iPhone、何年使う、壊れる前兆、何年使える、知恵袋、7年使う、平均使用年数、アイフォン、使用年数、平均、長く使う、iphone何年使う

Advertisements
 





iPhone(アイフォン)は普通、何年使えるものなのでしょうか。

何年使うのが得か?気になります!

Apple公式では、

 

 

macOSかtvOSを搭載したデバイスは

 

4年、

 

 

iOSかwatchOSを

 

搭載したデバイスは

 

3年だとされています。

 

 

ですが何年使う?のかは、

 

 

実際には3年は

 

優に超えて使えると言われています。

 

 

又、iPhoneは安いとは

 

言えない物ですから、

 

 

よほど新機種好きな人でない限り、

 

 

それなりの年数は持ちたいものです。

 

 

 

中には何年使うと

 

元が取れるのだろう?

iphone何年使う?

 

 

など考える人もいます。

 

 

 

ネットの知恵袋でも

 

 

「iPhoneの寿命はいつ?」

 

 

という質問を多く見受けます。

 

 

本当の所、

 

iPhone、何年使うのがベストなのでしょうか、

 

 

解説します。

 

 

 

 

Advertisements
 









iPhoneの寿命って、どう判断するの?何年使う?

 

 

 

iPhoneがいつまで使えるのか、

 

 

何年もつのかは、

 

 

とても気になる所です。

 

 

 

一体iPhoneがどういう風になると、

 

 

「これはもう寿命だ」

 

 

と思うべきなのでしょうか。

 

 

 

 

電源が入って

 

 

メールが出来れば

 

 

「まだ寿命じゃない」

 

 

 

と思う人はいない筈です。

 

 

 

簡単に言えばiPhoneの寿命は、

 

 

 

最新のiOSに

 

 

アップデート出来なくなった時です。

 

 

 

 

iPhoneは定期的にiOSのアップデートをしています。

 

 

 

だからこそセキュリティの上で

 

 

安心して使えるようになっているのです。

 

 

 

なので使っているiPhoneでは、

 

 

 

最新のiOSのアップデートが

 

出来なくなった時が、

 

 

寿命と考えてもいいでしょう。

 

 

 

 

もしアップデート出来なくても

 

 

それを無視して使っていると、

 

 

ウィルスにさらされることになるので

 

とても危険です。

 

 

 

 

 

また、iOSのアップデートが出来なくなると、

 

 

最新機能が使えないという悲しさだけでなく、

 

 

今まで利用していた

 

アプリの一部が

 

使えなくなってしまいます。

 

 

頻繁に使っているアプリが使えなくなったら、

 

 

もう寿命だと思わざる負えません。

 

 

 

 

最新のiOSに

 

アップデート出来なくなる時が

 

寿命だとすると、

 

 

では、

 

どれ位の期間で

 

 

アップデート出来なくなるのでしょうか。

 

 

 

 

言い換えると、

 

 

 

最新のiOSのサポートは

 

 

いつまで続くのでしょうか。

 

 

 

 

 

例えば2021年に発売が

 

開始されたiOS15は、

 

 

2015年に発売された

 

iPhone6sもサポートしていますから、

 

 

7年は使おうと思えば使えるのです。

 

 

 

つまりiPhoneは、

 

 

7年は最新のiOSサポートをしてくれるということになります。

 

7年使うには

 

バッテリーの交換を行い、

 

 

大事に使っていれば、

 

 

 

7年間は持たせようと思えば

 

 

持たせられると言えます。

 

 

 

10年使うことを目指している人がいますが、

 

 

それは無理と言えます。

 

 

 

 

iPhone、バッテリー交換はどれくらいでするの?

 

 

 

前述したように、

 

 

iPhoneの寿命として

 

 

まず考えられるのが

 

 

最新iOSがアップデート出来なくなった時ですが、

 

 

 

もう1つ、

 

 

 

バッテリーの劣化も

 

 

寿命に影響して来ます。

 

 

 

iPhoneに限らずスマホのバッテリーは、

 

 

いわば消耗品であると言えます。

 

 

 

大事に使おうが酷使しようが、

 

 

バッテリーは必ず寿命を迎えます。

 

 

 

 

 

でも酷使すればするほど、

 

 

 

バッテリーの寿命が短くなるのも当然です。

 

 

 

普通に使っている場合、

 

 

バッテリーは2年から3年くらいはもちます。

 

 

 

iPhoneの本体がしっかり機能しているなら、

 

バッテリー交換は、

 

 

 

バッテリーを定期的に

 

 

2年から3年で交換すると安心です。

 

 

 

 

ではバッテリーが劣化して来ると、

 

 

 

どういう症状が出て来るのでしょうか。

 

 

 

 

 

◎100%充電出来なくなるので、

 

フル充電しても

 

1日持たないで

 

充電がなくなってしまう。

 

 

 

 

◎バッテリーが膨張して来る。

 

iPhoneはリチウムイオンバッテリーを使用していますが、

 

劣化して来ると、

 

 

内部にガスが発生して

 

バッテリーが膨張してくる事があります。

 

 

 

そのため充電している時に

 

iPhone自体も少し膨張して来たりします。

 

 

何だかiPhoneが膨らんでいるように感じたら、

 

 

バッテリーが劣化している証拠です。

 

 

 

 

 

◎iPhoneの充電の残量表示が正確でなくなる。

 

 

 

バッテリーが劣化して来ると、

 

 

充電残量を正しく認識出来なくなるので、

 

 

表示では

 

残量30%と

 

なっているのに

 

 

それ程経たないうちに

 

 

電源が落ちてしまう、

 

 

というような事が起こります。

 

 

 

 

以上のような症状が出たら、

 

 

 

バッテリーを早めに交換する必要があります。

 

 

 

 

使用年数、平均、iPhone、長く使う方法とは?

 

 

 

iPhoneは長く使おうと思えば7年くらいは、

 

 

という事は前述しましたが、

 

 

 

実際の使用年数の平均は4年使用が多いようです。

 

 

平均使用年数の理由では

 

 

4年目で使ってる機種に飽きて来て、

 

 

 

新しい機種にしようと思う人も

 

多いのかもしれません。

 

 

 

 

 

ですが出来るだけ長く使いたい、

 

 

と言う人も増えて来ています。

 

 

 

 

やはり安いものではないですし、

 

 

又、性能も良くなっているので

 

 

買い替える必要を感じない人もいます。

 

 

 

 

何年使うかではなく、

 

 

 

何年使えるかという事になるのかもしれません。

 

 

 

 

 

どのような使い方をすれば

 

 

長く使う方法であれば、

 

 

長く使う事が出来るのでしょうか。

 

 

◎バッテリーの劣化を極力抑える工夫をする。

 

 

 

 

*充電する時には100%充電しないようにする。

 

 

出来るなら

 

 

80%から50%の充電をするようにすると、

 

 

バッテリーに負荷がかからないと言われています。

 

 

 

 

*充電しながら使用しない。

 

 

 

*夏等に部屋が35度以上になる部屋に置かない。

 

 

*アプリの中にはバッテリーの消費が多いものがあります。

 

 

 

使用していない時にも

 

 

バックグラウンドで動いている

 

アプリは多いので、

 

 

殆ど使っていない

 

 

アプリは削除しましょう。

 

 

 

 

 

 

◎iPhoneを乱暴に扱ったり、

 

床や地面に落とさない。

 

 

 

 

 

損傷で一番多いのは、

 

 

やはり落とした時の

 

衝撃によるものです。

 

 

画面が割れたり、

 

 

中のパーツが壊れる事もあります。

 

 

出来るなら

 

 

iPhone専用のカバーを付けると安心です。

 

 

自分で直せるかもと思って

 

素人が直そうとするのは厳禁です。

 

 

必ずiPhoneの修理店に持ち込みする必要がありますが、

 

 

修理不能の場合もあります。

 

 

 

 

 

iPhone、壊れる前兆とは?

 

 

 

最新のiOSにアップデート出来なくなったり、

 

 

 

バッテリーが劣化して来ることの他に、

 

 

壊れる前兆がある場合があります。

 

 

 

よく言われるのが、

 

 

突然電源が落ちてしまったり、

 

 

 

スリープ状態になってしまったりする、

 

 

という現象です。

 

 

 

長年使っていたので、

 

 

 

内部の基板が徐々に

 

 

ダメージを受けてしまっている事が考えられます。

 

 

もしこういった事が起き、

 

 

しばらくして直ったとしても、

 

 

 

すぐにバックアップを

 

 

取った方がいいと言えます。

 

 

そして早くに

 

 

iPhoneの修理店に持って行き見てもらうか、

 

 

 

あるいは

 

 

新しいiPhoneに

 

 

買い替える時だと思った方がいいでしょう。

 

テキストのコピーはできません。