矯正歯科で虫歯になったら教えてくれないの?別の歯医者,虫歯だらけ、やらなきゃよかった?

スポンサードリンク






一般的に「子供のうちに矯正した方がいい」と

思われがちな歯科矯正の治療ですが、

実は年齢の上限がなく40代でも50代でも

 

治療できるというのをご存じでしょうか。

 

10代での矯正が

 

約70%というデータもありますが、

 

最近では大人の歯科矯正も

 

増加傾向にあります。

 

もし矯正治療中に

 

虫歯が見つかれば

 

歯科医院で教えてもらえるはずだと考えますが、

 

ネットや知恵袋では

 

「教えてもらえなかった」

 

「放置された」

 

という相談が寄せられています。

 

なぜこんな事がおきているのでしょう。

 

本当に教えてくれないのでしょうか、

 

 

矯正歯科について簡単に説明します。

 

 

スポンサードリンク






矯正歯科と虫歯の治療

 

 

 

<矯正歯科と虫歯の治療>

 

 

一般歯科とよばれる歯科医院が虫歯治療を行ってくれます。

 

 

虫歯治療は主にかかりつけ医院が行いますが、

 

同時に矯正治療を併設していれば

 

 

虫歯治療も行うことが出来ますが

 

 

矯正歯科治療をメインで行っている

 

クリニックでは

 

虫歯を治療しないということになります。

 

 

 

「虫歯になった」

 

なんて事になったら

 

 

時間のロスにもつながります。

 

 

虫歯の場所によっては

 

 

ワイヤー矯正などを外さずに

 

 

行うことができますが、

 

 

目で見ても分かるような

 

穴が空いた場合には

 

治療できないと判断されて

 

一時中断となったり、

 

 

重度の場合には

 

 

再開も難しくなる場合があります。

 

 

また矯正のために

 

抜歯する場合にも

 

Advertisements

別の歯医者を紹介されることがあります。

 

 

 

 

 

<矯正中に虫歯を発見>

 

 

矯正中に虫歯が発見される事は

 

珍しいことでもなく、

 

 

虫歯が出来てしまうこともあります。

 

 

痛みや自覚症状がなければ

 

自分でも見つけにくい物です。

 

 

今まで重なり合っていた

 

歯が矯正によって

 

ズレて重ならなくなり

 

治療前には

 

分からなかった虫歯が発見されることもあるのです。

 

 

 

 

<矯正中は虫歯のリスク増加>

 

治療中は矯正装置を

 

ずっと装着して

 

過ごさなければならないため、

 

 

器具にも汚れが付きやすく

 

虫歯にもなりやすいので、

 

チェックが必要です。

 

 

固定装置の場合は

 

 

デンタルフロスも通しにくいので

 

 

歯の間に汚れが残りやすく

 

 

虫歯が増殖しやすくなります。

 

 

 

虫歯になったら

 

 

早急に虫歯治療を行いましょう。

 

 

虫歯だらけになり

 

 

重度となれば神経まで達してしまい、

 

 

かぶせ物まで必要になってきます。

 

 

また矯正治療にも

 

影響が出るので

 

 

念入りなケアが必要です。

 

 

 

 

矯正歯科と矯正治療の費用

 

 

 

<矯正歯科と費用>

 

 

矯正歯科とは骨の中で

 

歯を移動させる治療のことをいい、

 

噛み合わせの良いキレイな歯並びを

 

生涯にわたってキープしていくことを目的とします。

 

 

14歳頃になれば

 

Advertisements

乳歯が全て大人の歯に生え変わるため、

 

開始するのには

 

いいタイミングとなります。

 

 

 

治療期間は2~3年程度ですが、

 

 

 

矯正治療の多くの目的は

 

 

歯並びを整えるということです。

 

 

歯並びが悪いだけで

 

 

虫歯や歯周病などの

 

原因がとは考えにくいため、

 

 

基本的に公的医療保険が使用できません。

 

つまり全額自己負担ということです。

 

 

費用は約10万円~100万円くらいと

 

考えておいた方がよいでしょう。

 

 

大阪のクリニックでは

 

クレジットカードでの支払いで

 

最大84回払いまで可能というところもあります。

 

 

初診カウンセリングが無料という

 

 

クリニックもあるので不安があれば

 

 

「やらなきゃよかった」

 

と後悔が残らないよう、

 

 

自分に合ったクリニックを探してみましょう。

 

 

 

 

矯正歯科と矯正後

 

 

 

 

<矯正歯科と矯正後>

 

 

歯並びが悪いと歯ブラシの当たりにくい場所ができ、

 

 

虫歯や歯周病の原因になったり、

 

 

出っ歯などから

 

口が閉じづらく

 

乾燥してしまうこともあります。

 

 

 

他にも

 

嚙み合わせの悪さから

 

 

顎とつながる

 

肩周りの筋肉に負担がかかり

 

 

肩こりが発生することもあります。

 

 

歯科矯正はそんな症状のを

 

改善にもつながります。

 

 

 

 

 

<矯正とバンド>

 

 

バンドとは歯を全周に取り囲む

 

金属製の矯正装置のことです。

 

 

奥歯もしっかり固定するので

 

離脱もなく

 

矯正効果を高めるという

 

 

特徴がありますが、

 

 

 

食べ物が歯の間に挟まりやすいという

 

デメリットもあります。

 

 

 

現在では接着剤が開発され、

 

 

ダイレクトボンディングという

 

方法に移行してきました。

 

 

歯の表面に

 

 

特殊なボンドで

 

装置を張り付け、

 

 

そこにワイヤーで固定して

 

 

歯を引っ張りながら

 

 

正しい位置に歯を動かしていく

 

 

一般的な歯科矯正治療法です。

 

 

 

今までは金属製の装置を装着することで

 

見た目から敬遠されがちでしたが、

 

 

セラミックやプラスチック製の

 

透明なワイヤーも多くなり、

 

 

目立ちにくいものが増えています。

 

 

 

矯正後のチェック

 

 

 

<矯正後のチェック>

 

 

矯正中は歯が少しグラグラする感じがあますが、

 

 

歯は骨と直接くっついているわけではなく、

 

 

骨と歯根をつなぐ

 

 

線維性の組織でつながっています。

 

 

歯が動く時は

 

 

組織が伸びて引っ張られた歯と

 

 

周囲の骨との隙間が

 

 

拡がると考えると分かりやすいです。

 

 

矯正治療が終了した時は

 

 

まだ歯がグラグラ動きやすい状態で、

 

 

新しい歯の位置になじむまで続きます。

 

 

最後に厚生労働省と

 

日本歯科医師会によって推進されている

 

 

「8020運動」をご紹介します。

 

80歳で自分の歯を20本以上残すことを

 

目標にした運動です。

 

 

健康で豊かな生活を送るため、

 

 

生涯自分の歯で何の不自由もなく

 

好きな物を自由に食べられるよう心がけましょう。

 

 

 

テキストのコピーはできません。