稽留流産・生きていた?間違いだった?

スポンサードリンク






稽留流産は、胎児がすでに死亡しているにも関わらず、

 

子宮内に溜まっている状態のことです。

 

流産宣告後、手術を受けるか

 

自然に赤ちゃんが出てくるのを待つのか

 

2つの方法があります。

 

 

ごくまれなケースで稽留流産と診断されて、

 

医師の勧めで自然流産で

 

赤ちゃんが出てくるのを待っていると、

 

 

 

その後の医師の診断で

 

奇跡的にも赤ちゃんが生きていたという

 

 

実例があります。

 

そこで今回は

 

・流産の種類と兆候

・稽留流産の診断と流産しやすい人の特徴

・流産の予防法と妊娠について

 

など

 

 

稽留流産の原因や症状などを紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク






流産の種類と兆候

 

 

 

<種類>

 

 

①進行流産

 

流産が進行している状態です。

 

子宮口が開き、

 

性器から生理の時よりも多めに出血します。

 

下腹部痛もあります。

 

 

 

 

 

 

②不全流産

 

流産は始まっているが、

 

胎児や付属物などは

 

完全に排出されずに、

 

子宮内に一部が

 

残っている状態の事です。

 

この場合も子宮口が開き、

 

性器から生理の時よりも

 

多めに出血します。

 

 

 

 

 

③完全流産

 

流産が進み

 

胎児や付属物などは

 

完全に排出された状態です。

 

流産進行中にあった

 

出血や下腹部の痛みは

 

 

完全流産後には

 

軽くなったり消えたりします。

 

 

 

 

 

 

④稽留流産

 

胎児の成長や心拍が止まったものの、

 

Advertisements

その付属物と共に

 

子宮内に留まったままの状態です。

 

母体の自覚症状はないことが多いです。

 

 

 

流産には、

 

そのタイミングや

 

子宮の状態によって

 

何種類かあり、

 

その時の自覚症状は様々です。

 

 

 

 

※初期の流産の場合、流産の手術をするか

 

自然排出を待つかの、

 

どちらかを選ぶことが出来ます。

 

 

 

 

 

<稽留流産の兆候>

 

 

 

・出血

・下腹部痛や張り

・胸の張りが急になくなった

・つわりが急に楽になった

・基礎体温が下がった

・破水

・下腹部の冷感

 

 

などの特徴があります。

 

 

 

気になったらすぐに

 

 

病院で診察してもらいましょう。

 

 

 

 

 

稽留流産の診断と流産しやすい人の特徴

 

 

◎稽留流産の診断について

 

 

 

<稽留流産とは>

 

 

 

出血や腹痛などのいわゆる流産の兆候はありませんが、

 

 

エコー検査ではついくがていし(流産)していると

 

診断されたものです。

 

 

エコー検査結果というのだけが

 

診断根拠となり、

 

本人には自覚症状が無い為、

 

 

診断された時の患者の

 

ショックは

 

大きくなるので

 

診断は正しく慎重に行う必要があります。

 

 

 

 

 

<エコー診断>

 

 

稽留流産の診断が比較的容易なのは、

 

明らかな胎児が存在するにもかかわらず、

 

心拍を描出することが出来ない場合です。

Advertisements

妊娠5週目の終わりぐらいから

 

 

心拍を確認する事が出来ます。

 

 

胎児心拍の描写率は

 

週数とともに増加し、

 

 

 

妊娠8週ぐらいで100%に達します。

 

 

 

 

 

<妊娠8週相当の胎芽の稽留流産>

 

 

 

この時期に胎児の心拍数が確認できなければ

 

稽留流産は間違いないと言われます。

 

 

 

分かりやすいのは

 

胎児心拍が確認出来たものが、

 

出来なくなった場合です。

 

 

 

この頃の胎芽は、

 

日に日に大きくなり、

 

見えやすくなるのが

 

 

一般的で胎児心拍が一度見えたものが、

 

見えなくなって、

 

 

その後

 

心拍復活することはありません。

 

心拍を確認できなくなった時点で

 

稽留流産と診断されます。

 

 

 

 

 

 

<妊娠5週目の稽留流産>

 

 

エコー検査が初診で

 

稽留流産と診断されたが

 

稽留流産じゃなかった場合があるので、

 

2週間後に再検査を

 

行い診断します。

 

 

稽留流産と診断され、

 

誤診だと思う方は

 

セカンドピニオンをおすすめします。

 

 

 

 

◎流産しやすい人の特徴

 

 

流産しやすい人の特徴は、

 

ハイリスク妊娠と言われています。

 

 

そのリスクとは以下の通りです。

 

 

 

・若年、高齢出産

 

・低身長や肥満など身体的な特徴

 

・社会的特徴(婚姻状況や特殊な職業など)

 

・過去の妊娠時の問題(流産や死産など)

 

・妊娠前から存在する病気

 

・妊娠中に有害物質や薬物の曝露

 

 

 

 

 

流産の予防法と妊娠について

 

 

 

 

<予防法>

 

 

・重い物を持たない

・激しい運動を避ける

・タバコやアルコールや刺激物の摂取を控える

 

 

 

運動不足は逆に子宮や卵巣の血流を悪くし、

 

黄体機能不全や

 

子宮内膜機能不全の原因になるので

 

体に負担を掛けない

 

適度な運動が必要です。

 

 

また下腹部の冷え対策もしましょう。

 

 

 

 

 

 

<稽留流産後の妊娠>

 

 

流産手術後、妊娠継続することは可能です。

 

 

流産後すぐの妊娠だと、

 

また流産してしまうと考えてしまいますが、

 

 

次の妊娠が流産から6か月未満の場合、

 

流産や早産、

 

低出生体重児のリスクが低いことが

 

研究結果があります。

 

 

 

流産治療後の経過良好な方は

 

妊娠される前に

 

医師に相談してみましょう。

 

 

 

 

 

稽留流産のまとめ

 

 

 

 

稽留流産は、胎児がすでに死亡しているにも関わらず、

 

子宮内に溜まっている状態のことです。

 

その兆候としては、

 

先程紹介したように

 

下腹部痛や張りや胸の張りが

 

急になくなったなどの症状があります。

 

 

この様な時は

 

直ぐに病院で診察してもらいましょう。

 

 

稽留流産の予防法としては、

 

重い物を持たないことや

 

激しい運動を避けるなどです。

 

1つの病院で稽留流産と診断され、

 

不安な方はセカンドピニオンをおススメします。

 

2つの病院で診断されることで

 

診断結果の確実性が増します。

 

 

 

 

今回お伝えした

 

「流産の種類と兆候」と「流産の予防法」

 

を参考にしてみて下さい。

 

流産の兆候や予防法を知っておけば

 

未然に流産を防ぐことが出来、

 

 

稽留流産が防げるでしょう。

 

テキストのコピーはできません。