江ノ島のいちご狩りをくわしく!海の幸も!

スポンサードリンク






 

江ノ島と言えばサザンオールスターズの

歌が思い起こされる

 

浜辺のリゾート地で、

 

 

「新江ノ島水族館」を始め

 

 

「江の島弁天橋」や

 

「弁財天仲見世通り」、

 

「江島神社」、

 

カップルには

 

「龍恋の鐘」

 

と見所が沢山あります。

 

 

 

そんな江ノ島周辺で

 

 

 

いちご狩りを楽しんだ後に、

 

 

名物のしらす丼を食べて観光するなんて、

 

 

とても贅沢な時間の過ごし方になります。

 

 

 

 

スポンサードリンク






江ノ島から一足のばした「湘南いちご狩りセンター」で4つの農園を楽しもう

 

 

江ノ島より少し西に行った

 

平塚市にある

 

 

JA湘南が運営するいちご狩りセンターで、

 

 

5つのいちご園が点在していて、

 

 

 

それぞれの味を楽しめるという

 

贅沢な農園です。

 

 

今シーズンのいちご狩りの期間は、

 

 

1月5日から4月の末頃で、

 

 

いちごの状況で終了日が決まります。

 

 

 

今シーズンは残念な事に中の農園の一つである

 

「石塚いちご園」が休園となる為

 

4つの農園での食べ比べになります。

 

定休日は毎週水曜日で、

 

 

いちごの美味しい4月の第一と

 

第二の水曜日だけは営業してくれます。

 

 

午前10時に開演して

 

 

午後2時半迄受付てくれて

 

午後3時には閉園となります。

 

 

30分の食べ放題で、

 

 

 

4月7日迄は少し料金が高く

 

 

4月8日以降は安くなり、

 

小学生以上が1800円(~4/7)と

 

1400円(4/8~)、

 

2歳~未就学児が1000円(~4/7)と

 

900円(4/8~)と言う

 

料金で練乳は無料で掛け放題です。

 

 

県立花と緑のふれあいセンター

 

「花菜ガーデン」

 

の駐車場が無料で使用出来ます。

 

神奈川県平塚市寺田縄424-1

 

 

 

古都鎌倉で観光ついでにいちご狩りが出来る「鎌倉観光いちご園」

 

 

 

鎌倉と言えば古の都だった場所で、

 

 

その観光出来る場所は一日では

 

回りきる事が出来ないかも知れません。

 

そんな鎌倉観光の前に

 

 

いちご狩りで身も心も

 

 

リフレッシュして

 

 

昔の風情を楽しむのも趣があるものです。

 

「鎌倉観光いちご園」は

 

 

1月末もしくは2月頃から

 

5月中旬の

 

土曜、日曜、祝日に開演していて、

 

 

平日は定休日になっています。

 

 

 

受付開始は9時半からで

 

 

開演は10~15時で

 

いちごが無くなり次第に終了するか、

 

来園者数が一日の上限に達した場合も

 

打ち切りになる事があります。

 

 

 

土曜日にいちごが食べ尽くされてしまった場合は

 

日曜日が休園になる事もありますが、

 

 

コロナの影響で予約制を検討中の為、

 

 

どちらにしても

 

育予定になったらHPのチェックが必要です。

 

 

 

いちごの品種は

 

 

ここのオリジナルの

 

 

「紅静」と「紅ほっぺ」の2種類で、

 

 

30分の食べ放題が小学生以上で

 

 

2000円(~2月中旬)

 

1800円(2月中旬~4月中旬)

 

1500円(4月中旬~)と

 

 

1歳以上小学生未満は

 

 

1300円(~2月中旬)

 

1200円(2月中旬~4月中旬)

 

1000円(4月中旬~)

 

 

と期間によって

 

値段の変動があります。

 

 

車での利用も駐車場が用意されています。

 

 

神奈川県鎌倉市笛田2- 11

 

 

 

 

住みたい街全国一位の横浜でいちご狩りを楽しむ「よしはらいちご園」

 

 

 

江ノ島からすぐの横浜市で

 

 

いちご狩りをして中華街でランチ、

 

 

江ノ島水族館で魚を見て

 

江ノ島でディナーと言う

 

 

何とも楽しそうな

 

デートプランになりそうです。

 

 

よしはらいちご園は鎌倉にも近いので、

 

 

様々な寄り道が可能で

 

いちご狩りとの組み合わせ方で

 

 

個性がはっきり出るプラン作りになります。

 

よしはらいちご園では

 

 

キッチンカーで

 

 

いちごのドリンクやスウィーツ等の販売もあり、

 

 

充分にいちごを堪能する事が出来ます。

 

 

足場迄しっかりとシートが敷いてある

 

清潔なハウスで、

 

 

嬉しい高設栽培の為腰が痛くなる事も無く、

 

 

農薬の使用量も通常の5割以下にしてあるので、

 

安心して口に運ぶ事が出来ます。

 

 

勿論バリアフリーで

 

トイレや駐車場も完備されていて、

 

6品種のいちごを食べ比べられます。

 

 

 

 

ビタミンCがとても多い

 

 

人気の「あいCベリー」

 

{とちおとめ}と{さがほのか}を交配した

 

 

「あまおとめ」

 

 

甘みの強い

 

「紅ほっぺ」

 

 

桃の風味がする不思議な

 

「とうくん」

 

 

甘さと酸っぱさと風味が揃って美味しい

 

「よつぼし」

 

 

おいCベリーからの新品種で、

 

 

地もと横浜の球団の名前に由来している

 

 

「星のきらめき」

 

のラインナップになります。

 

 

 

期間は1月中旬から5月下旬で、

 

土曜、日曜、祝日が営業日になり、

 

 

平日は不定期に

 

営業する為、

 

 

問い合わせの必要があり、

 

 

 

開演時間は10~15時ですが、

 

いちごが無くなり次第終了になります。

 

30分の食べ放題で小学生以上2500円、

 

 

2歳から幼稚園児が1000円で

 

どちらも税込み価格です。

 

 

神奈川県横浜市戸塚区東俣野町812

 

 

江ノ島や湘南、

 

鎌倉や横浜といちご狩りを楽しんだ後も

 

 

江ノ島は様々に楽しむ事が可能なエリアなので、

 

 

 

何度もプランを変えて

 

行きたくなる人は多く居る筈です。

 

とても良いプランを実現された方も

 

沢山居る地域ですね。

 

 

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました