由ですぐ辞めてしまうかも」

 

 

ととらえられる可能性があります。

 

 

自分の労働に対して

 

 

見合った給与がもらえなかったとなれば

 

 

 

「お金のことしか考えてないのか?」

 

 

となってしまうかもしれません。

 

 

Advertisements

ではどのように伝えればいいのでしょうか。

 

 

 

例文を紹介します。

 

 

 

 

退職理由の例文

 

 

 

<退職理由の例文>

 

 

◎人間関係の場合

 

 

個人の実績が重視されており、

 

 

チームワークを発揮する業務がありませんでした。

 

チームの強化も提案しましたが、

 

受け入れてもらえず

 

チームワークを大切に働くことが

 

Advertisements

得意という事もあり退職を決めました。

 

 

 

 

◎勤務待遇の場合

 

 

前職では残業していたら

 

他の社員も残って仕事をするという風土があり、

 

 

仕事の効率化を提案しましたが

 

 

改善されませんでした。

 

 

時間を有効的に使って

 

 

結果を求める働き方をしたいと考え、

 

 

退職を決意しました。

 

 

 

 

◎給料に不満の場合

 

 

前職は年功序列の習慣が強く、

 

 

成果に対して

 

給与が見合わないと感じていました。

 

 

会社に貢献しても

 

正しく評価をして頂けず

 

モチベーションが下がってしまい

 

退職を決めました。

 

給与や待遇の不満があった場合は

 

給料が上がればどこでもいいのでは?

 

と判断される可能性もあります。

 

理由の後ろに

 

Advertisements

「企業の風土に共感している」

 

など

 

 

転職先への

 

ポジティブなアピールの言葉を

 

 

付けて伝えるといいでしょう。

 

 

 

 

退職理由とパワハラ

 

 

<退職理由とパワハラ>

 

パワハラが退職理由だった場合には、

 

 

なるべく愚痴になる表現を避け、

 

 

状況を改善しようとしたことや

 

 

職場全体で問題になっていることも含め、

 

 

自分の能力や

 

 

性格に問題があったわけではないことを

 

伝えることが大切です。

 

 

また退職理由も

 

 

パワハラが直接の原因だったわけではなく、

 

 

今後の成長や将来に向けての

 

 

ポジティブな言葉で

 

 

アピールすることをおすすめします。

 

 

 

 

転職と退職理由

 

 

 

<医療事務の退職理由>

 

 

医療事務は離職率も高く、

 

 

人とのトラブルや業務量の多さ、

 

 

給料の低さなどが退職理由の多くになっています。

 

 

小さなクリニックで

 

人とのトラブルともなると

 

精神的に限界もあります。

 

 

幸い医療事務は資格を持ち経験があれば

 

パートでも復帰しやすいというメリットがあり、

 

やりがいのある職種でもあるので

 

 

ブランクがあっても転職しやすいでしょう。

 

 

また一般事務から医療事務への

 

 

転職も多くなっています。

 

 

 

退職理由が体調不良

 

 

 

<退職理由が体調不良>

 

 

体調不良であれば

 

公的な支援を受けることも検討しましょう。

 

現実問題、金銭面のことは大事です。

 

そして体調を整えて、

 

 

転職をするのがおすすめです。

 

 

うつ病とは薬害です。

いやなことがあれば誰でもが

 

気分の低下をします。

 

このときに例えば会社に原因があれば

 

退職をして休息をとれば治ります。

 

そして転職をするのがおすすめです。

 

 

 

一身上の都合が退職理由

 

 

<一身上の都合が退職理由>

 

 

よく聞く言葉で「一身上の都合」というのがありますが、

 

 

これは自身の病気やケガ、

 

 

身内に関する事情に

 

 

幅広く使う言葉で

 

 

会社都合による退職には使えません。

 

 

面接で使用しても問題はありませんが、

 

 

できるだけ理由の説明をした方がよいでしょう。

 

 

 

 

退職理由の伝え方とポイント

 

 

<退職理由の伝え方とポイント>

 

考えた退職理由を丸暗記して

 

 

読むだけでは

 

 

サンプルを暗記している印象を

 

与えてしまう可能性があります。

 

 

「向いていない」や「仕事が合わない」

 

などの言葉は避け、

 

 

ポジティブに

 

 

堂々とはっきり答えることが

 

 

好印象を与えるポイントになります。

 

 

「新しいことに挑戦したい」などを

 

理由にする場合は

 

 

前職のスキルを活かしてなどの

 

言葉を含め、

 

 

自信をもってはっきりと伝えましょう。

 

 

小さな声でボソボソと答えていると

 

 

自信もなく、

 

 

嘘をついているととらえられます。

 

 

不平不満を直球で伝えるのではなく、

 

 

 

Advertisements

相手の目を見て

 

 

新しい会社への意欲を伝えることで

 

 

印象が良くなります。

 

 

採用担当者は多くの面接を行っています。

 

 

嘘は必ず見抜かれると

 

 

思っていて間違いないでしょう。

 

 

新しい企業に長く務める、

 

 

会社に貢献するという気持ちで

 

 

しっかり準備しましょう。

 

 

知恵袋では退職理由の悩みを抱える人からの

 

相談が多く寄せられています。

 

 

 

テキストのコピーはできません。