金融機関のお届け印、失敗、捨印、忘れた、間違えた、変更、確認

Advertisements
 





金融機関等の銀行印、家に複数あることはよくあります。

ですがしょっちゅう使うものではないので、

 

その金融機関のお届け印が

 

どれだったか忘れたり、

 

わからない事があります。

 

いざ必要になった時、

 

どれだったか?

 

と慌ててしまいますね。

 

ですが慌てなくても対処する方法はあります。

 

また、お届け印をなくしてしまった時や、

 

間違えて押してしまった場合の

 

対処法も考えましょう。

 

 

 

Advertisements
 





金融機関のお届け印とは

 

 

 

お届け印というのは、

 

金融機関(銀行や信用金庫等)に

 

印影の届けを出している

 

銀行印のことです。

 

 

 

印影というのは、

 

難しい言い回しをすると、

 

 

 

朱肉を使ってハンコを押した時に

 

紙に写される

 

朱肉の跡のことです。

 

 

その印影を銀行に届けてあるのが、

 

お届け印です。

 

 

 

ある程度の高額のお金を下ろしたりする時に、

 

 

預金者本人であるかを

 

届出印で確認することが出来ます。

 

 

普段は銀行カードを使って

 

ATMでお金を下ろしていると思いますが、

 

そういう時には印鑑は必要ありません。

 

 

 

でもATMでは下ろせない高額になると、

 

やはり届出印を持って

 

銀行へ直接行く必要が出て来ます。

 

 

ですから届出印というのは、

 

かなり大切な印鑑だという事になります。

 

 

 

 

お届け印を忘れた時

 

 

金融機関に出す書類に届け印を押す事になったのに、

 

その届け印を忘れてしまう事があります。

 

 

引き出しの中には、

 

 

それらしき印鑑がいくつか入っていて、

 

 

どれがどこの印鑑だったか

 

分からなくなってしまうのです。

 

 

そういう時、

 

 

その出す書類に

 

それらしき印鑑を全部押して、

 

 

郵送するというのはどうなんでしょうか。

 

 

銀行側でそういった書類に目を通し、

 

正しい印鑑を見つけてくれるのでしょうか。

 

 

まず、それはあり得ません。

 

 

銀行側はそういった書類は受け取ってくれません。

 

 

 

 

お届け印が分からなかったら、

 

書類の郵送ではなく、

 

 

それらしき印鑑を

 

いくつか持参して

 

直接銀行へ行きましょう。

 

 

 

そして印鑑が分からなくなった旨を話せば、

 

 

 

銀行の人が

 

 

登録されている印影と

 

持って行った印鑑の

 

どれが正しいかを示してくれます。

 

 

 

 

ですが、

 

うっかり印鑑を間違えた場合、

 

押す時に失敗した場合は、

 

 

郵送でも大丈夫なのでしょうか。

 

 

例えば違う印鑑を押してしまい、

 

 

すぐに気が付いた時や、

 

 

ぶれて押してしまったりした時等は、

 

横線で消して、

 

 

傍らに再び正しい印鑑を押せば、

 

郵送でも大丈夫です。

 

 

 

お届け印をなくした場合

 

 

もし登録してある銀行印をなくした場合は、

 

すぐに銀行へ紛失届を出す必要があります。

 

 

その銀行印が

 

他人の手に渡り

 

悪用されないとも限らないからです。

 

 

紛失届を出したら悪用されることはないので、

 

一安心です。

 

 

紛失届を出す時には改印届も出し、

 

 

銀行印を

 

新しい印鑑に変更する必要があります。

 

 

 

その時には、

 

本人確認書類、通帳、

 

これから使用する印鑑を持って、

 

銀行の窓口へ行きましょう。

 

 

 

クレジットカードのお届け印の確認方法

 

 

クレジットカードを作る時等に、

 

 

引き落としされる

 

銀行のお届け印を書類に押す必要があります。

 

 

もし間違えた印鑑を押してしまうと、

 

審査は通りません。

 

 

「印鑑が違います」という事で、

 

 

書類が返ってきてしまいます。

 

 

クレジットカード会社は、

 

 

銀行へその印鑑が正しいものかを確認するので、

 

 

間違えて押していたら当然、

 

書類は返って来てしまうでしょう。

 

 

また、間違えてなかったとしても、

 

 

色が薄くてはっきり確認出来ない印や、

 

少しはじっこが欠けてしまった印も、

 

送り返されます。

 

 

 

お届け印がない銀行

 

 

最近ではお届け印を出さない銀行も増えて来ました。

 

例えば、楽天銀行のようなネット銀行は、

 

元々お届け印は必要ありません。

 

 

お届け印に慣れている年代の人は、

 

 

お届け印がないということに、

 

 

ちょっと違和感を感じられるかもしれません。

 

 

 

また、大手銀行の「りそな」は何年か前から、

 

 

手続きする時に

 

印鑑の使用を取りやめています。

 

 

三井住友は、

 

個人向けだけに印鑑ではなく、

 

サインのみによる本人確認を導入しています。

 

新しい技術により、

 

 

サインの筆圧や

 

方向等で

 

照合する事が出来ます。

 

 

偽造が出来る印鑑より、

 

 

セキュリティの面で安心かもしれません。

 

 

 

 

金融機関の捨印

 

 

金融機関で書類に銀行印を押す時に、

 

その書類の余白に

 

捨印を押す事があります。

 

 

金融機関でなくても、

 

役所に出す書類等にも

 

捨印を押す事があります。

 

 

 

その捨印、一体、何のために押すのだろう、

 

 

どういう意味があるのだろうと思ったことはありませんか?

 

 

これは、提出する書類の余白に

 

ハンコ(捨印)を押しておく事により、

 

 

 

書類上にもし誤りがあった時に、

 

 

 

提出された側が、

 

訂正印として

 

利用するためのものなのです。

 

 

 

本人自身が書類を書いている時に間違えたら、

 

 

その間違った所に線を引いて、

 

その上に訂正印を押すかと思います。

 

 

 

ですが、既に提出された書類に

 

誤りが見つかった時には、

 

 

 

本人ではない人でも、

 

 

その捨印を訂正印として

 

使うことが出来るのです。

 

 

 

どういう風にするかと言うと、

 

 

誤りの部分に線を引いて

 

正しいものを書いた後、

 

 

 

捨印の横に

 

削除した文字数と

 

 

追加した文字数を

 

書いておくという方法です。

 

 

 

ところで、

 

金融機関の口座振替依頼書記入欄の捨印欄に

 

 

「ゆうちょ銀行は除く」

 

と書いてあるのを見たことはありませんか?

 

 

 

実はゆうちょは記入に不備があった時は、

 

 

必ず訂正印が必要になるので、

 

捨印の意味がないという訳なのです。

 

 

 

自分の印鑑とお届け印

 

 

 

銀行印や実印等、

 

自分の印鑑を持つことはどうしても必要になります。

 

 

でもどこで

 

ちゃんとした印鑑を買えばいいのでしょうか。

 

 

今では、インターネットで

 

色々な印鑑を手に入れることが出来ます。

 

 

ネットなので、

 

 

印鑑プレビューで、

 

 

印鑑の種類や

 

銀行印の印影を

 

確認することが出来ます。

 

 

例え注文しなくても、

 

 

印影を無料でダウンロードすることも出来ます。

 

 

また、近ごろでは

 

電子印鑑というものも出て来ました。

 

データに直接押印出来るというもので、

 

電子印鑑を

 

無料で作成できる

 

フリーソフトもあります。

 

テキストのコピーはできません。