持病があっても入れる保険。持病あり、死亡保険、医療保険

スポンサードリンク






日本国民の多くが生命保険(死亡保険)に

加入しているといわれていますが、

幸いなことに、

日本は生命保険や医療保険をはじめとした

保険が非常に充実しています。

それは多くの保険会社のcmが

放映されていることからもうかがえますよね。

保険に関するトピックとして、

しばしば、

「持病があっても入れる保険はありますか?」

という疑問が見られることがあります。

今回は、その疑問に答えつつ、

持病ありでも入れる保険のデメリットや、

数ある選択肢の中から

どうやって保険を選べばよいかなどを

述べていきたいと思います。

 

スポンサードリンク






持病ありで入れる保険会社

 

 

まず、結論から言います。

持病があっても入れる保険はあります。

具体的には、

 

・アフラック

・オリックス生命保険

・ネオファースト生命保険

・メットライフ生命

・日本生命

・朝日生命

・アクサ生命

・ネオdeいりょう

・ライフネット生命

・第一生命

 

など、

 

 

持病があっても入れる保険は多くあります。

 

また、

 

国民共済コープ(全労済)や

 

県民共済なども、

 

持病があっても加入できます。

 

保険や共済などにおいて、

 

告知が必要ないサービスも

 

多く展開されています。

 

 

※保険と共済の違い

 

よく比較されることの多い

Advertisements

保険と共済ですが、

 

それらはいくつかの点で異なります。

 

 

保険>>>

 

保険会社の提供する、

営利目的の商品であり、

不特定多数の顧客が

保険会社に保険料を支払う。

顧客に万が一のことがあった際に、

資金が支給される。

 

 

共済>>>

Advertisements

共済組織によって運営されており、

組合員が共済掛金を支払うことで、

組合員と

その婚約者や子供に

万が一のことがあった際に

相互に助け合うことができるシステム。

こどもから大人、

男性女性にかかわらず

みんなで支える。

 

※持病があっても加入ができる保険はたくさんありますが、

持病があっても必ず保険に加入できるというわけではありません。

 

 

〈なぜ保険などの加入において持病の有無が問題視されるのか〉

 

保険というのは、

 

先述の通り保険料を支払うことで

 

万が一の時に

 

保険金を受け取ることができるというものです。

 

糖尿病などの持病を持つ人が保険に加入する場合、

 

保険料(支払う額)よりも

 

保険金(受け取る額)のほうが

 

多くなる可能性が高く、

 

健康な契約者との間に

 

不公平が生じてしまいます。

 

ですから、

 

持病を持っている場合は、

 

保険加入の選択肢が

 

健康な人よりも狭まってしまいます。

 

しかし、

 

今まで述べてきたように、

 

持病があっても加入しやすい保険が

多くあるので、

 

保険の加入を断念する

 

必要はありません。

 

 

保険の比較

 

多くの人気のサービスがあって

 

一つに絞ることが困難な保険ですが、

 

一体何を決め手として

 

保険を決めればよいのでしょうか。

 

ずばり、人によるので

 

自分に見合った保険を

 

選択するのが一番良いです。

 

値段で選ぶもよし、

 

サービスの内容で選ぶもよし。

 

ネット上にみられる

 

ランキングや口コミ、

 

サービスの内容をのぞいてみて、

自分に合うサービスを選びましょう。

 

また、多くの無料保険相談所があるので

利用するのもいいでしょう。

 

主に以下のような

 

無料保険相談所があります。

 

・ほけんのぜんぶ

・マネードクター

・保険マンモス

・保険市場

・保険無料相談ドットコム

 

 

持病があっても入れる保険のデメリット

 

持病があっても入れる保険があるというのは、

持病がある人からすれば

 

うれしいことですよね。

 

では、

 

持病があっても入れる保険に

デメリットはあるのでしょうか。

結論から言うと、

 

デメリットがあります。

 

まず、

 

保険料が割高になるということです。

 

持病の発作が

 

突然起こる

リスクを考えたら、

 

安い保険料で

 

保険を販売するわけにはいきませんよね。

 

ですから、

 

万が一の事態が

 

発生する可能性が高い

 

持病を持つ契約者の保険料が

 

割高になるのは仕方がないことですよね。

 

また、保証の期間が設けられているという

 

デメリットもあります。

 

ですから、

 

持病のある人は

 

保険に加入するタイミングを

 

よく見定める必要がありますね。

 

 

保険に加入したほうが良いのか

 

では、持病のある人は、

 

上記のデメリットを踏まえたうえで

 

保険に加入したほうが良いのでしょうか。

 

この問いに対しては、

 

一概に答えを出すことが難しいです。

 

高い保険料を払ったにもかかわらず、

 

案外健康でいられて、

 

何も見返りがなかったら

 

損した気分になりますよね。

 

ですから、

 

保険に入る以外の方法を

 

検討してみても良いかもしれません。

 

例えば、万が一の時のための

 

貯金を毎月定額でしておくといった方法です。

 

割高な保険料を払うよりは

 

出費を抑えることができなす。

 

 

安いのか比較

 

Advertisements

持病があっても入れる保険は

 

持病があっても入れる保険はあるが、

けっして安いわけではありません。

 

デメリットを伴います。

支払いの金額と持病の状態を比較することです。

 

今後のご自身のライフプランに合わせて

 

保険加入を検討してみてはいかがでしょうか。

今回の記事を読んだ皆様が

この記事から何か有用な情報を

得ることができていれば幸いに思います。

読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

コメント

  1. より:

    微妙かな、保険に加入するかは

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました