高校生の生理がこない。不安、ダイエット、1週間

女性は思春期になると性機能が発達し、

子供を産める準備を体が始めます。

 

一般的には11歳~14歳頃に

初潮を迎え、

 

以降月経や排卵が安定すると

Advertisements

 

妊娠や出産が可能になります。

 

いざ初潮の時期になると

 

生理痛やイライラや

 

 

憂鬱などの体調の変化がありますが、

 

学校などで

 

習っているので

 

ある程度理解しているのではないでしょうか。

 

そうなると不安になるのが生理に関する

異常や将来妊娠についての心配です。

 

そこで今回は、

 

思春期の女子高生に多い

 

生理に関する悩みや解決法について

 

紹介していきます。

 

 

生理が来ないで不安。ダイエット。

 

 

思春期になるともっと多いのが生理不順です。

 

生理予定日になっても

 

来ない場合が有ります。

 

 

<原因>

 

基本的な原因は、

 

女性ホルモンのバランスの乱れです。

 

 

Advertisements

思春期の場合女性ホルモンが不安定なことが多く、

 

初潮をむかえて

 

生理周期が安定するまで

 

3年程度

かかると言われています。

 

よって生理不順のほとんどが

 

問題ないと考えられます。

 

 

ホルモンバランスの乱れは、

 

 

ストレスや

 

過度のダイエットで起こる

 

可能性が高いです。

 

 

 

<特徴>

 

特徴は大きく分けて2つあります。

 

 

・気にしなくても良い

 

一般的に、正常な月経周期は、

 

25日~38日間隔とされています。

 

 

周期は人によって違うので

 

この間隔内で

 

あれば問題ないと言われています。

気にかける目安として、

 

前の月より

 

一週間以上遅れたり

 

早まったり

 

予定日に来ない時は、

 

 

生理不順の可能性があります。

 

生理を記録しておくと

 

予定日などを

 

把握できるので

 

実践してみましょう。

 

 

 

・注意が必要

 

生理周期が常に

 

40~50日間隔と空いてしまう人は

 

「稀発月経」とされ、

 

通常月経がきてから

 

14日後あたりに

 

 

排卵期が訪れるサイクルです。

 

「稀発月経」の人は、

 

排卵がスムーズに行われない

 

時期が長く続くと

 

Advertisements

排卵障害や卵巣機能低下の

 

可能性があります。

 

 

逆に生理周期が20日より短く、

 

 

月に何度も出血がある場合は

 

「頻発月経」とされ、

 

排卵を伴わない

無排卵月経の可能性が高いです。

 

 

 

 

<不安に感じる異常>

 

最も不安に感じる異常が「無月経」です。

 

90日以上生理が来ない時は

 

無月経とされ、

 

妊娠の可能性がないのに

 

90日以上生理が来ないと、

 

 

ホルモン機能の異常や

 

Advertisements

停止が考えられます。

 

放置しておくと

 

卵巣障害になり、

 

将来妊娠や

 

出産に悪影響を及ぼします。

 

 

 

<生理が来ない>

 

生理が来ない期間が長いと不安になります。

2か月に1回生理が来るようなら様子を見ましょう。

 

五ヶ月で気付く人もいますが

 

3か月以上経過し、

 

4か月目に入る場合は、

 

女性ホルモンの値を調べる

 

 

血液検査をおすすめします。

 

 

 

生理と妊娠。生理痛

 

 

生理中に憂鬱になる原因として

 

生理痛があります。

 

 

<症状>

 

生理痛は、主に

 

月経時の子宮の収縮が強すぎると

 

起こります。

 

強い収縮があると

 

 

知覚神経を通して

 

「痛み」として

 

大脳に届きます。

 

これにより

 

下腹部の腹痛や

 

腰痛など

 

子宮周りに

 

激しい痛みを感じます。

 

また骨盤内の血液循環が

 

悪くなることで

 

 

腰痛や、

 

子宮の収縮が

 

腸壁を刺激して

 

下痢や嘔吐を引き起こす

Advertisements

可能性があります。

 

この他に、

 

体のだるさや

 

食欲不振などの

 

体調不良を感じることがあります。

 

 

 

<要注意>

 

生活に支障が出る人は要注意です。

 

生理痛は病気ではないですが、

 

腹痛や腰痛などの

 

症状が生活に

 

支障が出るほど重症な場合は

 

「月経困難症」と考えられます。

 

市販の痛み止めなどが

 

聞かない場合などは

 

症状が重いと認識する

 

必要があります。

 

 

 

 

茶色いオリモノと生理。

 

 

月経時の経血量は人によって違いますが、

 

一般的に1回につき

 

20~14mlで生理日数は、

 

3~7日と幅があります。

 

個人差があるので

 

体調や

 

ホルモンバランスによって

 

変わるので、

 

余り気にする必要はありません。

 

 

 

 

 

<多い人の注意点>

 

経血量を図ることは難しいですが

 

感覚として、

 

寄り用のナプキンをつけても

 

下着や服にしみついてしまったり、

 

 

1時間毎にナプキンを変えないという

 

状態が続く時は

 

「過多月経」といえます。

 

 

思春期の過多月経は、

 

不安定なホルモン分泌が原因なので

 

 

年齢と共に

 

女性ホルモンが安定すれば治ります。

 

経血量が多いと感じたら

 

鉄分が豊富に含まれる

 

食事を意識しましょう。

 

 

 

 

 

<少ない人の注意点>

 

一般的に経血量は、

 

1~3日目あたりが最も多く、

 

そこから徐々に

 

減ってくる人が多いです。

 

ナプキンをほとんど変えることが

 

必要ないぐらい少ない人は、

 

 

卵巣の働きが鈍くなっている

 

可能性があります。

 

 

 

 

 

元々少ない人や

 

低用量ピルを使用していると

 

出血が少なく手も問題ないですが、

 

ストレスが原因の場合は

 

卵巣機能が低下している場合が有ります。

 

余りにも少ない日が続くようだと

 

無排卵性月経になっている

 

可能性があるので

 

病院で相談してみましょう。

 

 

 

<経血の色の異常>

 

経血量の他に

 

「茶色いのオリモノ」や「血の塊がです」

 

 

といったことで

 

 

不安に思う人が多いと思います。

 

経血の色が赤色でなく

 

色が薄い場合は、

 

血中のヘモグロビンが不足して

 

貧血気味の可能性があります。

 

黒ずんで見える場合は、

 

経血がスムーズに

 

体外に排出されない為、

 

膣内で酸化したことが原因です。

 

 

 

<経血に塊がある>

 

経血とは、

 

剥がれ落ちた子宮膜が

 

酸素の働きにより

 

液状化して排出されたものです。

 

剥がれ落ちた

子宮の量が多く

 

酸素の処理が追い付かなかった場合に

 

レバーの様な塊になります。

 

この塊となって

 

出てくる頻度が多い場合は、

 

子宮の病気の可能性があるので

 

 

一度検査してもらうと

 

良いでしょう。

 

 

 

 

生理がこないから不安になったら

 

 

今紹介した生理の悩みは、思春期特有の症状です。

 

問題視しなくても大丈夫ですが、

 

不安や心配なら

 

病院に行ってみることをおススメします。

 

残念ながら自分で治すことが出来ません。

 

病院で診察してもらうのが良いでしょう。

 

しかし高校生になると

 

1人で婦人科に行くのは

 

勇気がいることです。

 

まずは母親に相談しましょう。

 

母親に相談しにくかったら

 

保健の先生などに聞いてみましょう。

 

1人で抱え込みすぎず、

 

前向きに向き合うことが大切です。

 

 

 

 

生理の不安

 

 

生理の悩みについて紹介しました。

 

悩みの多くが生理不順や生理痛や経血量などです。

 

それぞれ原因や特徴があります。

 

生理痛については

 

ホルモンバランスの乱れが原因で、

 

生理痛で生活できないぐらい

 

痛みがある方は病院で

 

受診してもらう事をおススメします。

 

 

経血量に関しては、

 

 

いつもと違うので

 

不安や

心配するかもしれませんが

 

あまり気にしなくていいようです。

 

気になるようなら

 

一度病院に行ってみましょう。

 

Advertisements

解決法ですが、

 

生理痛などは痛み止めなどで

 

効果が有りますが

 

その他に関しては、

 

残念ながら1人では

 

治すことが出来ません。

 

病院で相談してみましょう。

 

この時、高校生になると1人で婦人科に行くのは

 

勇気がいることです。

 

まずは母親に相談しましょう。

 

母親に相談しにくかったら

 

保健の先生などに

聞いてみましょう。

 

この様に生理の悩みは、

 

自分1人で解決できないことが多いです。

 

病院に行く前に身近にいる母親か

 

保健の先生や友人などに

 

相談するのもひとつの方法です。

 

 

テキストのコピーはできません。