白血病のあざの特徴。どのような症状?子供・70代は?気づいたことのきっかけは?痛みはあるのか?生存率は?

スポンサードリンク






大人から子供まで一番多いのが白血病です。

白血病は60・70代以降で

白血病にかかる人が全体の7割以上です。

進行が早いため、

気づいたら熱が下がらない

大きさ関係なく、

白血病であざの色やあざの特徴として

脚などに覚えもないアザ

紫斑の症状が出来ますと

初期症状かもしれないので、

血液検査をして

すぐに治療を始め

写真を撮ることが必要です。

診断から一定期間後に

生存している確率を、

生存率と言います。

セルフチェックで白血病のあざと普通のあざの違い、

痛みはあるのか

押すと痛いのか調べてるといいです。

知恵袋を見て、

きっかけも参考にするといいです。

 

スポンサードリンク






白血病の初期症状に気づいたきっかけとは?

 

初期の症状は発熱や体のだるさなど

風邪の病気にとても似ていて、

大人から子供まで

体の身に覚えのないあざに気づいたら

血液検査をすぐ診察して下さい。

病状が進んで行き、

色々な臓器・組織に広がる

(がん細胞が周囲の組織に入り込んで、増えて多くなること)

 

すると、

肝臓や脾臓、

リンパ節が

腫れて大きくなったり、

頭が痛くなったり、

めまいなどの

症状が出て来る事もあります。

 

検査科は検査結果を報告するだけでなく、

 

そのデータの

いつもと違った事に早く気づき

診察して治療することが必要です。

 

 

Advertisements

きっかけを作るには、

健康診断の定期受診をして、

 

体にいつもと違う事を感じたら

はやめに受診する事が重要です。

 

白血病のあざと普通のあざの違い!消える?

 

血液の成分の一つが減ると、

鼻血や歯の根元の肉から

出血が止まらなくなったり、

ぶつけた記憶もないのに

大きな青あざができていたりする場合もあります。

 

Advertisements

白血病では、

正常な赤血球や白血球、

血小板が作られなくなり、

体をめぐる血液が通る管が

出血しやすくなり、

あざができるのです。

 

そのほか、

貧血症状や発熱、

体がだるくなるなどの症状があります。

白血病は、

多くが原因が分からないです。

 

 

あざが出ても痛みはないので、

時間がかりますが薄くなるのですが、

白血病の治療が必要です。

 

対処法として、

身に覚えのないあざが増えている

歯磨きをすると歯茎の出血が止まらない

発熱、

だるさ、

貧血、

めまいなどがある場合は、

病院で血液検査を受けて下さい。

 

無理にあざを押して、

圧力をかけると

あざが広がってしまうことがあります。

 

あざは普通、

覚えのないものがあっても、

自然になくなっていき

Advertisements

消えるのなら大丈夫です。

 

※原因はわからないが

「高熱の後に手と足に多くあざができている」

「ぶつけていないのに大きなあざが何回もできるようになった」

などという場合は、

いつもきまって

診察や治療を受けている内科に

早めに相談してください。

 

白血病のセルフチェック

 

症状セルフチェックシート

・6ヵ月以内に10%以上体重が減った

・体を使って動く日常生活が難しいほどの疲れを感じる

・原因不明の38℃以上の高熱が、2週間以上続く

・原因不明の寝汗が1ヵ月以上続く

・貧血の症状がある

・ぶつけた覚えがないのに皮膚に内出血がある

・首や脇の下にしこりがある

 

 

[ご利用上の注意]

「症状チェック」 は、

特に目立つ症状に対する

一般的な傾向として

医学知識の情報を差し出しするものであり、

皆の症状に関係する

個別の診断を行うものではないです。

気になる症状のある方は、

医師にご相談して、

専門的な診断を受けるようにして下さい。

 

 

白血病を知恵袋で解決しよう!

 

昔に比べれば

確かに治療の結果は

良くなっていると思いますが、

白血病には骨髄性とリンパ性があり、

それぞれに

急性と慢性があります。

さらに例えば

急性骨髄性白血病と言っても

いくつもの種類別に分け、

タイプによって

治療法が

別だったり

治癒率が大きく違います。

 

飲み薬がかなり効果なタイプがあった、

抗がん剤だけでも

70%ぐらいの良い結果が

期待できるタイプもある替わりに、

最初から

骨髄移植前提で

治療しても悪い結果もあります。

 

また、

急性リンパ性白血病のように、

子供は良い結果でも

大人は厳しいというものもあります。

ですから一般的に

白血病は治る病気などと言えない場合があったり、

治っている人もいる病気であることも確かです。

 

白血病のあざの特徴

 

白血病とは、血液を作る工場である骨髄で、

未熟な血液細胞が

「がん化」

することによって

おこる

血液のがんです。

急性リンパ性白血病では、

一般に十分に成長し、

リンパ球に分かれて

未成熟な細胞が悪性転換して

骨髄の中に増えてしまい、

普通であり、

変わったところがない

白血球や赤血球、血小板を

作ることが出来なくなります。

 

70代の方にも起こりますが、

大人から子供まで

一番多いのが白血病です。

脚などに身に覚えのないあざに気づいたら、

すぐに血液検査の治療を始める必要があります。

 

治療に耐えられるか確認するために、

レントゲンの写真を撮るのですが、

その他の検査もあります。

 

白血病セルフチェックもオススメです。

 

テキストのコピーはできません。