確定申告アプリで人気は?ランキングにおすすめ。フリーで無料まで

会社員と違って個人事業主やフリーランスの人は

自分で確定申告をする必要がありますが、

スマホのアプリやパソコンのソフトで行えば

簡単に終えることができます。

また会社員でも年間の給与が

Advertisements

2,000万円以上を超える、

または不動産投資で得た

不動産所得やコインチェック・ビットコインといった

仮想通貨(暗号資産)、XMアプリを使った為替取引、

ハンドメイド・ストックフォトなどの

副業と本業以外の収入が

20万円以上を超える人は

確定申告しなければなりません。

確定申告アプリとソフトを使うと

分からないことや面倒くさい作業が減り、

Advertisements

申告書の提出まで

行えるものまであります。

 

 

副業にも!サラリーマンも!スマホでも!おすすめとやり方

 

確定申告アプリは簿記の資格や会計の知識がない人でも、

年間に発生した

経費の管理ができるように

アプリ開発されている会計ソフトです。

 

 

副業をしているサラリーマンの方もいます。

確定申告にはこれまでにかかった

経費のレシートと

領収書が必要になります。

 

 

しかしいざ申告しようとなった時は、

 

1年分を処理しなければならず

かなり時間がかかってしまいます。

 

確定申告アプリのやり方は

 

様々な特徴があるため、

 

自分が使いやすく

 

必要な機能があるアプリを選びましょう。

 

ネットで評判が良いと言われている

確定申告アプリを紹介します。

 

 

1.freee(フリー)

テレビで小学校を舞台に、

確定申告する個人事業主の様子を

表現したCMを見たことありますか。

そのCMを放送したのがfreeeです。

このアプリの特徴は

 

Advertisements

質問に〇×と答えるだけで

どの書類が必要か

教えてくれます。

 

またプランによって

 

アプリ起動中にカメラを使って

レシートを撮影すると、

 

金額と日付が読み取れ

簡単に処理できます。

 

またネットバンクやクレジットカードと

Advertisements

連携させることで明細を読み取り、

自動でデータ入力させることも可能です。

 

青色・白色申告書以外にも

 

株・FX取引、

医療費控除、

住宅ローン控除

 

などにも対応しています。

 

 

万が一パソコンが壊れてしまっても、

データはクラウド上に

保存されているので安心です。z

 

また困った時は

 

チャットやメールでのサポートがあるので、

 

さらに安心感があります。

 

Windows、Macの両方に

対応していて、

 

 

さらにMacからの

電子申告が可能なので

その場で提出できます。

 

 

2.弥生会計オンライン

こちらは簿記の知識がない人や

経理が初めての人でも分かりやすいよう、

 

シンプルなデザインが特徴です。

 

Advertisements

日付、金額、取引内容を登録するだけと、

 

家計簿をつける感覚で

処理することができます。

 

また移動時間や空き時間に

 

スマホのアプリから入力ができるので、

 

その場で出た経費の入力漏れを防ぎます。

 

グラフで経営状況が分かり、

 

気になる項目を選択すると

 

入力した帳簿が見られるので

分析しやすいです。

 

こちらも口座とクレジットカードを連携させると、

 

自動で入力してくれます。

 

また弥生会計は

 

小規模商業社を応援する

 

税理士や会計事務所と協力関係を結んでいて、

 

経理のプロたちがおすすめする

 

会計ソフトと言われています。

 

料金は様々な機能がありながら

リーズナブルな価格です。

 

 

3.MF(マネーフォワード)クラウド確定申告

MFクラウド確定申告は

個人事業主・法人・フリーランスと

働き方に応じた料金プランがあり、

 

勤怠管理や給与計算など

 

他のサービスと連携して使える特徴があります。

 

こちらも初めての人が使えるよう

シンプルなデザインになっていて、

 

スマホからも申告書を

作成することができます。

 

またマネーフォワードの家計簿アプリと

連携ができるので、

 

経費の入力の手間がかかりません。

 

アプリは無料でダウンロードでき、

 

ふるさと納税や医療費控除、

 

副業は申告するのに使えます。

 

しかし個人事業主が決済書の作成するには、

 

アプリ内課金が必要になるので注意しましょう。

 

 

無料。国税庁のe-taxのアプリ

 

ここからランキングとは別になりますが、

 

参考として紹介します。

 

・e-Tax

こちらは国税庁が運営する

国税に関する申告・納税するシステムです。

 

e-Taxソフトをインストールするか、

 

国税庁のホームページにある

 

「確定申告書等作成コーナー」

 

を使って申告書を

作成し提出が可能です。

 

 

作成する前の準備として、

 

識別番号の取得が必要になります。

 

取得するには

 

マイナンバーカードと

 

マイナンバーカードの読み込みに対応した

 

スマホ(android、iPhone、ipad)

 

を使ってアカウントを作ります。

 

通知カードではできませんので、

 

事前にマイナンバーカードを作っておきましょう。

 

またe-Taxに対応した申告書であれば、

 

他の確定申告アプリから

 

データを送ってc

 

e-Taxで提出することができます。

 

e-Taxに対応している

 

申告書の作成ができるのは、

 

freeeとMFクラウド確定申告です。

 

詳しいe-Taxの利用方法は

 

ホームページに記載されています。

 

個人事業主も。確定申告アプリはおすすめ

 

確定申告アプリを使うと

確定申告に必要なデータ入力が簡単になり、

 

時間や労力を短縮することができます。

 

また確定申告が必要な人は、

 

個人で経営している

 

美容師やスナックなどの

 

個人事業主、フリーランスです。

 

さらにサラリーマンでも

 

Advertisements

年間の給与が2,000万円以上を超える、

 

または不動産所得や仮想通貨(暗号資産)、

 

為替取引、

ハンドメイド・ストックフォトなどの

 

副業と本業以外の収入が

 

20万円以上を超える人は

確定申告しなければなりません。

 

それぞれ特徴がある

確定申告アプリの比較をして、

 

自分が使いやすいものを選ぶのが

確定申告を早く終わらせるカギになるでしょう。

 

 

テキストのコピーはできません。