こうもりは何類、何科、コウモリは何類ですか

Advertisements
 





実はこうもりが何類かと言えば、哺乳類なのです。

詳しく分類すると、

 

 

脊椎動物亜門・哺乳網・蝙蝠(こうもり)目の哺乳類です。

 

 

何科かといえば、

 

 

オオこうもり科とこうもり科に分けられます。

 

 

鳥のようなこうもりですが、

 

 

確かに哺乳類である、

 

 

分かりやすい理由があります。

 

 

またどんな特徴を持った動物なのかもご紹介します。

 

 

こうもりが夕方になると、

 

 

洞窟から一斉に

 

飛び立って行く

 

 

光景を映像でご覧になった方は多いでしょう。

 

少し不気味な雰囲気もあるこうもりですが、

 

 

 

こうもりのあの大きな翼や

 

勢いよく飛ぶ様は、

 

 

鳥にしか見えないけど、

 

 

一体なに類?

 

コウモリは何類ですか

 

と思ってしまいますよね。

 

 

Advertisements
 





こうもりの分類が鳥類ではない訳とは?

 

 

鳥類は卵から生まれますが、

 

 

こうもりは卵から孵化するのではありません。

 

 

コウモリは人間や他の動物と同じで、

 

 

 

母親のお腹の中で

 

 

母親から栄養をもらって

 

成長し誕生します。

 

 

その後お母さんのお乳を飲みながら育って行きます。

 

 

ペンギンはいかにも哺乳類みたいですが、

 

 

卵から生まれて来るのは

 

 

よく知られている事です。

 

 

 

また、鳥の翼は

 

 

柔らかい羽毛に覆われていますが、

 

 

こうもりの翼には羽毛は全くなく、

 

 

つるんとした膜になっています。

 

 

傘の事を蝙蝠傘(こうもり傘)と呼ぶことがありますが、

 

 

黒い傘はまさにこうもりのようです。

 

 

こうもりの翼は傘のように骨組みがありますが、

 

 

それは5本の指が

 

 

細長く伸びたものなのです。

 

 

 

こうもりの飛膜には筋肉が付いていて、

 

 

この筋肉によって

 

 

バタバタと翼を動かし、

 

 

それにより飛ぶことが出来ます。

 

 

 

 

こうもりの特徴は?どんな哺乳類なの?

 

 

日本にいるこうもりは35種類で、

 

 

寒さや暑さにそれ程影響を受けないので、

 

 

日本全国に分布しています。

 

 

ですが私たちにとって

 

 

一番身近にいるこうもりは、

 

 

アブラこうもりです。

 

 

一般的なこうもりというようなものなので、

 

 

 

このアブラこうもりについてご紹介しましょう。

 

 

日本全国どこにでもいて、

 

 

家にも住みついてしまう事があります。

 

 

田舎のような所にしかいないのかと

 

 

思われるかもしれませんが、

 

 

都会にも結構いるようです。

 

 

 

こうもりは夜行性で昼間は薄暗い所を

 

 

住処にしてそこで寝ています。

 

 

家で言えば、

 

 

雨戸の戸袋や屋根裏に

 

 

住み着いてしまったりするのです。

 

 

 

民家に住み着くような

 

 

こうもりはアブラこうもりだけで、

 

 

別名イエこうもりとも言われています。

 

 

大きさは4cmから5cmくらいで、

 

 

 

重さは約10gですから、

 

 

とても小さくて軽い動物です。

 

 

こういう小さな動物なので、

 

 

例え都会だとしても

 

 

夜薄暗い中で飛んでいると、

 

 

 

鳥か蝶が飛んでいるように見えるので、

 

 

 

こうもりだと気づかないという事もあります。

 

 

小さいですから、

 

 

家のちょっとした隙間から

 

 

戸袋や屋根裏等に入り込み、

 

 

住み着いてしまいます。

 

 

 

日本にいる殆どのこうもり(例外もあります)は、

 

 

食中性です。

 

アブラこうもりも、

 

 

もちろん主食は虫で、

 

蚊や蛾、ハエ等を食べています。

 

 

かなりの大食漢で、

 

 

 

蚊なら一日に約500匹食べるようです。

 

 

こうもりの嫌いなものは、

 

 

ハッカやナフタレンの臭いです。

 

 

それらの成分を使ったもので、

 

 

こうもりを追い出すこともします。

 

 

 

4月から10月に活動し、

 

 

11月から3月までは冬眠しています。

 

 

寿命は1年から5年程だと言われています。

 

 

 

 

こうもりは害獣?感染症を運んでくる?

 

 

こうもりはその形態から不気味な感じがあり、

 

 

それだけでも家に住み着かれたら嫌ですが、

 

 

確かな害ももたらします。

 

 

 

◎糞の害・・

 

 

例えば屋根裏部屋に住み着かれた場合、

 

こうもりの糞が蓄積して行きます。

 

 

アブラこうもりは単独で行動せず、

 

 

集団で住み着きますから、

 

 

糞はかなり溜まってしまう事になります。

 

 

悪臭も漂って来ますし、

 

 

この糞がゴキブリ等を

 

 

引き寄せてしまうという事になります。

 

 

 

 

 

 

◎ガサゴソという音や羽音がする・・

 

 

アブラこうもりの鳴き声は超音波なので、

 

 

人間には聞こえないのですが、

 

 

夜中に天井裏でガサガサという音や、

 

 

羽音のような音がすることがあります。

 

 

鳴き声は聞こえないとしても、

 

 

気味が悪いので

 

 

ストレスになるでしょう。

 

 

 

 

◎感染症を運んでくる・・

 

 

 

こうもりは人間にも感染させる菌を

 

持っていると言われています。

 

 

 

SARSや中国が発生源のコロナウイルスも

 

 

こうもりが原因の可能性があります。

 

 

ただ日本ではこうもりが病気を

 

媒介させたという報告はありませんが、

 

 

やはりこうもりが

 

天井裏等に住み着いていたら

 

 

不安になるしょう。

 

 

 

 

こうもりが屋根裏に!こうもりの駆除方法とは?

 

 

 

こうもりが屋根裏等に住み着いたら、

 

追い出すことにしても。

 

 

 

こうもりは「鳥獣保護管理法」で

 

 

保護されていますので、

 

 

こうもりの駆除方法といったものではなく

 

 

傷つけるような行為は出来ませんから、

 

 

とにかく「追い出す」という事になります。

 

 

 

 

◎こうもりが嫌いな臭いのする薬剤をスプレーする。

 

 

◎燻煙剤を焚き、煙を済み済みまで行き渡らせ、陰に潜んでいるこうもりも追い出す。

 

 

◎ストロボライト等、強烈な光を浴びせる。

 

 

◎超音波を発する機械を利用する。

 

 

 

又、こうもりが家の中に

 

 

入らないようにするのも大切です。

 

 

 

家の通気口、

 

 

屋根等の隙間、

 

 

戸袋を何かで埋めたり、

 

 

 

網を取り付けたりする必要があります。

 

 

 

こうもりは鳥類に間違えられるけど、タツノオトシゴって何類?

 

 

こうもりが何類なのか気になりますが

 

こうもりが鳥類に間違えられるように、

 

他にも間違えられやすい

 

こうもり以外にも動物は多くいます。

 

 

 

例えばタツノオトシゴも何類?と思ういい例でしょう。

 

 

タツノオトシゴは魚には見えませんが、

 

 

実は魚類なのです。

 

 

暖かい海に生息するので、

 

 

北海道の南部までなら見ることが出来ます。

 

 

タツノオトシゴの生態で実に面白いのは、

 

 

 

オスのお腹の袋状のものに

 

 

メスが卵を産み落とすというものです。

 

 

 

ですのでオスがその袋の中で卵を孵化させ、

 

 

 

成長させ、

 

 

お腹の袋から稚魚たちを出産します。

 

 

小さくてかわいいけど、

 

 

ちゃんとタツノオトシゴの形をした

 

赤ちゃんがフワフワと出て来るのです。

 

 

 

じっとしていて動かないタツノオトシゴですが、

 

 

何食べるんだろうと思いますよね。

 

 

タツノオトシゴには歯がないので、

 

 

プランクトンや小魚、

 

エビ等を

 

 

吸い込んで丸飲みしています。

 

テキストのコピーはできません。