角膜の傷はどのくらいで治る?対策や理由などを紹介

スポンサードリンク






角膜の傷は、傷が出来ただけであれば多くの場合、

23日で痛みや出血が無くなり自然に治ります。

角膜に傷がつくと

 

様々な目のトラブルを引き起こす可能性があります。

 

角膜に傷があっても

 

症状があるとは限りません。

 

自覚症状がある場合は

 

早めに眼科を受診するようにしましょう。

 

そこで今回は

 

・角膜に傷がつく原因と予防法

・治療法とその期間

・角膜の傷についてよくある質問

 

など角膜に傷がついた時の原因や治療法などを紹介します。

 

 

スポンサードリンク






角膜に傷がつく原因と予防法

 

 

<原因>

 

・目に入ったゴミ

 

・逆さまつげ

 

・コンタクトレンズの不適切な使用

 

などの原因で

 

角膜を傷つけてしまいます。

 

 

特にコンタクトレンズを装着していると

 

レンズが角膜の傷とまぶたが触れるのを防ぐ為、

 

 

痛みを感じにくく、

 

 

自覚症状がないまま

 

悪化させてしまう場合があります。

 

 

 

<症状>

 

 

・ゴロゴロするような違和感

 

・目の充血

 

・視界がぼやける

 

・視力の低下

 

などが症状としてあります。

 

チェックしてみて下さい。

 

 

 

<角膜感染症>(角膜炎)

 

 

角膜の傷を放置すると

 

角膜感染症になる恐れがあります。

 

 

細菌などの微生物が目に入った時、

 

角膜の小さな傷から

 

微生物が侵入し

 

角膜感染症が起きる場合があります。

 

 

特にコンタクトレンズをしている場合は、

 

レンズを介して

 

目の中に微生物などは入ることがあります。

 

最悪の場合は

 

失明する可能性があるので注意が必要です。

 

 

 

<予防方法>

 

角膜炎になると感染した病原体の種類によっては

 

病状の進行が早く、

 

失明する可能性のある病気です。

 

 

病原菌を取り除いても

 

角膜に濁りが残って角膜移植が必要となる場合があります。

 

 

普段とは違う

 

目の痛みや充血など

 

異常を感じたら

 

早めに眼科に行くことが大切です。

 

 

コンタクトレンズの使用は

 

特に気を付ける必要があります。

 

・乱暴な取り扱い

 

・不潔な環境での取り扱い

 

 

これらに気を付ければ

 

 

目に細菌やゴミが入ることなく

 

角膜に傷が入るリスクがかなり少なくなります。

 

 

 

治療法とその期間

 

 

<治療法>

 

程度が軽いと

 

基本的には抗菌薬の目薬が処方されます。

 

毎日の点眼で回復すると言われます。

 

角膜の傷が治らない場合は

 

悪化して角膜が変形したり

 

濁ったりし、

 

良好な視力が得られません。

 

 

こうなると

 

角膜移植などの手術が必要になります。

 

 

 

<治る期間>

 

 

程度が軽い極小の場合は

 

23日で自然に治ることが多いです。

 

悪化した場合、

 

白内障や緑内障などになる場合があります。

 

この時の手術時間は

 

1時間で1週間程度の

 

入院で退院できます。

 

その後、

 

術後の経過の診察などで

 

1か月もすれば

 

完治すると言われます。

 

 

 

白目の傷どのくらいで治る>

 

白目に傷がある場合症状としては

 

充血することがほとんどです。

 

 

程度にもよりますが

 

眼科では最初に目薬で点眼という処置をします。

 

軽い症状なら23日程度で赤みが

 

引いてきます。

 

 

痛みが伴う場合は

 

目の表面や中の炎症が見られるなど

 

深刻な物が多くなります。

 

 

こうなると

 

治療や完治に

 

時間が掛かります。

 

角膜の傷に関することは

知恵袋などにもありますが

 

やはり早めに眼科で見てもらいましょう。

 

 

角膜の傷についてよくある質問

 

ここではよくある角膜の質問を紹介します。

 

・角膜の傷はどのくらいの程度なら自然治癒するの?

 

ちょっと手で触った程度なら2日程度で治ります。

 

 

 

・角膜の傷は治らないの?

 

角膜は5層に分かれていて

 

空気に触れる一番外側の層を

 

「角膜上皮」といいます。

 

この上皮だけの

 

軽い傷なら

 

2日程度で自然に治りますが

 

傷が深いと治りにくいです。

 

 

・角膜に傷がついたらどのくらい痛いのか?

 

 

 個人差がありますが、

 

瞬きする時などは

 

チクッとした痛みがあるようです。

 

 

 

まとめ

 

 

角膜の傷は、傷が出来ただけであれば多くの場合、

 

23日で痛みや出血が無くなり自然に治ります。

 

角膜に傷がつく主な原因は

 

コンタクトレンズの取り扱いです。

 

これにより

 

目に傷が入ることが多いと言われています。

 

症状としては充血したり

 

目がぼやけたりなどあります。

 

いつもと違う異常を感じたら

 

早めに眼科で診察してもらいましょう。

 

今回お伝えした「角膜に傷がつく原因と予防法」や

 

「角膜の傷についてよくある質問」

 

を参考にして下さい。

 

そうすれば傷がついた時に

 

早めの処置などが出来ます。

 

目に違和感やいつもと違う異常を感じた

 

早めに眼科に行くようにしましょう。

 

悪化してからでは手遅れとなります。

 

 

コメント

  1. さと より:

    参考になりました。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました