岩手県の日本酒の特徴とランキング!おすすめ!銘酒の産地

スポンサードリンク






お酒が大好き!!という方は日本酒を飲む人が 多いのではないでしょうか?

また、最近ではホテルのウェルカムドリンクとしても

日本酒の 飲み比べがあることも…。

 

ここでは岩手県における日本酒情報をご案内します。

 

スポンサードリンク






岩手の日本酒の特徴は?

 

 

 

日本酒は、今では年間通して酒造りを行われていますが、

 

昔は農作業の閑散期だけ

 

酒蔵に来て日本酒を造る時代でした。

 

この閑散期だけ酒造りを行う

 

グループのことを

 

「杜氏集団」 というのです。

 

特に杜氏集団には3種類あり、

 

岩手県は「南部杜氏」に当たります。

 

なぜ南部というのかですが、

 

 

昔に「南部藩」と呼ばれる

 

 

領地の人間 (盛岡藩・八戸藩・七戸藩)が

 

 

集まってできたからなんです。

 

 

そして、盛岡地方中心に日本酒を作り、

 

 

その方法を継承されてきたのです。

 

南部杜氏の味の特徴としては、

 

「濃醇で甘口」であることです。

 

 

一口目で辛口のキリっと

 

しているわけではないので

 

日本酒が初めて、

 

 

という方にも飲みやすい味ですね♪

 

 

全国で酒造がたくさんある中でも、

 

 

岩手県は大自然の宝庫であり

 

「水が大変おいしい場所」

 

として有名な為、

 

 

 

岩手県産の日本酒も同時に

 

人気があるんですね。

 

 

 

岩手の日本酒のおすすめランキング

 

 

飲み比べをしてみたいけど

 

何を買ったらいいのか分からないという方や

 

 

お土産に結局何がいいのか…と

 

思う方へ向けて

 

おすすめを紹介しますので

 

参考にしてくださいね。

 

 

第1位◇桜顔:

 

「結の香」「吟ぎんが」「ぎんおとめ」のほか、

 

岩手県産のお米を中心に醸造されています。

自然豊かな川の近く にあるのが桜顔酒造です。

 

この日本酒を飲んで、

 

ほんのり顔が桜色になるということから

 

この名前がついています。

 

 

 

第2位◇水神:

 

日本酒の中でも

 

「辛口が好き」「お米の味が好き」

 

という方へおすすめの種類です。

 

 

どんな食事とも合う日本酒で

 

晩酌が好き、

 

食事とともに飲む日本酒が好き、

 

 

どんなタイプの方にも

 

マッチする日本酒です。

 

 

 

第3位◇赤武(AKABU):

 

 

2011年に起きた東日本大震災から復活をとげ、

 

 

再度日本酒造りをスタートしたのが

 

 

この赤武ブランドです。

 

 

少数制で日本酒造りを行っているため、

 

 

見学や直接の販売は行って おらず、

 

 

専門の販売店にて購入する必要があります。

 

 

赤い兜のラベルが特徴的で

 

 

魚介類との食事にマッチしています。

 

 

 

 

第4位◇百磐(ひゃくばん):

 

 

岩手の中では有名な日本酒でありながら、

 

 

流通量が多くないため

 

 

レアな種類です。

 

 

フルーティーな味わいであり、

 

日本酒が得意じゃない…という方も

 

飲みやすい味です。

 

 

第5位◇タクシードライバー:

 

 

衝撃的な名前の日本酒です(笑)

 

 

横文字の名前ではありますが、

 

原材料すべて岩手県産です。

 

ラベルデザインも映画、

 

キルビルのポスターの作者「高橋ヨシキ」氏が

 

作成したもので

 

 

見た目と味のギャップがおもしろい種類ですよ♪

 

 

蔵見学をしたい時はココ!レアなものも!

 

 

◇「あさ開(あさびらき)」:

 

 

岩手県を代表する蔵元である

 

あさ開へ 来てみませんか?

 

ここでは、

 

酒造見学~地酒物産館にて

 

お酒の無料試飲ができるんです。

 

日本酒に合う、

 

岩手ならではの

 

レアな酒器/酒のあても

 

ココで購入 することができますよ。

 

営業時間 9:00~17:30/酒蔵見学 9:00~16:00

 

住所:岩手県盛岡市大慈寺町10番34号

 

 

◇社長自らが蔵の見学案内をしてくれる「磐乃井酒造(いわのいしゅぞう)」 :

 

 

社長である阿部さんが

 

自ら案内してくれる蔵です。

 

料金ももちろん無料です。

 

時間 / 10:00~16:00

住所:岩手県一関市花泉涌津字舘72

 

いかがでしたでしょうか。

 

水の産地として有名であると同時に、

 

おいしい日本酒も

 

複数ある産地の岩手県です。

 

2011年3月11日に多くのエリアが被災したにもかかわらず

 

現在は復活して

 

もう一度日本酒造りを再開した場所も

 

多数あります。

 

力強い気持ちを持って、

 

作られた岩手の日本酒を味わってみてはいかが?

 

 

コメント

  1. ゆう より:

    岩手はいろいろありますよ!

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました