北の国から。ホタルがかわいい!正吉と結婚。幻の新作とは?現在は?あらすじやキャストや名言など紹介

スポンサードリンク






北の国からのホタル役は「中嶋朋子さん」です。

 

その他のキャストも気になります。

 

 

「北の国から」とは、

 

1981年~フジテレビ系で放送された

 

日本の人気ドラマシリーズです。

 

 

蛍がかわいいと思い出す方もいらっしゃるでしょう。

 

 

では、どのようなストーリーなのでしょうか。

 

また、どのような名言があるのか気になると思います。

 

 

そこで今回は

 

・北の国からのキャスト

 

・北の国からのロケ地について

 

・北の国からのあらすじ

 

・北の国から楽曲

 

・北の国から名言集

 

・北の国からの幻の新作について

 

・よくある質問。蛍の子供や蛍の旦那など

 

・まとめ 北の国から

 

について紹介します。

 

 

 

 

スポンサードリンク






北の国からのキャスト

 

 

 

ここでは、主なキャストを紹介します。

 

 

1998年のキャスト一覧です。

 

 

役名

俳優・女優

黒板 五郎

田中 邦衛

黒板 純

吉岡 秀隆

黒板 蛍

中嶋 朋子

小沼 シュウ

宮沢 りえ

中畑 和夫

地井 武男

成田 新吉

ガッツ石松

北村 草太

岩城 滉一

飯田 アイコ

美保 純

飯田 広介

古本 新乃輔

中津チンタ

永堀 剛敏

宮田 寛次

布施 博

笠松 みどり

林 美智子

小沼 周吉

室田 日出夫

中津 完次

小野田 良

中畑 みずえ

清水 まゆみ

北村 正子

今井 和子

時夫

笹野 高史

宮前 雪子

竹下 景子

シュウの次兄

上杉 祥三

中津 ツヤ子

小池 美枝

 

 

 

北の国からのロケ地について

 

 

北の国からでは、

 

主に富良野を中心に

 

ロケが行われました。

 

 

ここでは、

 

ロケ地を7つ紹介します。

 

 

 

 

ロケ地

紹介

中の沢小学校分校

蛍と純が通っていた学校として登場。

 

現在では廃校となっており、

 

村の集会場として活用されています。

 

五郎の石の家

赤い屋根と風車は印象的で、

 

目の前には大きな畑が広がっています。

 

中に入ると「ちゃぶ台」があり、

 

放映当時の雰囲気が感じられます。

 

入場料が200円かかります。

 

布部駅

放送1回目に登場した駅です。

 

原作者の直筆の看板があり、

 

現場のリアルさを感じることが出来ます。

 

駅の開業は、

 

2年と歴史があり、

 

現在は無人駅の様です。

 

富良野神社

この神社は

 

「結婚式のシーン」

 

「再開のシーン」

 

で使われています。

 

「北の国から ‘98時代」

 

「北の国から 2002遺言」

 

で登場します。

 

拾ってきた家

「北の国から 2002遺言」で登場し、

 

4棟の家が建てられています。

 

この家屋は廃棄物を使って作られたもので、

 

創意工夫を凝らされています。

 

入り口前の看板には

 

現代社会における捨てることへの

 

警鐘を鳴らす言葉が掲げられています。

 

 

麓郷の森

劇中では焼けてしまいますが、

 

当時撮影されたものとは

 

別の物なので現在は残っています。

 

ここでは、写真館やレストランがあり、

 

お土産屋もあるので

 

観光などでも楽しめます。

 

中畑木材

ドラマに出てきた

 

「中畑木材」のモデルで、

 

実際にも木材会社です。

 

 

記念撮影ができるようになっていますが

 

外からのみとなっています。

 

 

 

「北の国から」のファンの方は

 

一度は行って見たい名所です。

 

 

 

北の国からのあらすじ

 

 

 

ドラマ「北の国から」は、

 

1981年~2002年まで

 

9作品あります。

 

 

ここでは、

 

 

9作品のあらすじを紹介します。

 

 

 

北の国から(1981年)

 

 

故郷である北海道富良野市に、

 

息子の純くんと蛍ちゃんを

 

東京から連れ戻った黒板五郎。

 

 

 

ガスや電気も通っていない

 

過疎化した村にある

 

五郎の生家を修復し、

 

生活を始めます。

 

 

 

都会暮らしに慣れた幼い子供たちは、

 

田舎での暮らしに

 

中々馴染むことが出来なかった・・・

 

 

 

富良野の雄大な大自然の中で

 

家族の人間模様が描かれています。

 

 

 

 

北の国から ‘83冬(1983年)

 

 

出稼ぎに出ていた五郎が

 

正月休みで

 

富良野に帰ってきます。

 

 

純の同級生の正吉が家出をし、

 

黒板家で正月を迎えます。

 

 

正吉と母(みどり)の間に

 

問題があり、

 

 

みどりは

 

五郎に息子を預けた。

 

 

その挙句、

 

借金を残して

 

どこかに逃げてしまいます。

 

 

 

その借金は

 

五郎が肩代わりにをすることになってしまった。

 

 

 

 

北の国から ‘84夏(1984年)

 

 

東京から富良野へきて4年、

 

純と正吉は

 

帰省してきた努が

 

パソコンを操作するのを見て

 

ショックを受ける。

 

 

 

 

さらに、

 

努に父の五郎のことをバカにされ

 

口論となります。

 

 

努に罵倒された純は、

 

五郎が気後れする

 

 

原因となった

 

丸太小屋の焼失の原因が

 

自分であることを思い出してしまう。

 

 

 

 

正直な父に対して素直に罪を認め、

 

謝罪できないでいる

 

純の心の揺れが

 

感情として丹念に描かれている。

 

 

 

 

北の国から ‘87初恋(1987年)

 

 

電気製品オタクの純は

 

中学3年生となり卒業が迫る頃、

 

 

大里家の農家の裏にある

 

風車に興味を持ちます。

 

 

 

 

そこの娘である

 

「れい」に一目惚れしてしまいます。

 

 

町の中学に通う

 

Advertisements

「れい」

 

と次第に心を寄せ合い付き合うようになるのだが・・・

 

 

 

登場人物の成長過程を追ことが出来、

 

本作では

 

純の初恋模様が描かれています。

 

 

 

 

北の国から ‘89帰郷(1989年)

 

 

純は東京で就職に就き、

 

 

実家へ送金までする様になりました。

 

 

これを誇りに思う五郎は

 

 

3人暮らす家作りのために

 

丸太を毎日削っていました。

 

 

しかし純は職を転々としており、

 

趣味のバイクで

 

悪い仲間ともつるむようになった。

 

更に看護師になるため

 

旭川の学校まで通う蛍は、

 

予備校生と心を通わせていた。

 

 

 

蛍は電車で蛍の恋人、

 

和久井勇次(緒方直人)と出会う。

 

蛍と勇次の関係は、蛍の初恋相手である。

 

 

 

家作りに励む父と、

 

それぞれの道を歩み始めようとする

 

子供たちの暮らしが

 

繊細に描かれています。

 

 

 

 

 

北の国から ‘92巣立ち(1992年)

 

 

丸太小屋を再建しようと

 

躍起になっている五郎は、

 

 

旭川で看護師になろうと

 

勉強を続けている

 

蛍の帰りを待ちわびていた。

 

 

 

その一方、

 

 

東京でガソリンスタンドの

 

店員をしている

 

は何気ない日々を過ごしていた。

 

 

 

知り合った

 

「タマ子」

 

 

と関係を持ち、

 

 

妊娠までさせてしまうが・・・

 

 

 

 

子供たちと離れて

 

遠い富良野で暮らす五郎と、

 

 

異性関係を深める子供たちと

 

対照的な暮らしが

 

 

描かれています。

 

 

 

 

北の国から ‘95秘密(195年)

 

 

北海道で懸命に生きている

 

五郎の気持ちと裏腹に、

 

 

富良野でゴミ収集の仕事をする純は、

 

 

「れい」と

 

遠距離恋愛を続けながら

 

 

新たにシュウと恋仲になります。

 

 

札幌の病院で

 

看護師をしている蛍は

 

病院をやめたあげく、

 

 

妻子ある男性と駆け落ちをした。

 

 

 

富良野の美しさが撮影されており、

 

子供たちが

 

どんな論理に反する事をしても

 

味方であり続ける

 

 

父の五郎の

 

 

哀愁漂う

 

 

優しげな姿が描かれている。

 

 

 

 

 

北の国から ‘98時代(1998年)

 

 

完次が営む農業を手伝うようになった五郎。

 

 

富良野で共に暮らす

 

純はゴミ収集のベテランになっていた。

 

 

 

しかし恋人のシュウの実家に挨拶に行くと

 

 

自分の仕事が気に入られずに

 

落ち込む純。

 

 

 

音沙汰の無い蛍、

 

金の工面のために

 

親戚や友人の所を回っていた。

 

 

 

蛍と正吉の結婚がきまり、

 

結婚の日まで

 

医師の家で暮らすことになる。

 

喜びを隠しきれない五郎だが・・・

 

 

 

 

それぞれの思いを抱きながらも、

 

すれ違っていく彼らが

 

繰り広げられる

 

人間ドラマが描かれている。

 

 

 

 

北の国から 2002遺言(2002年)

 

 

蛍の金を工面した

 

Advertisements

草太から牧場を引き継いだ

 

純と正吉であったが、

 

 

牧場の倒産で富良野を去ってしまう。

 

 

 

蛍の息子の快を育てており、

 

五郎は快が可愛くて仕方がなかった。

 

しかし五郎が腹痛を覚え・・・

 

 

 

 

 

五郎の奮闘と

 

 

蛍と純の成長を

 

 

20年にわたりここで完結。

 

 

黒板一家を見守ってきた

 

視聴者には

 

これまで積み上げられた時間と

 

感動が押し寄せてきます。

 

 

 

 

北の国からは、

 

ドラマのみで映画はありません。

 

 

 

 

北の国から楽曲

 

 

 

北の国からでは、

 

50曲の楽曲があります。

 

 

ここでは、

 

その中の10曲を紹介します。

 

 

 

 

曲名

アーティスト

北の国から

さだまさし

北の国から(遥かな大地より)

さだまさし

蛍のテーマ

さだまさし

五郎のテーマ

さだまさし

純のテーマ(ギターバージョン)

さだまさし

シュウのテーマ

さだまさし

れいのテーマ

さだまさし

哀愁の高山

竜 鉄也

そして煙草

森 進一

精霊流し

さだまさし

 

 

 

同じ曲でも

 

 

ギターバージョンや

 

スローバージョンなど

 

 

シーンに応じて

 

使い分けています。

 

 

楽曲によって

 

オカリナ演奏があります。

 

楽譜、歌詞は通販などで購入できるので、

 

興味がある方は楽譜を購入して

 

演奏してみましょう。

 

 

 

北の国から名言集

 

 

 

北の国からでは、

 

色々な名言がありますが、

 

ここではその中から

 

厳選して紹介します。

 

 

 

 

【連続ドラマ5選】

 

 

名言

名言解説

電気がない?電気が無かったら暮らせませんよ! 東京で育った順には電気の無い生活は衝撃でした。

「夜になったらどうするの?」と純が尋ね、

「夜になったら寝るんです」

と五郎が答えたシーン。

 

ハタチ過ぎたらすぐ40 木村草太のセリフです。

初めて聞いた時に心に残り、

歳をとってから

ジワジワきた言葉。

 

病気は治るがクセは治らん。お前のバカはクセだから治らん 木村草太のセリフです。

他人に苦手な所を受け入れる時に

自分に言い聞かせると、

いい意味であきらめがつきます。

 

怪我した傷ァ直ぐ治るけど、言葉で受けた傷ァ中々消えん 木村草太のセリフです。

倉本聰さんは、

町の人達に

名言を言わせている様です。

 

昔ぁ懐かしがるだけのもんでない

二度としたくない昔だってある

昔から麓郷に住んでいる

杵さんが言った言葉です。

北海道で苦労して

生きてきた先人の言葉は重みがあります。

 

 

 

 

 

【ドラマスペシャル】

 

 

<北の国から ‘84夏>

 

 

 

名言

名言解説

子供が、まだ食ってる途中でしょうが! 純の不注意で、

五郎が建てた家が全焼してしまいます。

 

純は正吉のせいにしようとしますが、

 

良心から

 

五郎と蛍に自分がやったと告白。

 

ラーメン屋で涙を流す純を、

 

五郎は責めません。

 

早く店じまいしたい店員が

 

不愛想に丼を下げようとして

 

五郎が怒った時のセリフです。

 

 

 

 

 

 

<北の国から ‘87初恋>

 

 

名言

名言解説

男は誰だっていたわれりゃ傷つく 「父さんは情けない」

 

と言ってしまった純に、

 

草太が掛けた言葉。

 

「男は見栄で出来ている」

 

と説かれ、

 

純は五郎に謝りました。

 

男性なら共感できるシーンではないでしょうか。

 

疲れたらいつでも帰ってこい 純を東京へ送り出すことにした

 

五郎の言葉です。

 

北の国からシリーズでも、

 

とても印象強い名場面です。

 

 

 

 

 

<北の国から ‘95秘密>

 

 

名言

名言解説

石鹸で落ちない汚れってもんもある 東京から帰郷して

 

ゴミ収集員として働く純。

 

シュウの秘密を知り、

 

自己嫌悪と罪悪感にさいなまれます。

 

そんな純に五郎が掛けた言葉です。

 

昔の事消せる消しゴムあるといい 人には知られたくない

過去を持つシュウの言葉です。

 

インターネットが普及後、

 

更に重みのあるセリフとなりました。

 

 

 

 

 

 

<北の国から ‘98時代>

 

 

 

名言

名言解説

俺は小さくやんだ「ありがとう」の言葉が聞こえる範囲でなあ 「今の農業は、上手い作物を作っても食べた人から有難うと言ってもらえない」

という内容に続けてのセリフです。

 

時代に関係なく

 

大切な事だと

 

思い出させてくれるセリフです。

 

 

 

 

 

<北の国から ‘98時代>

 

 

名言

名言解説

純、蛍。金なんか望むな。幸せだけを見ろ お金は沢山あっても困らないと思う人が多いです。

 

倉本聰さんは

 

「お金以外の価値」

 

北の国からのテーマにしていました。

 

改めて考えさせられるセリフです。

 

ワシのせいで、あんたが富良野に戻れんようになったこと、いつも心に病んどった 純と正吉は借金を抱え、

 

富良野を離れます。

 

債権者の三沢オジサンに会いに行ったときに

 

純が言われた言葉です。

 

名場面と名言で

 

心にグッときた人も多いでしょう。

 

 

 

 

 

北の国からの幻の新作について

 

 

 

北の国からには、新作があった様です。

 

そのタイトルは

 

 

「北の国から 2021ひとり」です。

 

 

 

ここでは、幻の新作について紹介します。

 

 

 

 

 

1.あらすじ

 

 

 

2002年、蛍と正吉は

 

息子の快を連れて福島に行く。

 

 

正吉は富岡町の消防署に勤務し、

 

 

蛍は診療所に勤める。

 

 

 

 

 

2009年、「さくら」という女の子が生まれる。

 

 

五郎は園子に夢中になり、

 

 

中々富良野に帰らない。

 

 

それを

 

純たちが連れ戻す出来事がある。

 

 

 

 

 

2010年、純の妻の結が勤務先の店長と不倫し、

 

離婚することになる。

 

その事に五郎はゲラゲラと笑っている。

 

 

 

 

 

2011年、東日本大震災が起きる。

 

蛍の夫で消防職員の正吉は

 

人命救助で死亡する。

 

 

 

死亡の理由は、

 

人命救助の際に

 

津波に巻き込まれ行方不明になり、

 

のちに死亡したようです。

 

 

 

その翌日に

 

原発が爆発により

 

全員避難する事になり、

 

正吉を探すことが出来ない状況が

 

何年も続く。

 

 

 

 

2014年、避難地区が解除され、

 

 

正吉の手がかりを探すも見つからない。

 

それでも五郎は必死に探すが

 

純に説得され

 

富良野に連れて帰った。

 

 

 

 

2018年、83歳になった五郎は

 

癌の疑いで病院に検査入院するが、

 

 

MRIが怖くて途中で逃げてしまう。

 

 

病棟に戻されると、

 

逃げた経歴を持つ爺さんと出会う。

 

 

 

 

2020年、新型コロナが流行し始める。

 

 

蛍は病院に缶詰め状態に。

 

純は札幌で病院から出る

 

感染症廃棄物を回収し、

 

焼却施設に運ぶ仕事をしている。

 

 

純も蛍も

 

五郎と連絡が取れなくなっていた。

 

 

 

 

・五郎の最期

 

 

純は札幌で恋人だったシュウと再会。

 

シュウは純の代わりに

 

五郎の様子を見に行く。

 

 

石の家に着くと

 

中から五郎の話し声が聞こえる。

 

 

五郎は妻の玲子の写真と

 

会話をしていた。

 

 

その事を札幌に

 

帰って来た純に話す。

 

 

純も蛍も

 

多忙な日々で

 

五郎と連絡が取れない日が続き、

 

 

不安になった純は

 

シュウと2人で

 

医師の家に行くと

 

書置きがあるのを見つける。

 

 

 

気付くと玲子の写真が見当たらない。

 

純が色々な場所を探す内に

 

「山おじ」に行きあたる。

 

 

山叔父に聞くも

 

山に入ったことは教えてくれるが

 

場所は教えて貰えなかった。

 

 

 

結局、

 

 

五郎は一人で山に入り

 

死亡していて、

 

遺体を動物に、

 

骨を微生物に食わせたと

 

察するしかなかった・・・

 

 

 

 

五郎の終焉は、

 

2021324日、

 

つまり田中邦衛さんが無くなった日であろうと思われる。

 

 

 

 

2021109日、40年前に「北の国から」が放送開始の記念に

「追悼 田中邦衛さん 北の国から 40周年記念トークショー」

 

が開催された。

 

 

倉本聰をはじめ、

 

中嶋朋子、さだまさし、蛍原徹などが参加し、

 

「黒板五郎」を語り合った。

 

全国から多数の応募の中から

 

650名のファンも来場した。

 

 

 

 

 

よくある質問。蛍の子供や蛍の旦那など

 

 

 

ここでは、よくある質問を紹介します。

 

 

 

蛍の家族構成は?

 

 

【回答】

 

 

・蛍の旦那:正吉

 

・蛍の子供:かい

 

・蛍の兄:純

 

 

 

蛍の両親は

 

 

「父:黒板五郎」

 

「母:黒板玲子」

 

 

です。

 

 

両親は離婚しています。

 

 

離婚の理由は、

 

黒板玲子の不倫で

 

 

五郎が蛍と純を連れて

 

富良野へ移住しました。

 

 

 

 

 

②蛍の子供の父親役は誰?

 

 

 

【回答】

 

 

蛍と駆け落ちした医者の黒木光彦です。

 

井筒森介さんが演じています。

 

 

北の国から 

 

 

2002遺言で

 

三沢さんが借金を肩代わりしてくれたシーンの流れは?

 

 

【回答】

 

 

シーンの流れと次の通りです。

 

 

・借金を残して草太が急死

 

 

・純、正吉が草太の牧場を継ぐ

 

 

・一年ほどで牧場が破綻。3,000万円の借金が残る

 

 

・組合勘定と三沢のおじいさんのはからいで、

 

純と正吉は、

 

毎月3万円ずつの返済を約束して

 

富良野を出る。

 

 

 

 

<同じ農協に所属する農家さんたちによる組合勘定。

 

組合員の農家が不作や災害で借金を作った場合は、

 

組合員全員で助ける制度>

 

 

 

 

三沢さんが全ての借金を

 

肩代わりしたようです。

 

 

 

まとめ 北の国から

 

 

 

蛍役は「中嶋朋子さん」です。

 

その他のキャストは多数いますが、

 

 

「北の国から ‘98時代」

 

のキャストを参考に紹介しています。

 

また、これまでのシリーズのあらすじも

 

紹介しているので参考にしてみて下さい。

 

 

北の国からについて

 

もっと詳しく知りたい方や興味がある方は、

 

 

今回の記事を参考にしてみて下さい。

 

 

これから「北の国から」

 

を見ようという方は

 

 

ネタバレとなるので注意して下さいね。

 

今回は「北の国から」について

 

紹介しました。

 

テキストのコピーはできません。