歯医者の麻酔が切れないけどいつまで続く?後遺症。顔面麻痺。効きやすい人など

スポンサードリンク






歯医者で虫歯や親知らずなどの抜歯を行う時には

麻酔を打って治療することがほとんどです。

 

歯茎に麻酔を注射された

 

経験のある方も多いでしょう。

 

歯茎には大きな血管も少なく

 

リスクも少ない、

 

痛みを伴う治療の場合は

 

麻酔が欠かせないものになります。

 

治療が終わっても

 

すぐに麻酔が切れることはなく、

 

しばらくは顔の感覚も無くなって

 

痺れている感覚だけが残ります。

 

そんな場合の対処法、

 

どうしていますか?

 

そんな歯科治療で行われる

 

麻酔の持続時間や注意点、

 

疑問点などを紹介します。

 

 

スポンサードリンク






歯医者の麻酔と違和感

 

 

<麻酔が切れる時間>

 

歯医者の麻酔は

 

全身麻酔とは異なり

 

 

他の部分が痺れる事もなく、

 

 

切れる時間は一般的に

 

1、2時間ほど、

 

長くても2、3時間で切れます。

 

 

しかし神経の根元に注射した場合には

 

 

6時間程度

 

きれない場合があるので、

 

 

治療後の予定は

 

 

なるべく入れないようにしておきましょう。

 

 

半日や1日を過ぎても

 

 

歯の麻酔が切れない場合は

 

次の日に歯科医を受診しましょう。

 

 

 

 

 

<麻酔を早く切らす方法>

 

 

麻酔を早く切れさせるためには

 

どうすればいいのでしょう。

 

 

結論からいうと

 

 

そういう方法はありません。

 

 

違和感が残るまま、

 

 

なかなか切れないと焦っても

 

麻酔は必ず切れるのなので

 

自然に切れるのを待ちましょう。

 

 

 

 

 

<麻酔が効きやすい人と効きにくい人>

 

 

麻酔を正しい場所に打てば

 

効くのは当然なのですが、

 

 

下あごの奥歯などは

 

骨に厚みがあり

 

 

骨密度も高いため

 

 

麻酔薬が浸透しにくい

 

部分になります。

 

 

また不安や緊張から

 

痛みを敏感に感じやすくなるため、

 

 

麻酔が効いてないと感じられます。

 

 

 

他にも

 

歯茎の腫れや

 

膿の溜った部分への

 

麻酔は余計に腫れを起こしたり、

 

 

痛みや炎症が強いほど

 

 

麻酔効果がかき消され、

 

麻酔効果も低くなります。

 

リラックスした状態で

 

痛みのない時に

 

 

治療を受けるのがよいでしょう。

 

 

 

麻酔の後が痛いケースもあります。

 

 

注射針は小さいものですが、

 

人によっては

 

口内炎になる場合もあるので

 

その時は医師に相談し、

 

口内炎の薬を塗ってもらえば

 

 

治るでしょう。

 

 

 

麻酔後の食事と注意点

 

 

<治療後、すぐに食事は避ける>

 

麻酔が切れていない状態で食事をすると

 

間違えて

 

舌や頬の裏、唇などを

 

 

噛んでしまう

 

危険性や痛みを感じにくい分、

 

 

知らない間に大けがをするリスクもあります。

 

 

また皮膚感覚が麻痺している間は

 

 

熱い物も火傷につながるので

 

控えましょう。

 

 

どうしても難しい場合には

 

 

治療していない方の歯で噛んだり、

 

 

できるだけ熱くない

 

 

やわらかい物で

 

 

あまり噛まなくてもよいものにすれば安心です。

 

 

アルコールは血液の血行を

 

促進させる作用があり、

 

傷口が塞がっていない状態で

 

摂取してしまうと

 

出血量が増える

 

 

傾向があるので

 

 

お酒も切れるまでは控えましょう。

 

 

 

麻酔が切れ始めると

 

違和感がありますが、

 

 

患部を雑菌から守るためにも

 

なるべく触れないように

 

注意が必要です。

 

 

 

治療後の副作用と後遺症

 

 

治療の後は

 

神経の近くを削ることにより

 

炎症を起こして痛みを

 

敏感に感じる場合があります。

 

 

 

 

<麻酔の副作用>

 

 

歯科での麻酔は意識を失ったり、

 

他の部分がしびれたりということがなく

 

 

比較的に安全性が高いといわれています。

 

しかしごく低頻度で喘息や呼吸困難、

 

蕁麻疹などの

 

アレルギー反応が出ることがあります。

 

 

前に麻酔で

 

アレルギー反応が出たことがあれば

 

医師に伝えておきましょう。

 

 

麻酔後の吐き気や悪心、

 

動悸などは緊張や恐怖感などの

 

精神的な影響によるもと考えられます。

 

 

少し休めば改善されるケースがほとんどです。

 

 

 

 

<後遺症と顔面麻痺>

 

 

こめかみの少し後ろに

 

顔の感覚を脳へ伝える

 

末梢神経の一つ

 

「三叉神経」

 

というものがあります。

 

 

これは虫歯を放置して

 

化膿したことが引き金になって

 

 

痛みが出たり、

 

 

上あごの抜歯で

 

 

末端が傷ついて

 

痛みが起こる可能性があります。

 

 

 

顔面神経が顔の筋肉を動かす

 

運動神経に対して

 

 

三叉神経は顔面が強く

 

痛む病気になります。

 

 

突発的に痛みが走ったり

 

洗顔や化粧など

 

 

外部からの刺激で

 

 

痛みが走ります。

 

 

長く続くような痛みは

 

三叉神経痛とは

 

別物になります。

 

 

知恵袋には顔面麻痺の悩みや

 

症状の相談もありますね。

 

 

 

歯医者での治療後

 

 

<歯医者での治療後>

 

虫歯や親知らずの抜歯後は

 

血が止まらなかったり、

 

再び出血したりという

 

ケースがあります。

 

帰宅して

 

大量に出血した場合は

 

 

なるべく口をゆすぎすぎないよう

 

ガーゼやティッシュを丸めて

 

 

噛んで止血します。

 

 

30分ほど噛み続け

 

出血量が減れば

 

心配はありません。

 

 

抜歯後は近接している歯がしみたり、

 

噛むと痛く感じることもあります。

 

 

これは抜歯した部分の

 

 

歯周組織がダメージを受けるためですが、

 

 

何もしなくても

 

 

抜歯部分が治ると

 

同時に痛みも消えていきます。

 

 

もし症状がひどい場合や

 

1週間ほど痛みがとれない場合は

 

歯科を受診するようにしましょう。

 

 

 

上あごの親知らずを抜歯した場合には

 

鼻血が出ることがあります。

 

 

これは上あごとから鼻までの穴の距離が近く、

 

 

親知らずを抜歯した時に

 

鼻の穴がつながることがあるためです。

 

穴が塞がれば症状は治ります。

 

 

生涯、自分の歯で食べられるよう

 

歯の治療は積極的に行い、

 

季節ごとの

 

家族との食事や会話を楽しみながら

 

豊かな生活を送ることを

 

目指していきましょう。

 

 

コメント

  1. こうた より:

    なるほど~

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました