羽田空港ターミナルの違い。どっちが楽しい?第1ターミナルと第2ターミナルの違い

スポンサードリンク






羽田空港は国内線、というイメージが以前はありましたが、

2010年に国際線ターミナルが出来、

とても便利になりました。

 

羽田空港には国内線の第1ターミナルと、第2ターミナル、

 

それと国際線の第3ターミナルがあります。

たまにしか羽田空港へ行かない人にとっては、

 

それぞれどのように違うの?

と思うかもしれません。

 

又、それぞれのターミナルによって

 

楽しみ方も違って来ます。

羽田空港ターミナルについて、

 

詳しく解説します。

 

 

スポンサードリンク






羽田空港ターミナルの第一と第二の違い。簡単に言うと?

 

 

◎ターミナルによって発着する航空会社が違う。

 

第1ターミナルは日本航空(JAL)、

 

スカイマーク(SKY)、

 

スターフライヤー(SFJ北九州、

 

福岡航空便)

 

 

の3社です。

 

 

第2ターミナルは

 

全日本空輸(ANA)、

 

エアドゥ(ADO)、

 

ソラシドエア(SNA)、

 

スターフライヤー(SFJ山口宇部、関西航空便)

 

 

の4社です。

 

 

JAL系が第1ターミナル、

 

ANA系が第2ターミナル。

 

第一と第二の違いを

 

覚えておくといいかもしれません。

 

 

 

 

 

◎東京モノレールでの下りる駅が違う。

 

第1ターミナルも第2ターミナルも、

 

電車(京浜急行)で行った時に

 

下りる駅は同じで、

 

「羽田空港国内線ターミナル駅」です。

 

 

ですがホームに着いてから

 

 

利用するエスカレーターは、

 

 

第1の場合は品川・横浜方面側の

 

エスカレーターを上りますが、

 

 

 

第2の場合はホーム中央にある

 

 

エスカレーターを上ります。

 

 

 

そして東京モノレールの場合は、

 

 

第1が「羽田空港第1ビル駅」で、

 

 

第2が「羽田空港第2ビル駅」となり、

 

 

駅が違いますので

 

Advertisements

注意した方がいいでしょう。

 

 

 

第三ターミナルとは?羽田空港ターミナルの国際線

 

 

第一、第二ターミナルは国内線なので、

 

第三ターミナルとは何?

 

と思う人もいるでしょう。

 

 

第三ターミナルとは国際線ターミナルのことです。

 

 

2010年にオープンした新しいターミナルで、

 

 

海外から到着する人を考えてか、

 

 

和のイメージを持たせた

 

ターミナルになっています。

 

 

羽田空港国際線ターミナルを

 

 

利用する航空会社は、

 

 

jalやANAはもちろんのこと、

 

 

様々な外国の航空会社が利用しています。

 

 

運賃も安く

 

 

食事がおいしい

 

 

トルコ航空も

 

羽田空港第三ターミナルを利用しています。

 

 

 

 

国際線ターミナルへ京急で行く場合は、

 

「羽田空港国際線ターミナル駅」で下り、

 

東京モノレールなら

 

「羽田空港国際線ビル駅」で下ります。

 

 

国内線ターミナルから国際線ターミナルへの移動は、

 

 

無料連絡バスを利用するようになり、

 

約5分かかります。

 

 

 

 

第一、第二、どっちが楽しい?

 

 

羽田空港ターミナルは、

 

飛行機を利用しなくとも、

 

とても楽しい場所です。

 

空港へ楽しむだけに行く人も多いですが、

 

第一や第二、

 

 

どっちが楽しいんだろうと

 

思ってしまいますよね。

 

 

 

 

実は、それぞれ

 

とても楽しめるターミナルになっています。

 

 

 

 

 

◎第1ターミナルはどんな風に楽しめる?

 

 

 

第1ターミナルの一番の魅力は、

 

6階と屋上(2か所)の

 

計3つの展望台がある所です。

 

 

飛行機の発着する様子を

 

見るだけでも好き、

 

 

と言う人にはぴったりでしょう。

 

 

Advertisements

展望台は西向きなので、

 

 

きれいな夕日と

 

 

飛行機が同時に見れる場所として

 

人気です。

 

 

夜になると

 

 

川崎の工場の夜景も見えるので、

 

これも人気になっています。

 

 

 

 

3階から6階は吹き抜け式になっていて、

 

 

そこには様々なお店が入っています。

 

 

ブティック、

 

ジュエリーショップ、

 

雑貨、

 

書籍、

 

文房具まで

 

揃っているので、

 

 

ただショッピングに来るだけでも

 

楽しめます。

 

 

 

 

又5階と6階には

 

貸会議室やホールがあるのですが、

 

そのホールでは

 

結婚披露宴も出来ます。

 

 

 

 

 

◎第2ターミナルはどんな風に楽しめる?

 

 

第2ターミナルにも5階に展望デッキがあり、

 

 

北エリアと南エリアに分かれています。

 

夜は美しい夜景を見る事が出来ますし、

 

 

しかもウッドデッキに

 

LED電球が埋め込まれているので

 

 

「星屑のステージ」となります。

 

 

とてもロマンチックな

 

雰囲気の

 

展望台として

 

人気になっています。

 

 

また、食事をしながら

 

 

滑走路が見える

 

レストランもあります。

 

 

 

 

第2ターミナルには

 

「羽田エクセルホテル東急」があります。

 

 

ここのホテルは

 

出発ロビーに直結しているホテルなので、

 

旅行に行く前や

 

帰って来てから

 

泊まったりするのに便利です。

 

 

いくつかの客室からは

 

 

滑走路を見る事が出来るので、

 

 

飛行機好きの人なら

 

 

ただ泊まるだけに来てもいいかもしれません。

 

 

 

 

羽田空港ターミナルの国際線の第3ターミナルの楽しみ方は?

 

 

国際線ターミナルだけあって、

 

国内線ターミナルとはまた違った雰囲気です。

 

第3ターミナルの4階フロアーは

 

「江戸小路」という

 

 

江戸の雰囲気満載な

 

エリアになっています。

 

 

 

 

江戸の町並みが再現されていて、

 

 

しかも本物の無垢材を使って、

 

 

 

昔ながらの工法で

 

 

町を再現しているのです。

 

海外から来られた人が

 

本当に喜びそうな町並みですが、

 

 

日本人にとっても

 

十分に楽しめるエリアです。

 

その江戸小路には

 

 

日本の文化や伝統を伝える

 

色々な種類のお店が、

 

軒を連ねています。

 

 

 

 

さらに5階に行くと、

 

日本の今を感じる事の出来る

 

エリアになっていて、

 

 

「TOKYO POP TOWN」

 

となっています。

 

外国人にも人気のキャラクターグッズや、

 

 

ハローキティの公式ショップもあります。

 

 

もちろんこの国際線ターミナルにも

 

展望デッキはあり、

 

そこからは国内線ターミナルのデッキからは

 

見る事の出来ない、

 

海外の航空会社の飛行機を

 

色々見る事が出来ます。

 

 

飛行機好きの人にとっては

 

外せない場所かもしれません。

 

さらに付け加えると、

 

 

この国際線ターミナルの展望デッキは

 

 

何と24時間利用する事が出来るんです。

 

 

 

 

24時間開放されている展望デッキは、

 

全国でもここだけだそうです。

 

テキストのコピーはできません。