妊娠中に辛いものはある程度まで。カレー、カップラーメン、韓国料理、食べたくなる!腹痛?胃痛?性別?ハーブは?

スポンサードリンク






妊娠中は悪阻で普段食べているものが食べることができないなど、

 

苦しい時期がある

妊婦さんも多いですよね。

 

逆にこれが食べたい!

 

など特定のものを好み、

 

食べることができる人もいます。

 

中でも妊娠中だけど

 

辛いものが食べたいとい方もいますよね。

 

しかし、妊娠中に辛い食べ物を食べても大丈夫なのか

 

気になる方も多いのではないでしょうか?

 

結論から言うと、

 

妊娠中に辛いものを食べても

 

大丈夫だと言うことが分かっています。

食べていいのですが注意点もあります。

 

 

 

スポンサードリンク






妊娠中に辛い食べ物が食べたくなる

 

 

辛い食べ門代表と言えば、

 

韓国料理が思い浮かぶ人も

 

多いと思います。

 

中でも辛ラーメンなどの

 

カップラーメンはかなり辛め。

 

 

日本でも蒙古タンメンなどの

 

辛いラーメンがあり、

 

 

辛い食べ物は老若男女問わず人気です。

 

 

妊娠前から辛いものが好きだった人からすれば、

 

妊娠中でも辛いものが好きになることがあり

 

辛いものが食べたくなる方もいるはず。

 

 

中には妊娠して

 

辛いものが食べたくて

 

仕方がない方も

 

いるのではないでしょうか?

 

 

つわり・悪阻の時期には、

 

 

ホルモンバランスが変化し、

 

 

普段食べないものを食べたくなったり、

 

嗜好品が変わるという人も少なくありません。

 

それでも妊娠中は

 

 

お腹の赤ちゃんに影響がないか

 

を考えて、

 

口にするものに特に敏感になります。

 

 

お肉一つ食べることでも、

 

生肉だと

 

トキソプラズマに

 

感染してしまうかもしれないと

 

十分に火を通して食べたりなど、

 

 

特に

 

[食]

 

には

 

気を使っている事でしょう。

 

知恵袋でも辛いものを食べても大丈夫か?

 

辛いものを食べると、

 

 

お腹の赤ちゃんが

 

辛いものにびっくりして

 

 

胎動が激しくなるのでは?

 

 

と質問をされている

 

妊婦さんも数多くいました。

 

 

ですが、妊娠初期などの

 

時期も関係なく、

 

妊娠中でも適量なら

 

辛いものを食べても大丈夫です。

 

 

特に妊娠以前から

 

辛いものが好きで食べていたなら、

 

尚更問題はありません。

 

 

過度な我慢で

 

ストレスが溜まってしまっては

 

元も子もありません。

 

少しずつ様子を見ながら食べ、

 

栄養バランスに偏りがないように

 

注意しながら食べましょう。

 

 

 

 

辛い物を食べ過ぎるのは注意

 

 

そうは言っても、

 

食べ過ぎることはやはりNG。

 

体のことを考えて、

 

 

適量に留めるのが最適です。

 

 

ではどれくらい辛いものなら

 

食べてもいいのでしょうか?

 

 

カレーやキムチなど

 

普段から食べている

 

一般的な辛さの食べ物なら

 

食べても大丈夫です。

 

 

激辛と呼ばれるものでなければ、

 

 

一切食べてはダメということはありません。

 

 

普段通りなら

 

辛いものを

 

食べても問題ないようですが、

 

食べ過ぎると、

 

胃痛・腹痛や

 

下痢などの

 

症状が起こることがあります。

 

 

辛い物を食べると

 

どうなるのか心配なのはわかりますが

 

程度問題です。

 

香辛料は、胃腸を刺激して

 

下痢を引き起こすことがあります。

 

ほんの少し食べて

 

下痢することはありませんが、

 

注意は必要です。

 

胃痛も少量食べる分には

 

問題ないようですが、

 

大量に食べたり、

 

 

激辛料理を食べると

 

粘膜を傷つけて、

 

 

胃もたれなどを

 

引き起こしやすくなってしまいます。

 

胃が弱っていると

 

感じている時は、

 

辛いものを食べるのは

 

控えるのがいいでしょう。

 

 

妊娠中に辛いものを食べるとどうなる?

 

 

また、スパイスやハーブなどの

 

香辛料は、

 

先述したように

 

少量の摂取だと問題ありませんが、

 

 

濃縮された形で

 

大量に取ると

 

母子共に何かしらの

 

影響が出てくることもあります。

 

 

唐辛子に含まれているカプサイシンは、

 

交感神経を刺激し、

 

腸の働きをよくするなどの

 

作用があります。

 

食欲増進の効果もありますが、

 

妊娠中に辛いものの

 

摂りすぎはやはり禁物です。

 

 

お菓子やカレーによく使われている

 

シナモンですが、

 

妊婦や胎児に危害が及ぶ

 

可能性のある

 

 

シナモンアルデヒドという

 

成分が含まれています。

 

 

こちらも少量食べる分には

 

問題ないと言われていますが、

 

大量に摂取すると

 

何らかの問題が

 

引き起こされる可能性があります。

 

 

 

また、ナツメグも

 

お菓子によく使われていて、

 

食べすぎると

 

幻覚や呼吸困難などを

 

引き起こす可能性があります。

 

 

こちらはハンバーグにもよく使われていますね。

 

お菓子の中で

 

シナモンやナツメグが含まれていたら、

 

食べてはいけないお菓子の分類に

 

入れなければならないということはありませんが、

 

大量に食べることは

 

控えておくのがよさそうです。

 

ちなみに、妊娠後期になると、

 

赤ちゃんが羊水を飲み込む量が

 

増えてきます。

 

 

この頃になると、

 

 

味覚の機能が備わるようになり、

 

 

お母さんが口にした

 

食事から生成された

 

 

風味豊かな羊水を

 

赤ちゃんは摂取します。

 

 

この影響は大きく、

 

 

赤ちゃんの今後の味覚を

 

左右することもあるのだそうです。

 

 

塩辛いものを食べていたら

 

もしかすると、

 

 

生まれてくる赤ちゃんも

 

辛いものを好む子に

 

成長するかもしれませんね。

 

また、辛いものを食べすぎたら

 

赤ちゃんの性別は男の子になる?

 

などのおもしろい迷信もあります。

 

本当に男の子が生まれてきた!

 

という方もちらほらいましたが、

 

この諸説も定かではありません。

 

 

辛いものを食べてしまったからと言って

 

罪悪感に苛まれる

 

必要はありません。

 

過度の摂りすぎは、

 

母子共に影響があるかもしれませんが、

 

余計なストレスは

 

妊娠の大きな敵です。

 

できるだけストレスフリーで過ごし、

 

生まれてくる赤ちゃんと

 

健康的に過ごしましょう。

 

 

コメント

  1. いと より:

    たべたいです

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました