車を擦ったけど警察を呼ばない?縁石、後日、標識、当て逃げ、バレる、電柱、気づかなかった、、駐車場、車止め、ポール、ガードレール、隣の車、黙ってる、物損事故、保険、修理代

スポンサードリンク






つい不注意で電柱や車止めにぶつけたり、

商業施設やSA・PAなどの

 

 

駐車場で隣の車にぶつけたりした時には

 

 

 

誰でも慌ててしまいます。

 

 

特に免許を取得したばかりの

 

 

ドライバーや

 

 

新車購入直後だった場合の

 

 

 

ショックは大きく、

 

想像以上に高い修理代にも悩みます。

 

 

 

 

スポンサードリンク






後日?電柱や縁石で当て逃げ。

 

 

 

 

相手が電柱や縁石のような物損事故だった場合、

 

 

 

警察を呼ばない方も多いようですが

 

 

そのまま立ち去ると

 

 

「道路交通法違反」、

 

黙ってると

 

 

 

「当て逃げ」

 

 

にもなってしまいます。

 

 

ガードレールにこすった程度なら

 

 

減点も罰金もありませんが

 

 

 

「当て逃げ」

 

ともなれば

 

 

1年以下の懲役または

 

 

 

10万円以下の罰金、

 

 

免許証の減点点数は7点、

 

 

即30日間の免停処分になります。

 

 

まずは落ち着いて

 

 

後日連絡ではなく、

 

 

すぐに警察へ状況を連絡・報告をしましょう。

 

 

 

 

保険の等級など。警察を呼ばなかった理由

 

 

 

 

警察を呼ばなかった理由でありますのは

 

 

 

<免許の点数原点>

 

 

免許取り消しや

 

再取得になるのが怖かった。

 

 

 

 

<保険の等級>

 

 

保険を使わず済ませ、

 

 

自動車保険の等級を上げたくなかった。

 

 

 

 

<職場への連絡>

 

 

事故が職場に知られてしまうと

 

職を失うかもしれないという

 

恐怖と不安。

 

 

 

 

 

<急いでいた>

 

 

警察を呼んで

 

 

Advertisements

実況見分を行うのが

 

 

面倒なので

 

 

示談で済ませたい。

 

他にも

 

車のこすり傷を見つけて

 

 

「もしかしたらあの時に擦ったかも」

 

 

と後で気づいた事もあるかもしれません。

 

バレると後日に。

 

事故を起こしたら

 

Advertisements

慌てずに警察へ届け出る、

 

 

状況に応じた

 

 

対応・対処をすることが大切です。

 

 

 

 

 

縁石・電柱・駐車場、事故の種類

 

 

 

 

 

<物損事故>

 

 

 

電柱や縁石、ポール、商業施設や

 

 

SA・PAなどでの駐車場で

 

他人の車にぶつけたら

 

傷が見当たらなくても

 

 

すぐに警察へ報告しましょう。

 

 

 

 

<人身事故>

 

 

 

道路を通行中の人と

 

 

接触したり

 

 

負傷させたりした場合、

 

 

人身事故となります。

 

 

これは走行中だけではなく

 

ドアの開閉などでも

 

 

人を事故に合わせてしまうかもしれないという

 

 

危険があります。

 

 

 

まずは人と接触したら

 

 

 

ケガ人がいないか

 

すぐに確認する事が大事です。

 

 

 

他にも事故に気付かなかった、

 

 

相手が行ってしまったという

 

被害者にも加害者にもなってしまう例は

 

 

 

数多くあります。

 

 

被害の大小ではなく

 

 

 

冷静になって

 

 

警察へ連絡しましょう。

 

 

 

 

 

擦った時の音に気づかなかった

 

 

 

Advertisements

では擦っても、

 

 

擦った時の音に気づかなかったのはなぜでしょう。

 

 

 

 

<原因>

 

車内の荷物が崩れたと思った、

 

 

音楽を聴いていて

 

 

気づかなかったなどがあります。

 

 

 

周りの道路案標識に集中していた、

 

 

 

高い音で音楽を聴いていたとなると

 

 

擦った時の音も

 

 

聞こえなかったかもしれません。

 

 

 

 

でも車を電柱や縁石に擦る、

 

車止めに乗り上げるなどして

 

 

 

車体にキズをつけたまま走行していると

 

 

運転にも影響してくるので

 

 

 

すぐに車を路肩に止め、

 

 

キズの確認する必要があります。

 

 

 

車の擦りキズでも

 

 

 

いろんな種類があるのですが、

 

 

 

どのキズも放置しておくと

 

 

塗装が剥がれた部分から

 

 

 

錆びてきたり、

 

 

 

腐食してきたりと悪影響です。

 

 

 

 

小さな擦りキズでも

 

放置しておくと

 

車の劣化を早めてしまい、

 

 

 

酷くなると修理代も高くなってしまいます。

 

 

 

 

 

傷の大きさ、

 

損傷具合でも変わってきますが

 

 

 

保険でも修理可能な場合もあるので

 

 

 

保険会社に相談するのもいいでしょう。

 

 

 

傷でもいくつかの種類があり、

 

 

白い線が入った、

 

色がついた、

 

塗装がはげた、

 

凹んだなど。

 

 

 

 

自宅でする修理。塗装の対処

 

 

 

小さなキズは自宅でも簡単に

 

 

修理することが可能です。

 

 

 

修理代も安く済ますことができます。

 

 

自分でも修理できる修理方法を

 

 

いくつか紹介してみましょう。

 

 

 

 

<コンパウンド>

 

 

 

こすったあとの

 

 

小さなキズを目立たなくさせるため、

 

コンパウンドを使用します。

 

 

 

これはカー用品店などで購入できます。

 

 

塗装面を

 

 

 

やさしく磨いてあげることで

 

車についた傷も

 

 

目立たなくさせる可能性があるのですが、

 

 

強い力で磨くと

 

無事な塗装面も

 

 

 

痛めてしまう可能性があるので

 

 

気を付けてください。

 

 

 

 

 

<タッチアップペン>

 

 

 

簡易的な塗料でもある

 

 

タッチペンで傷口を塗装します。

 

 

 

小さな線のような

 

 

こすり傷、浅い擦りキズや

 

 

 

軽い塗装の剥がれなら

 

 

これで補修することができます。

 

 

 

ただ筆で塗ることになるので

 

 

多少のムラが出たりしますが、

 

 

 

錆の発生を防ぐ効果もあります。

 

 

広範囲になると

 

 

 

スプレーの方がいいでしょう。

 

 

 

 

 

<スプレー・ローラー>

 

 

 

色落ちならば

 

 

スプレーやローラーで直せます。

 

広い範囲を簡単に修復できますが

 

 

車体前面となると

 

 

難しいので

 

 

プロにお願いしましょう。

 

 

 

車のこうしたことは

 

 

知恵袋でもある場合がありますから

 

 

話題になりやすいことなのがうかがえます。

 

 

丁寧な対応・対処と安全運転を

 

心がけましょう。

 

テキストのコピーはできません。