慰謝料を請求された、払えない、踏み倒せる、知恵袋、払わないとどうなる、払わない方法、慰謝料請求、損害賠償、払いたくない、不貞行為、二重取り、不倫、払えない場合、支払い、能力、シングルマザー

Advertisements
 





慰謝料とはどういうものなのか、払えない時にはどうするのか紹介します。

慰謝料請求、どんな場合にどれぐらい請求できるのか、

請求されたらどうやって支払うのか、

 

また払えない時にはどうすればいいのかなど

疑問点も多いです。

 

婚約破棄や離婚、交通事故など

様々なケースで慰謝料という言葉を

 

聞いたことがあると思います。

 

 

 

 

 

Advertisements
 





払えない場合と払わない場合

 

 

<公正証書の作成と慰謝料>

 

一般的に慰謝料の支払いについて

 

お互いが合意したらトラブルを防ぐため

 

公正証書という公文書を作成します。

 

 

この証書には

 

裁判所の判決と同じくらいの

 

強い効力があります。

 

 

 

 

<慰謝料を払えない場合>

 

 

◎分割での支払い

 

相手に一括で払えない場合、

 

説明し分割での

 

支払いを認めてもらう。

 

 

 

◎減額してもらう

 

相場に比べて高額だった場合や資産、

 

収入が少ないなどの場合は

 

減額を持ちかけることが

 

可能となります

 

 

 

◎自己破産。

 

 

裁判所に申し立てて

 

 

全ての債務を免除してもらうことで

 

慰謝料が免責の対象となる

 

可能性もあります。

 

 

減額と同様に

 

慰謝料を増額される可能性や

 

自己破産でのデメリットが

 

発生する可能性があるので

 

注意しましょう。

 

 

 

慰謝料を払わないとどうなる?

 

 

 

<慰謝料を払わないとどうなる?>

 

裁判で請求金額が決まったのに

 

払わなければ給料や貴金属、不動産などの

 

 

差し押さえといった

 

 

強制的な取り立てをすることができます。

 

 

また相手が

 

請求額の引き上げを

 

行う可能性があります。

 

請求されたら

 

支払う意思があることを見せましょう。

 

 

 

 

弁護士。相手にお金がない、支払い能力がない場合

 

 

<支払い能力ない場合や貯金がない場合の対応>

 

相手にお金がない場合や

 

支払い能力がない場合もあります。

 

 

回収できるだけの財産を持っているのか、

 

 

またどこに財産を持っているのかなどの

 

 

情報が必要になってきます。

 

 

不倫相手が無職だった場合、

 

慰謝料を請求しても

 

貯金がない場合には

 

強制執行をかけることが

 

不可能となってきます。

 

 

しかし不倫は不貞行為となるため、

 

払わなくてもいいということにはなりません。

 

 

弁護士への相談を検討してみましょう。

 

 

弁護士が交渉することで

 

「裁判になるかも」や

 

「専門家が出てきた」と

 

 

警戒して

 

支払いに

 

応じる可能性もあります。

 

 

強制執行よりも弁護士へ

 

慰謝料回収の相談という方が

 

より現実的とも考えられます。

 

 

 

 

 

請求側の財産調査が必要な場合は

 

裁判所へ委託調査をすることもできますが、

 

調査費用は請求者持ちとなるので

 

注意してください。

 

 

不貞行為の慰謝料の二重取りはできません。

 

 

 

払いたくない?踏み倒せる?払わない方法?不倫されたなどで

 

 

<払わない方法と慰謝料は踏み倒せる?払いたくない?>

 

慰謝料を払わない方法というのがあります。

 

 

 

◎請求を拒否する

 

不正行為をしてないのなら

 

慰謝料を請求されても

 

支払う必要はありません。

 

 

 

 

 

◎裁判でも諦めない

 

 

一般的に請求される側より

 

裁判をした方が

 

メリットなのですが、

 

不当な要求や

 

 

常識を超えた行動などをしていれば

 

請求が却下される可能性があります。

 

 

 

 

 

◎相手側に非がある証拠を見つける

 

相手にも同じ不正行為の可能性があれば

 

証拠を見つけると

 

支払いを免れることがあります。

 

また同じように

 

慰謝料を請求することができます。

 

 

証拠もないのに

 

 

慰謝料を請求された場合の

 

合意や交渉には

 

応じる必要もがありません。

 

 

 

 

既に合意した場合や

 

公正証書、調停調書などで

 

約束を交わしていれば

 

 

踏み倒せることは難しいでしょう。

 

この場合、

 

 

踏み倒せば

 

強制執行される可能性もあります。

 

 

 

 

近年、シングルマザーの不倫が増えています。

 

家庭を壊すつもりのない男性にとっては

 

シングルマザーの方が

 

リスクも少なく

 

安全だと思われているからです。

 

そして女性側も

 

子供優先で平日の少ない時間に

 

デートできるというのは

 

お互いに都合がいいからと考えられます。

 

 

しかし危険が伴い

 

デメリットも多い中で

 

お互いの慎重な判断も

 

必要となってきます。

 

 

慰謝料に関しては

 

知恵袋でも相談、回答があることから

 

関心の高いことなのでしょう。

 

 

 

 

慰謝料と損害賠償

 

 

<慰謝料と損害賠償の違い>

 

損害賠償の中の1つに慰謝料というものがあります。

 

 

被害にあった場合の

 

治療費や修理費、

 

慰謝料など

 

加害者に対して請求できる

 

賠償金のすべての事をいい、

 

 

事故被害によって

 

失った車や給料など

 

金銭に対して生じる

 

「財産的損害」

 

 

と人身事故や浮気などによって

 

 

負わされた

 

精神的苦痛に対して請求できる

 

「精神的損害」

 

があります。

 

 

 

 

<婚約破棄の慰謝料>

 

 

婚約を正当な理由もなく

 

 

一方的な事情により婚約破棄をされ、

 

精神的苦痛を受けた場合は

 

不法行為にあたるとして

 

慰謝料を求めることが出来ます。

 

 

一般的な相場は

 

50万円~200万円とされています。

 

 

 

 

<浮気や不倫の場合>

 

 

婚姻生活中に

 

相手の浮気やDVなどが

 

原因で精神的苦痛を受けたり、

 

夫婦関係が破綻した場合に

 

原因を作った相手に

 

慰謝料を請求することが出来ます。

 

 

これは離婚後でも

 

3年以内なら請求できます。

 

 

一般的な相場は

 

50万円~300万円と

 

されていますが、

 

理由や

 

相手の収入によって

 

変わってきます。

 

 

 

 

<交通事故や傷害の場合>

 

 

 

◎入通院の慰謝料

 

 

事故や傷害でケガしたことに

 

対する慰謝料で、

 

治療した期間や

 

入院日数などで

 

計算されます。

 

 

◎後遺障害症の慰謝料

 

一定期間の治療で

 

治りきらず

 

後遺症となり障害が認定された場合には

 

等級に応じた慰謝料が決まります。

 

 

 

 

◎死亡の慰謝料

 

事故で本人が亡くなった場合、

 

 

本人に対して

 

死亡の慰謝料が被害者の相続人へ支払われます。

 

テキストのコピーはできません。