キムチの効果!美肌!加熱。睡眠。血圧。1日の量。毎日。効果的な食べ方!

韓国料理に欠かせないキムチ。低カロリーで、

 

ダイエットにも、美容にぴったりで、

 

 

腸内環境の改善効果やリラックス効果もある

 

優秀な食品です。

 

そして何よりおいしくて、

Advertisements

 

レシピもたくさんネットで公開されています。

 

有名女優さんもキムチダイエットに成功するなど、

 

テレビでも話題!

 

今回は、

 

・キムチを食べるメリット、デメリット

 

・キムチの見分け方

 

・効果的な食べ方

 

などなど、キムチの気になる情報について!

 

 

ぜひ最後までご覧ください。

 

 

キムチは発酵食品

 

 

キムチは韓国料理に欠かせない、

 

 

白菜などを唐辛子と漬けた伝統料理です。

 

 

なんだか体によさそうな

 

 

イメージがありますよね。

 

 

 

実は、アメリカの健康専門雑誌「ヘルス」で

 

 

「世界五大健康食品」に選ばれるほど、

 

 

Advertisements

優れた発酵食品なんです!

 

 

韓国では、焼肉などの副菜としてだけでなく、

 

 

 

病院でも毎回の食事に出されるそうですよ。

 

 

 

 

キムチを食べるメリット

 

 

 

キムチを食べるメリットとして、

 

 

得られる効果が大きくわけて

 

4つあります。

 

 

 

 

① キムチの効能・効果1 ~腸内環境改善~

 

 

キムチは、植物性乳酸菌を含んでいます。

 

 

その数なんと1gあたり億個。

 

 

この植物性乳酸菌がとっても優秀。

 

 

 

生きたまま腸に届きやすく、

 

 

食べ物の消化を助け、

 

 

内臓をきれいに保ってくれます。

 

 

 

また、免疫を高める効果も期待できます。

 

 

 

 

 

 

 

② キムチの効能・効果2 ~ダイエット効果~

 

 

 

キムチは100gで46kcalと低カロリー。

 

 

 

また、キムチの辛み成分「カプサイシン」には、

 

 

代謝を促進する作用があり、

 

 

ダイエットに最適です。

 

 

また、キムチにはビタミンB、

 

 

ビタミンC、

 

 

ビタミンAなどの

 

 

ビタミン類が含まれています。

 

 

その中でも

 

 

「ビタミンB2」は、

 

 

 

脂質を分解しエネルギーに変えるもので、

 

 

ダイエッターにはうれしい栄養素です。

 

 

 

 

 

③ キムチの効能・効果3 ~美肌効果~

 

 

キムチには抗酸化作用のある「βカロテン」も

 

含まれています。

 

 

 

このβカロテンにより、

 

 

アンチエイジング効果が期待でき、

 

 

肌がきれいになります。

 

 

Advertisements

だから、韓国の俳優さんや、

 

 

K-POPアイドルなど、

 

 

キムチをたくさん食べる韓国人が、z

 

 

美肌なのはキムチを食べるからとも

 

 

いわれている理由なんです!

 

 

 

④ キムチの効能・効果4 ~リラックス効果~

 

 

キムチには、リラックス効果のある

 

GABAが含まれています。

 

 

夕食で食べると、

 

 

神経の高ぶりを鎮めてくれるため、

 

 

快適な睡眠に導いてくれます。

 

 

 

キムチを食べるデメリット

 

 

 

 

キムチを食べるデメリットでは

 

Advertisements

カプサイシンは刺激が強く、

 

 

食べると粘膜が傷つき、

 

 

のどや胃があれてしまうことも。

 

 

 

排便時に痛みを伴うこともあるので、

 

 

食べすぎはNGです。

 

 

 

 

これをやると、美容やダイエットに効果なし!?

 

 

 

キムチの効果はとてもいいのです。

 

ダイエットに最適で、美肌効果も。

 

じゃあたくさん食べたらいいのかというと、

 

 

そういうわけではありません。

 

 

キムチは効果なしなのでは?という声もありますが。

 

 

実は、効果を半減させてしまうことがあるのです。

 

 

 

 

① キムチは熱に弱い

 

 

冬には鍋が恋しくなりますよね。

 

 

 

キムチ鍋で、汗もかいて、

 

ダイエット効果アップ!

 

 

と思いきや、

 

 

実は乳酸菌は熱さに弱いので

 

 

効果あるものの、

 

 

キムチ鍋にするなど、

 

 

 

加熱すると乳酸菌が死んでしまうのです。

 

 

 

腸内環境の改善を目指すなら、

 

 

そのまま生で食べたほうが、

 

 

効果はあります。

 

 

 

 

 

② 発酵していないキムチがある!?

 

 

 

キムチは発酵食品です。

 

 

先ほど述べたように、

 

 

 

熟成・発酵の過程で乳酸菌が増えるのです。

 

 

 

しかし、スーパーで売られている徳用のキムチは、

 

 

非発酵の種類のものも多いのです。

 

 

 

 

 

Advertisements

③ キムチの見分け方

 

 

スーパーで買う場合は、

 

 

 

原材料や熟成発酵しているかどうかを、

 

 

 

商品パッケージを見て確かめましょう。

 

 

 

また、韓国政府が認めたキムチには

 

 

 

「キムチくんマーク」がついているので、

 

 

 

注目してみてください。

 

 

 

 

キムチの効果的な食べ方

 

効果的に食べるには、摂取量を守ることと、

 

 

毎日の直時に取り入れることです。

 

 

 

 

① 1日の量は1日50g

 

 

一日の摂取量の目安は50gです。

 

 

 

50gは小皿一杯分。カロリーは約30kcalです。

 

 

 

 

② 毎日の食事に取り入れる

 

 

毎日キムチを食べると、整腸効果が期待できます。

 

 

 

朝食べると、一日を元気に過ごせ、昼に食べても、

 

 

疲労回復に役立ちます。

 

 

 

夜は乳酸菌が長く腸にとどまるので

 

 

、善玉菌を増やすことができます。

 

 

 

朝食べると、においが気になるかもしれません。

 

 

 

そんな時はリンゴやリンゴジュースがおすすめです。

 

 

本場韓国では定番の、においを消す方法です。

 

 

 

 

 

キムチの効果的なレシピ

 

 

 

さらに効果的にキムチを食べるには、

 

 

相性の良い食品と組み合わせることです。

 

 

 

① 納豆との相性抜群

 

 

同じく発酵食品である納豆と食べると、

 

 

効果が上がるそうです。

 

 

 

キムチは塩分が少ないのに、

 

 

 

薬味から出るうまみ成分のおかげで、

 

 

味がしっかりしています。

 

 

 

合わせれば、

 

 

お醤油をかけずにおいしく減塩できて、

 

血圧の上昇を抑えます。

 

 

 

納豆の食物繊維によってさらに善玉菌(乳酸菌)が増殖し、

 

 

腸内環境を整えます。

 

 

 

 

また、キムチに含まれるにんにくが血栓をできにくくし、

 

 

 

ナットウキナーゼが血栓を溶けやすくするので、

 

 

 

血液がさらさらになります!

 

 

 

さらに、ニンニクに含まれる成分が

 

 

納豆のビタミンB1の吸収を促進するので、

 

 

疲労回復に役立ちます。

 

 

ダイエットの面でいえば、

 

 

納豆とキムチだけ毎日食べたら

 

 

痩せるでしょう。

 

 

しかし栄養に偏りが出てしまうので、

 

 

1日1食置き換えたり、

 

 

おかずとして食べるのが望ましいです。

 

 

 

 

 

 

② 納豆キムチご飯

 

 

 

納豆でたんぱく質も補えます。

 

 

農林水産省のホームページでも紹介されていました。

 

 

 

 

③ オクラキムチ

 

 

オクラに含まれる食物繊維を摂取し、

 

 

ダイエット効果を高めます。

 

 

 

セブンイレブンでも売られているので、

 

 

コンビニに立ち寄った際には、

 

 

探してみてください。

 

 

 

 

 

④ 水キムチ

 

 

 

つけ汁に野菜を入れ、

 

 

一日発酵させるだけで、

 

 

簡単に作れます。

 

 

 

乳酸菌の溶け出した汁は、

 

 

ダイエットにも効果抜群です。

 

 

 

 

 

⑤ 酢キムチ

 

 

酢も最近話題の美容に効果的な調味料。

 

 

内臓脂肪を減らしてくれるんだとか。

 

 

 

もともと酸味のあるキムチなので

 

 

相性は抜群。

 

 

納豆を入れてもよいかもしれません。

 

 

 

 

⑥ めかぶキムチ

 

 

 

めかぶは、コレステロールや中性脂肪を下げ、

 

 

免疫力もアップしてくれる上に

 

 

低カロリーでほぼ糖質のない

 

ダイエットに向いている食品です。

 

 

有名俳優さんもめかぶダイエットに成功し、

 

 

話題となりました。

 

 

食物繊維も含まれ、

 

 

キムチと組み合わせることで、

 

 

効果の倍増が期待できます。

 

 

 

⑦ らっきょうキムチ

 

 

らっきょうは脂質の吸収をおさえ、

 

 

代謝を促進させてくれます。

 

 

疲労回復効果も期待できるので

 

 

キムチといただくことで

 

相乗効果が期待できます。

 

 

 

⑧ キムチの味噌汁

 

 

味噌も健康に大変役立つ発酵食品。

 

 

 

朝はキムチを生で食べるのが

 

大変という時、

 

 

試してみるといいかもしれません。

 

 

 

⑨ アボカドキムチ

 

 

 

アボカドはギネスブックにも

 

 

紹介される美容食品の王様。

 

 

脂質が多いものの、

 

 

コレステロールを減らしたり、

 

 

 

抗酸化作用のあるビタミンEが多く含まれています。

 

 

チーズを足すと一気に

 

洋風になっておいしく食べられます。

 

 

 

⑩ 豚キムチ

 

 

Advertisements

定番の「豚キム」です。

 

 

スタミナをつけたいときにお勧めです。

 

 

 

キムチで健康、美容、ダイエット!

 

 

キムチは

 

①整腸効果

 

②ダイエット効果

 

③美肌効果

 

④リラックス効果

 

 

のある発酵食品です。

 

 

毎日の食事に取り入れ、

 

 

相性の良い食品と一緒に

 

 

摂取することで効果が増します。

 

 

スーパーなどでは

 

 

発酵していないキムチもあるので

 

 

注意が必要です。

 

キムチでおいしく、きれいになりましょう!

 

テキストのコピーはできません。