idが使えるガソリンスタンド。id払いの使い方、メルペイ。エネオス、エッソ・モービル・ゼネラル。

スポンサードリンク






idが使えるガソリンスタンドについておつたえします。

年々、キャッシュレス化が進んで現金がなくても

Suicaのような交通系ICカードなどで

商品が購入できる店舗も増えてきました。

 

iDもスマートフォンやカードをかざすだけで

清算ができる電子マネーの1つです。

iDという言葉はよく耳にするけど

使い方や使える店舗がわかりづらいことがあります。

 

そのためにidが使えるガソリンスタンド、

 

iDの利用方法やメルペイ、使えるお店を紹介します。

 

 

スポンサードリンク






idが使えるガソリンスタンド、idが使える店、支払い方法

 

 

<idが使える店とガソリンスタンド>

 

一部で使えない店舗もありますが

 

エネオス(eneos)とエッソ・モービル・ゼネラルでは

 

セルフのガソリンスタンドのみで

 

利用可能となっています。

 

 

セルフ給油機なら

 

電子マネーを

 

タッチする場所があるので

 

そこへタッチ、

 

 

フルサービスの場合は

 

 

スタッフへiDの利用を伝えれば

 

決済が可能となります。

 

 

 

d払い、idの使い方と使えるお店

 

 

<idとid払い>

 

idが使えるガソリンスタンドに関連して

iDはNTTドコモが運営する電子マネーで

 

非接触決済サービスのことです。

 

スマホやICカード、アプリを利用して

 

 

決済することができますが、

 

 

クレジットカードやプリペイドカード、

 

デビットカードなどと

 

紐付けすることで

 

利用可能になります。

 

 

iDが搭載されたカードやアプリを

 

ダウンロードしたスマートフォンを

 

レジの読み取り機にかざすだけで

 

決済完了です。

 

主な利用可能店舗は

 

コンビニや飲食店、

 

家電量販店などで

 

日本全国の設置端末台数は

 

150万台以上。

 

「iD」のロゴ表示店舗で

 

Advertisements

利用が可能です。

 

 

さらにidが使えるコンビニで

 

利用すれば

 

一緒にポイントも

 

貯まってお得です。

 

 

 

 

<id払いとd払い>

 

NTTドコモには

 

id払いの他に

 

d払いというものもあります。

 

ドコモの回線を持った

 

Advertisements

ドコモユーザーが

 

利用できる決済サービスで、

 

支払いは月々のケータイ料金と

 

合算になります。

 

またドコモ回線を

 

持ってない人が利用する場合には

 

dアカウントを取得する必要があります。

 

 

対応店舗は?メルペイの後払いでは?

 

 

<メルペイの使い方>

 

メルペイとはフリマアプリ「メルカリ」

 

に搭載された決済サービスです。

 

メルカリで取得した売り上げポイントや

 

売上金から

 

自動チャージされた

 

ペイ残高が

 

そのまま加入店舗で

 

利用可能です。

 

 

コンビニや飲食店などで

 

利用可能ですが、

 

 

ガソリンスタンドで利用できるのは

 

「メルペイスマート払い」

 

という後払いに限り、

 

エネオスとコスモ石油の

 

一部店舗で利用可能となります。

 

idが使えるガソリンスタンドとあわせて

 

知っておくといいでしょう。

 

 

 

<メルペイで支払い>

 

メルペイのメルペイスマート払いは

 

清算のすべてを

 

翌月に回すことが可能となるため、

 

 

現金が手元になくても

 

Advertisements

利用できる定額払いです。

 

利用上限金額や

 

毎月の清算金額を

 

 

自分で設定できる他、

 

 

毎月の清算日も

 

自分で設定することが出来るという

 

メリットがあります。

 

 

 

同じように

 

18歳未満は利用不可、

 

清算方法によっては

 

手数料が発生する、

 

本人確認が必要などの

 

デメリットもあります。

 

 

 

 

<paypayが使えるガソリンスタンドと対応店舗>

 

 

paypayはソフトバンクとyahooが設立した

 

「PayPay株式会社」が運営するもので、

 

スマホにインストールした

 

アプリを使用して

 

決済するサービスです。

 

アプリに表示された

 

QRコードやバーコードを使って

 

決済するので

 

 

誰でも手軽に利用可能です。

 

 

ガソリンスタンドでは対応店舗は少なく

 

全国のJA-SSで利用ができますが。

 

一部店舗によっては

 

取り扱いのない店舗もあります。

 

他にもエネオスでは

 

Suicaなどの交通系電子マネーや

 

モバイル決済、

 

iDと同じような

 

電子マネーのクイックペイなども

 

利用可能です。

 

ただし、電子マネーやモバイル決済の対応は

 

地域や店舗によって

 

違うので確認が必要です。

 

ガソリンの価格は定期的に変動し、

 

ガソリンスタンドによっても変わってきます。

 

石油元売り会社が発行する

 

クレジットカード付きのガソリンカードや

 

ガソリンスタンドで使えるプリペイドカードも

 

サービスステーションで販売しています。

 

エネオスでは10,000円と5,000円の2種類あり、

 

プリペイドカードには

 

サービスステーションが検索できる

 

QRコードも付いています。

 

そちらもぜひ参考にしてみて下さい。

 

 

スマホ決済と対応店舗

 

 

<スマホ決済での支払い>

 

スマートフォンを使ったスマホ決済、

 

前もって現金をチャージしておき、

 

清算ごとに引き落とされる

 

「プリペイド、チャージ型」や

 

決済直後に銀行口座から

 

利用金額が引き落とされる

 

「デビットカード型」、

 

 

スマホに登録しておいた

 

クレジットカードの利用料金と

 

一緒に翌日請求される

 

「ポストペイ(後払い)型」

 

がなどがあります。

 

 

 

<スマホ決済の対応店舗>

 

スマートフォンでの決済は

 

コンビニや家電量販店、

 

idが使えるガソリンスタンドだけではなく

 

タクシーや自動販売機でも

 

利用できるようになりました。

 

 

現金を渡してお釣りをもらう手間もなく、

 

独自のお得なポイントキャンペーンや

 

同時にポイントが貯まるなど

 

便利ですぐに使えるという

 

メリットもありますが、

 

 

同時にスマホを落とすと

 

悪用されたり、

 

不正アクセスでの

 

被害や被害総額も年々増え続けます。

 

便利なサービスをより安全に利用するため、

 

スマホ端末にはロックを掛け、

 

暗証番号やパスワード、

 

指紋認証などを

 

利用して

 

自分自身も対応店舗も

 

セキュリティ対策を

 

しっかりしておくことが大切です。

 

 

テキストのコピーはできません。