確定申告の控えの再発行。e-taxの控え。開示請求、閲覧請求、郵送

スポンサードリンク






確定申告の控えを再発行してもらうことができるのです。

 

そうした場合にすることをお伝えします。

 

開示請求、閲覧請求。

 

郵送でも可能です。

 

確定申告書はe-taxで控えも見ることができます。

 

 

方法をご紹介します。

 

 

スポンサードリンク






開示請求、閲覧請求、確定申告書を紛失したら再発行はどこでもらえる?

 

 

 

住宅ローンの融資や保育園の入園などで必要となりますよね。

 

確定申告書の控えを無くしてしまうことは起こりえます。

 

過去の所得を知りたい場合や

 

申告書の控えを無くしてしまったら以前、

 

申告書を提出した

 

税務署で手続きを行います。

 

 

発行が可能になります。

 

 

 

手続きには

 

 

「開示請求」と「閲覧請求」の

 

2つがあり、

 

 

どこでもらえるかですが、

 

 

 

窓口と郵送の2通りあります。

 

閲覧請求を利用すれば

 

 

過去の申告書を見ることができます。

 

 

 

 

<確定申告を閲覧>

 

 

納税する本人か

 

納税者より委任された代理人なら

 

 

窓口で過去に提出した

 

申告書を無料で

 

閲覧することが出来ます。

 

 

紙面での控えはもらえませんが、

 

 

 

メモや写真撮影が可能です。

 

 

しかし代理で閲覧する場合は

 

 

本人が記入した委任状や

 

印鑑証明などが

 

 

必要となりますので

 

注意してください。

 

 

本人が確認するだけなら

 

本人確認書類を提出すれば

 

その場で確認ができます。

 

 

 

 

<開示請求>

 

 

納税する本人か納税者より

 

委任された代理人が

 

 

郵送か窓口で

 

「保有個人情報開示請求書」

 

を提出すれば後日、

 

 

申告書の写しを

 

受け取ることが出来ます。

 

ただし1件につき

 

300円の手数料が必要となります。

 

また受取までには

 

2週間から1ヵ月ほどという

 

時間がかかります。

 

 

 

閲覧請求と同じく、

 

 

代理の場合は

 

 

本人が記入した委任状と

 

 

本人の印鑑登録証明書などが

 

必要となります。

 

 

 

申告書の写しとは何でしょう。

 

 

写しとは一般的に複製したものの事で、

 

 

この場合は

 

申告書のコピーということになります。

 

 

書類の写しは

 

融資や奨学金の申請などにも

 

必要な書類となってきます。

 

 

もし確定申告の写しがなかったり

 

もらってない場合には

 

請求を急ぎましょう。

 

 

国税庁のHPでは開示請求の手順も案内しています。

 

 

ぜひご覧になってください。

 

 

 

 

<確定申告書の控えが必要なわけ>

 

 

申告書の控えは会社員の源泉徴収票と同じで

 

 

「所得の証明書」

 

 

となります。

 

 

住宅ローンや自動車ローンなどの

 

 

借入の時には

 

融資の限度額や融資の可否を

 

審査してもらうため

 

申告書の控えが必要になってくるのです。

 

 

また保育園の保育料は

 

親の所得によって決まるため、

 

 

入園申し込みの書類のひとつに

 

 

申告書の控えを提出することもあります。

 

 

奨学金の請求では

 

本当に奨学金が必要な家庭なのか、

 

 

無利子か有利子かを決めたりするのに

 

 

申告書の控えが必要になります。

 

 

 

 

 

郵送、e-tax、スマホでも確定申告ができる

 

 

 

確定申告は国税庁のHPから利用することができ、

 

郵送と2004年に導入された

 

 

「国税電子申告・納税システム」の

 

 

e-taxで申告できます。

 

 

ネット環境さえあれば

 

 

出向くことも

 

郵送のような手間も無く、

 

また個人でも法人でも

 

 

そしてスマホでも簡単・便利です。

 

 

 

 

 

<スマホで確定申告>

 

 

e-Taxで確定申告を行った場合、

 

 

データでの申告となるため、

 

書類の控えを受け取ることが出来ません。

 

 

 

代わりに

 

「受信通知データ」と「申告データ」の

 

2つを提出することで

 

 

申告書の控えとして利用することが出来ます。

 

 

 

これはe-Taxにログイン後、

 

 

画面からプリントアウトすることができます。

 

 

 

 

 

またネットを利用して申告すれば

 

通常の還付が1ヵ月ほどとされているところ

 

2、3週間程で

 

還付されるというメリットがあります。

 

しかしネットを使用する際には

 

マイナンバーカードの読み取る

 

カードリーダーが必要になったり、

 

「利用者識別番号」を取得する

 

必要があるという

 

デメリットも発生するので注意してください。

 

 

 

 

 

相続について説明します。

 

相続税の申告は

 

被相続人が死亡した日の

 

翌日から10か月以内に申

 

告することになっています。

 

 

 

 

相続について疑問があれば

 

税務署の窓口で相談してみましょう。

 

 

 

 

所得税は納税する人が

 

確定申告を行うことで

 

税額が確定します。

 

 

 

期限を過ぎて申告すれば

 

延滞税や加算税などが

 

発生するので決

 

められた期日に

 

申告、納税を行いましょう。

 

 

 

 

税務署で確定申告

 

 

 

 

<確定申告と納税>

 

確定申告とは、その年の

 

1年間の所得と

 

収める税金を

 

計算して申告することです。

 

 

会社員の人は勤務先で

 

年末調整を行って

 

税金の計算をしてくれるので

 

あまり関係がない話のように思いますが、

 

 

 

会社とは別の場所で

 

アルバイトを行っている人や

 

不動産収入などの

 

複数の収入がある人などは

 

所得の証明を行う必要があります。

 

 

 

 

 

また個人の事業主や

 

会社に所属せず

 

個人で契約して仕事をしている

 

フリーランスの人も対象です。

 

 

 

つまり収支や生命保険、

 

 

医療費などの控除額を報告する確定申告書を提出し、

 

 

税金を計算するための

 

手続きということになります。

 

 

 

この手続きを行うことで

 

所得税の支払い過ぎなどがあれば

 

差額を還付してくれます。

 

 

 

 

 

<確定申告と証明書>

 

 

申告書には提出用と控え用があり、

 

受け取った書類には日付の証明として

 

「収受日付印(受付印)」が押されます。

 

 

 

 

印が押されている申告書が控えとなり

 

提出したという

 

証明書にもなるというわけです。

 

テキストのコピーはできません。