ほうれい線の消し方!メイクに速攻で!解説!マッサージから対策まで

スポンサードリンク






ほうれい線を少しでも薄くするには表情筋を鍛える、

スキンケア、

生活習慣の見直しなどが

挙げられます。

ほうれい線は大掛かりな手術や整形、

サロンに行かなくても、

費用を抑えて

行える対策法があります。

人によって10代からほうれい線ができ、

歳を重ねる後に

気になっていく女性が多いでしょう。

また男性がメイクやスキンケアをする

時代に変わって、

ほうれい線やシワが

気になる方がいると思います。

 

スポンサードリンク






女性・男性・必見!ほうれい線ができる原因の基本

1.肌のたるみ

最も多い原因は肌のたるみです。

年齢で肌のはりや

筋肉の低下により重力に負けて、

たるんだ皮膚が

ほうれい線になります。

また体重増加でも

顔に肉がついて、

肌がたるむことがあります。

 

2.肌の乾燥

肌に潤いがなくなると

会話や表情を作った時に、

肌が元に戻りづらくなり

跡がついてしまいます。

紙を折ると

折り目がつくようなイメージです。

 

また毛穴掃除のピーリングや

顔をゴシゴシ強く洗うと、

肌を傷つけたり

必要な皮脂まで洗い流してしまい

肌の乾燥につながります。

 

寒くなると空気が乾燥して、

肌も乾燥しやくなるので

注意しましょう。

 

3.紫外線

紫外線は日焼けや

シミ・そばかすできるだけではなく、

肌のたるみと

乾燥を引き起こし

ほうれい線ができてしまいます。

 

これは紫外線が肌の奥に入り込んで、

コラーゲンなど

肌の弾力を与える成分を

減少させるからです。

 

4.化粧方法

ほうれい線を隠そうと

ファンデーションやコンシーラーで

強く擦ったり厚く塗ると、

逆に目立ってしまったり

 

肌に合った化粧品であっても

肌にダメージを与えて

より跡がついてしまいます。

 

5.乱れた生活習慣

喫煙、飲酒、

栄養が偏った食事、

睡眠不足で

肌のはりに必要なビタミンCが不足して、

肌のたるみや

肌荒れにつながります。

 

肌に栄養をまわらせるために、

バランスが取れた食事を心がけ

喫煙と飲酒は控えると、

生活習慣の見直しましょう。

 

6.むくみ

顔がむくむと

重くなった皮膚が

立て下がって

ほうれい線になってしまいます。

むくみは冷えや血行不良、

塩分の取りすぎで起こります。

体を温めたり

適度な運動をして

血流をよくしましょう。

 

7.姿勢の悪い

猫背や前かがみの姿勢でいると、

筋肉が固まって

肌のシワを戻せなくなってしまいます。

最近ではスマホが普及し

夢中になって画面を近くで見ているため、

前かがみや

猫背になっている人が

街中でよく見られます。

 

歳に関係なく

中学生や高校生の若い人でも

ほうれい線ができてしまう

原因になります。

 

マッサージにメイク・化粧品。ほうれい線の消し方、対策する方法

 

1.肌の保湿

肌を乾燥させないためにも

肌の保湿をすることで、

ほうれい線を目立たなくなる可能性があります。

即効性はありませんが、

 

日々のスキンケアで

大事になってきます。

 

「コラーゲン」「ヒアルロン酸」

などといった

 

肌の潤いを保つ成分が含まれている

化粧品や保湿クリームにしましょう。

 

男性は肌が乾燥しやすいため、

これらの成分を意識して

メンズ化粧品を選ぶとよいでしょう。

 

あまりお金をかけたくない人は、

100金(百円ショップ)などの

プチプラコスメで

やってみてはいかがでしょうか。

 

2.表情筋を鍛える体操

口を閉じて

歯の表面を舐めるように舌回しをします。

右回転、左回転を

30秒行い

毎日2セットやります。

 

舌を使うのが難しい人は

歯ブラシの裏側を使って、

唇の裏をなぞりましょう。

他に口を大きく開けることを

意識して

「あ」と発する動きを

10秒キープします。

次に「い」の動きを

10秒キープ、

さらに「う」の動きで

10秒キープと続けます。

この体操を時間があるときに

5回行いましょう。

 

表情筋を鍛えれば

ほうれい線だけではなく、

小顔効果が得られるでしょう。

 

3.シワ伸ばしテープを使う

シワ伸ばしテープには

絆創膏のように

気になる箇所に張るタイプ、

耳の裏・こめかみに張って

皮膚を伸ばすタイプがあります。

シワ伸ばしテープのメリットは

値段が安く、

ほうれい線を即効で目立たなくさせます。

値段はネット通販で1,000円以内のものが多く、

皮膚を伸ばすタイプは

うまく貼れば

メイクで隠すことができます。

急な用事や

イベントがある時に

活躍するでしょう。

 

4.リンパマッサージ

基本ほうれいせんをなくすマッサージは

顔の皮膚を伸ばしたり

同じ向きに擦ったりしますが、

逆に肌のダメージを与えて

ほうれい線を悪化させてしまう

可能性があります。

しかし「ためしてガッテン!」(NHK)で

放送されたリンパマッサージは、

顔の周辺のリンパをマッサージします。

そのため顔に触れることなく

マッサージができます。

 

主に耳の裏、鎖骨を

手順通りに

マッサージすると

初心者でも簡単にできます。

 

コツとして

強く肌や筋肉を擦ったり

押したりしないことです。

刺激が強いと

思わぬケガを負ってしまう可能性があるので、

優しく気持ちいいと

感じる力で行うといいでしょう。

加えて

甲状腺、

リンパ腫、

血圧異常と

持病がある方は、

このマッサージを行うと

体調不良になる可能性があるので

注意が必要です。

 

ネットでリンパマッサージを

詳しく解説したサイトや

様々なマッサージ動画があるので、

気になる方は

検索して見てください。

 

5.画像編集ソフトを使う

写真撮影をした時、

自分の顔に

シワやたるみ・肌のくすみが

あると気づいたことはありませんか。

その状態で

SNSに写真をアップしてしまった時、

誰でも気になってしまうでしょう。

 

また写真は消さない限り

永久に残ります。

 

根本的な改善ではありませんが、

Photoshop(フォトショップ)などの

画像編集ソフトや

アプリを使って設定をし、

自分が気になる箇所を

修正することができます。

修正する方法の

書き方や使い方は

ネット検索で調べることができます。

スマホとパソコンで

簡単にいつでも好きなように

加工・修正ができるので、

試しに使ってみてはいかがでしょうか。

10代・20代、若いから大丈夫?ほうれい線のコツは生活習慣

ほうれい線の消し方は

肌の保湿、

表情筋の体操、

シワ伸ばしテープ、

リンパマッサージ、

画像編集ソフトと

様々な方法があります。

消し方とは例外はありますが、

日々の顔の

エクササイズや

ケアで改善されます。

 

ほうれい線は

10代・20代・30代・40代・50代と

どの年代にも現れますが、

平均として

30代ころから

でき始めると言われています。

線みたいなほうれい線でしたら、

対策を行えば

すぐに改善されるでしょう。

美容整形はミスや

依存のリスクがあるので、

よく考えて

行うようにしたほうがよいでしょう。

 

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました