正月飾りのごぼうとは~しめ縄飾りのごぼう~

正月のしめ飾りは、一つだけとは決まっていません。

 

いくつか種類があって、

 

その地方や好みによって、

 

または飾る場所に合わせて

 

選ばれることが多いようです。

Advertisements

 

 

玄関、

 

台所、

 

各部屋の入口、

 

神棚など、

 

飾る場所は様々です。

 

 

その家のしきたりや、

 

 

地域のしきたりもあるので、

 

Advertisements

前もって

 

確認しておくと良いでしょう。

 

 

 

様々なしめ縄ですが、

 

 

その一つに

 

神棚に飾る

 

「ごぼう締め」

 

 

というものがあります。

 

 

 

 

しめ縄の由来

 

 

日本神話で、

 

太陽の神である天照大御神様が、

 

 

弟の須佐之雄命が悪さをすることに

 

腹を立てお怒りになったことで、

 

 

岩戸にお隠れになってしまったお話は

 

 

誰もが知っている

 

有名なお話です。

 

 

そのため

 

 

人々は太陽が出てくるように

 

歌や踊りを踊り、

 

 

やっと天照大御神様が出てきたところを、

 

 

 

再び岩戸に隠れてしまわれないよう、

 

 

Advertisements

しめ縄で縛ったことが由来と言われています。

 

 

やがてその形は

 

様々なしめ縄の形として

 

各地に伝えられるようになりました。

 

 

 

ごぼうとは?縁起が良い理由

 

 

ごぼう締めの「ごぼう」が、

 

なぜ縁起物に使われるようになったのか

 

不思議ですよね。

 

 

Advertisements

ごぼうとは、

 

地中に細くても長く根を張るため

 

 

 

「家や家業がその土地にしっかりと根付き安定するように」

 

 

という願いが込められているのです。

 

 

ですから、

 

おせち料理の中にも

 

 

ごぼうは使われているのです。

 

 

 

 

ごぼう締めの飾り方

 

 

ごぼう締めは普通、

 

神棚へ飾ります。

 

 

ごぼう締めの向きは、

 

 

太い方を向かって

 

右側に飾るようにします。

 

 

これは、

 

 

縄の左が神聖で、

 

 

右が俗世とされているからです。

 

 

しかし私たちから見て

 

 

右に太い方(神聖)が来るように

 

Advertisements

飾るのはなぜなのかと

 

 

不思議に思われる方もいらっしゃると思いますが、

 

 

神様から見た時

 

 

私たちとは逆側から

 

見ていらっしゃるので、

 

 

 

右に太い方を飾るので、

 

合っているのです。

 

 

 

また、紙垂(しで)は

 

 

稲妻の形をかたどったとされていまして、

 

 

きちんと雨が降り

 

農作物が実ることを祈って、

 

 

必ずつける

 

縁起ものですので

 

忘れないようにしましょう。

 

 

 

ごぼう締めのねじり方

 

 

ごぼう締めの作り方には意味があります。

 

通常使っているものは

 

右方向へねじる

 

 

「右綯い(みぎない)」

 

と呼ばれるものですが、

 

 

 

お正月に限っては

 

 

神聖な意味を持つとされる

 

 

「左綯い(ひだりない)」

 

 

を用います。

 

 

 

主に正月シーズンに見かけるのは

 

左綯いの物なので、

 

 

特にお正月に購入する際には、

 

心配する必要はないと思われます。

 

 

 

地方によって違うごぼう締め

 

 

ごぼう締めには一般的に

 

前垂れを付けるのですが、

 

 

西日本では、

 

さらに裏紙や紙垂(しで)、

 

 

ゆずり葉や橙などの

 

しめ飾りを付けて

 

賑やかにします。

 

 

 

また、三重県伊勢崎地方では、

 

 

他の地域と逆に飾られ、

 

正月だけじゃなく

 

一年を通じて飾られるのが一般的です。

 

 

これは、伊勢神宮があることと

 

関係があるようです。

 

 

 

ごぼう締めのしまい方

 

 

取り替えるタイミングは

 

正月前の大掃除の時期となりますが、

 

 

普通にゴミに捨ててはいけません。

 

1年を通じて

 

 

神棚で役目を果たしたごぼう締めは、

 

神社などのどんど焼き

 

(1月15日とされています)

 

 

に持って行って処分してもらいましょう。

 

 

どうしても神社に持っていけないときは、

 

お塩などでお清めをして、

 

 

地方自治体のルールに従って

 

ゴミとして出すようにします。

 

 

 

ごぼう締めまとめ

 

 

各地方によって様々な違いはありますが、

 

神棚のしめ縄であるごぼう締めは、

 

 

神域と俗世を分ける

 

大切な役目をはたしているのです。

 

 

もしも、今までお飾りしていなかったという方は、

 

 

Advertisements

どうぞ一年の

 

家内安全を祝って

 

 

お飾りしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

長さの種類は

 

三寸・五寸など様々ですので、

 

 

 

お家の神棚に合わせてお選びください。

 

 

正月を清々しく

 

新たな気持ちで迎えられるためにも

 

是非お勧めいたします。

 

テキストのコピーはできません。